2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ストーリーを教えてもらうスレ Part18

1 :マロン名無しさん:2006/12/18(月) 18:11:21 ID:YgauFc8/
暇がない、金がない、手に入らない、等の事情により、読めない漫画のストーリーを教えてもらうスレです。
次スレは>>950か、容量が450を越えた時にお願いします。

前スレ:ストーリーを教えてもらうスレ Part17
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1163947617/l50

まとめサイト(※全過去ログ保管済み)
#http://malon.my.land.to/
未解決リクエスト表(※予約&進行中タイトルリスト含む)
#http://malon.my.land.to/mikaiketu.htm

【リクエストされる方へ注意点】
その漫画が既出である場合があります。要望を出す前に、未解決リクエスト表にてご確認下さい。
どの程度のネタバレを希望するか、一言添えていただけると、書き手も書きやすいです。
(例:科白を含む等、出来るだけ詳しく・大まかな粗筋・←を混成したメリハリの利いたもの・ラストのみ)
この板は一般板なので、18禁の漫画のストーリーの要望はご遠慮下さい。
即レスは期待せず、気長にお待ちください。

【教えてくれる方へ注意点】
要望が出ている漫画のストーリーはどんどん書いて下さい(※解説が終了した作品の加筆・修正も大歓迎)。
ただ、要望が出ていないものは敬遠される傾向にあります。
この板は一般板なので、18禁の漫画のストーリーの紹介はご遠慮下さい。
名前欄に作品名を入れていただけると、まとめやすくありがたいです。
時間を置いて数回に分けて投稿する際には、混交を防ぐため、最後に「続く」とお書き下さい。
書く際は予め予約していただけると、投稿の重複が防げて大変ありがたいです(※必須ではありません)。
また、書くのはよそうと思われた時には、面倒でも予約の取り消しをお願いします。

234 :からくりサーカス:2007/02/23(金) 22:25:27 ID:???
サハラの戦いの後、元「しろがね」の実業家・フウから情報を得て
フランシーヌ人形の行き先を知ったナルミ。だが、フウの情報も完全なものではなく
彼は「フランシーヌ人形が自らの溶けた生命の水をエレオノールに飲ませ、人間に転生した」
という誤解に至っていた。だが、ゾナハ病の止め方を聞き出すまでは
(そもそもエレオノールはその方法を知らないが)ナルミはエレオノールを殺せない。
エレオノールは、ナルミを仲町サーカスのバイトに雇うことで彼を留め置く。

一方、勝は黒賀村で修行をしながら、フェイスレスの刺客と戦っていた。
8ヵ月後、仲町サーカスが黒賀村での興行に訪れ、勝はサーカスの仲間たちと再会するが
間もなく、黒賀村の全住民がゾナハ病に倒れる事件が発生する。
いや、黒賀村だけではなかった。世界中全ての人間がゾナハ病に犯されていたのだ。
フェイスレスが気まぐれを起こし、己の憎悪と狂気の矛先を全世界に向けたのである。
「しろがね」がほとんどいない今、この世界で動けるのは
エレオノールと長期間同行していたことでゾナハ病への免疫を得た仲町サーカスの団員を含む
ごくわずかな人間だけだった。
直後、フェイスレスが用意した最強の人形集団「最後の四人」が黒賀村を強襲。
勝が応戦するものの、エレオノールは彼らの手によって攫われてしまう。

囚われのエレオノールの世話は、今や末席扱いのパンタローネ・アルレッキーノ・コロンビーヌに任された。
主たるフランシーヌ人形の不在を知り、無気力状態になっていた三体だが
フランシーヌに生き写しのエレオノールに仕えることで存在意義を見出す。
だがエレオノールに「人間を傷つけるな」と厳命されたことで、彼らの立場は微妙に人間寄りへ近付いていた。

そのころナルミは、かつて訪れたアメリカの疫病研究所へ向かっていた。
電磁波でゾナハ病を治療するマシンが完成したために、研究所は人形たちの標的になっていたのだ。
機械を破壊しようとするオートマータ達と、ナルミをはじめとする応援部隊が激突し
人間側にも少なからぬ犠牲が出たものの、対ゾナハ病マシン「ハリー」は無事保護される。
またこの戦いに参戦していたパンタローネは、エレオノールの命令を最重視したため
オートマータを敵に回してしまい、人間側に収容された。

235 :からくりサーカス:2007/02/23(金) 22:26:33 ID:???
一方、エレオノールを助けるべくフェイスレスを追った勝、そしてその勝を追う少数の仲間たちは
フェイスレスの居城となったモン・サン・ミッシェルへ突入する。
だが、それはフェイスレスの計算どおりであった。
エレオノールに「フェイスレス」を激しく憎ませ、その後に勝の脳へフェイスレスの記憶をダウンロード。
そしてエレオノールの前で「勝」が「フェイスレス」を倒すことで、エレオノールに「勝」を愛させる。
それがフェイスレスの書いた筋書きだった。
勝を捕らえ、ダウンロードを完全に終了させるフェイスレス。だが、芝居を決行する段階になって
フェイスレスは、勝が元の自我を保っていることに気付く。
エレオノールが、ゾナハ病の予防薬として勝に飲ませていた彼女の血──高純度の生命の水──が
ダウンロードの影響を状態異常として治療していたのである。
計画は失敗、フェイスレスは自分とエレオノールの愛の巣となるはずだった宇宙ステーション行きのロケットで
ひとり宇宙へと打ち上げられていった。
また、この戦いでもアルレッキーノとコロンビーヌが人間側に参戦。だがコロンビーヌは
戦いの中で、勝を守るために自分の余力を使ってしまい致命傷を負う。
最期に勝に抱きしめてもらったことを喜びながら、彼女は機能停止した。

それぞれの戦いを終えた皆は、かつてナルミと縁があった欧州の小国、ローエンシュタイン公国へ集合する。
フェイスレスを地球から放逐したものの、ゾナハ病を根本から消し去るためには
彼からその治療法を聞きだすしかない。
立案されたのは、ロシア極東のボードヌイ射場から、対ゾナハ病マシンを積んだシャトルを打ち上げる計画。
シベリア鉄道を使ってのシャトル輸送を任されたのは、ナルミとエレオノールを含む仲町サーカスの面々である。
オートマータには、道化として芸を研究する本能があるため、人間の芸に見入ってしまう癖があるから
戦いに慣れていなくとも、優秀な芸人ならオートマータに隙を作りうるのだ。
シベリアを行く輸送列車に、オートマータの軍勢が襲い掛かり
敵を退けつつも、仲町サーカスの仲間たちは次々と脱落していく。
そして、辛うじてボードヌイにたどり着いたシャトルを、敵の最後の大攻勢が待っていた。

236 :からくりサーカス:2007/02/23(金) 22:27:47 ID:???
シャトルに乗るはずだったナルミは単身飛び出し、オートマータたちを迎え撃つ。
多勢に無勢、敵に押し切られるかと見えたまさにその時
一足遅れていた勝が追いつき、ナルミを援護してオートマータを蹴散らした。
しかし勝は、直接ナルミと顔を合わせることを避けつつ、シャトルに乗る役を自分と交代するよう指示する。
実は既にナルミは記憶を取り戻していた。これまでの戦いの因縁ゆえ
エレオノールへの慕情を押し殺していたのだが、これを契機にナルミはエレオノールの元へ赴き
彼女と戦っていた「最後の四人」の一体、ハーレクインを撃破した後にエレオノールに愛を告白。
恋の成就を知って至上の笑みを浮かべるエレオノール。それを物陰から見届けたアルレッキーノは
自分たちの使命が果たされたことを知り、大破して首だけになっていたパンタローネと共に機能停止する。

シャトルで宇宙ステーションに上がり、フェイスレスと対峙する勝。
勝のエレオノールに対する気持ちが恋であると見抜き、思い人をナルミに譲った勝を哂うフェイスレス。
だが、勝は自分の選択に悔いがないことを告げ、フェイスレスを動揺させる。
そこへ「最後の四人」の一体、ディアマンティーナが乱入。主に歪んだ愛情を捧げる彼女だが
フェイスレスは一顧だにせず、彼女を分解してしまう。
しかし彼女の断末魔は、フェイスレスに傷を負わせると同時に、宇宙ステーションを爆破。
落ち始めたステーションの予測地点は、奇しくも日本の黒賀村であった。
墜落地点を変えるべく、人形でステーションの軌道修正を図る勝に、気まぐれと称して手を貸すフェイスレス。
その行動は、かつて彼が兄と共に人形芝居をしていた頃の幸せな記憶を呼び覚ます。
軌道修正を果たした後、フェイスレスはゾナハ病の治し方を明かした。
それは、エレオノールの子守唄を電波に乗せ、ゾナハ病を撒くナノマシンに聞かせることであった。
緊急脱出艇を勝に譲り、フェイスレスは墜落するステーションと運命を共にする。

世界は救われた。生き残った仲町サーカスの面々は、また興行生活へ戻っていく。
エレオノールとナルミは、紛争の続く危険地域へ笑いを届ける二人だけのサーカスを結成する。
そして世界のどこかで、かつての自分のように困っている子供を助ける一人の若者の姿が…
[からくりサーカス 完]

432 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)