2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【自由アニメ小説】みんなで元気玉を作ろうぜ

1 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 20:58:29 ID:XIyF4TM30
みんなで力を合わせてハチァメチァに笑える物語を書こう
前レスを読んだ次レスが前レスに続くストーリーを自由に書き加えていって
一冊のアニメパラダイス物語を作っちゃおうというもの

2 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:01:26 ID:???0
じゃあ俺からな

ヤサコが大黒市に転校して最初に見たものは

3 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:01:46 ID:XIyF4TM30
>>1

4 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:06:29 ID:???0
>>2
天才おこちゃま先生レベッカ宮本のクラスだった。

5 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:08:52 ID:XIyF4TM30
>>4
そこにハルヒが憂鬱そうに校庭を眺めていた

6 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:10:49 ID:???0
ヤサコ「あの子、誰?」

ハラケン「ああ、ハルヒは変人だからかかわらない方がいいよ」
伊藤誠「そうそう。そんなことより俺とつき合わない?」
片桐姫子「マホマホ」

7 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:17:48 ID:???0
かがみ「ヤサコちゃん、よろしくね!」
音無芽留「メルメル♪」

8 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:21:24 ID:???O
竜宮レナ「はぅ〜ヤサコちゃんのメガネお持ちかえりぃ」

9 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:24:46 ID:???0
川添珠姫「小此木さん、剣道部に興味はありませんか?」
阿部隆也「野球部のマネージャーやらない?」
ヤサコ「いや・・部活はまだ・・・ちょっと」
竜宮レナ「嘘だっ!!!!!」

10 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:28:09 ID:???0
ちょwww
登場人物出し杉www

11 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:29:23 ID:XIyF4TM30
私はただの人間には興味はないわ
ハルヒは腹がたったのか突然そう怒鳴るなり教室から出ていった
ズンズン進んでいくその先、ハルヒは白シャツの少年と
肩をぶつけその少年は反射的にすぐに謝った
「ごめんっごめんなさいっ!!」
「よそ見してんじゃないわよ」ハルヒはどっかに行ってしまった…
その白シャツの少年はエヴァンゲリオンに乗ってやってきたシンジくんだった

12 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:33:20 ID:???0
その頃、校長室では・・

冬月教頭「例の転校生がよりによって宮本先生のクラスに編入とはな。
     これも死海文書の記述通りなのか?」
ゲンドウ校長「ああ。すべて予定通りだ。問題ない」

13 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:47:32 ID:???0
こなた「おっ、ヤサコのメガネってこれ最新型じゃん」
ヤサコ「うん。メガバァにもらったの」
シャナ「ちょっと!そのメガバァって何者よ!」
ヤサコ「え?ただの知り合いのお婆さんだけど・・」
シャナ「これ、強力な存在の力を感じる・・」

竜宮レナ「レアもの?やっぱりお持ちかえりぃ〜♪」

14 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 21:49:26 ID:XIyF4TM30
ゲンドウ校長の好きな芸能人はおっぱっぴーだ
シンジはその明快な趣味を持つ校長を人目見ようと駆けつけたのだった

15 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 22:04:43 ID:???0
シンジは校長室のドアを開けた。するとそこで目にしたのは、
「アンインストール」を歌いながら踊っている父の姿だった。

ゲンドウ「オオエエーオエエオオエアーーパッパッパッ!」
シンジ「ひどいよ父さん!こんなのひどいよ!」
ゲンドウ「冬月。クレイモアを呼べ」
冬月「いいのか?大黒市の世界観がメチャクチャだぞ」
ゲンドウ「かまわん。次のレスがなんとかまとめてくれる」

16 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 22:07:42 ID:XIyF4TM30
「どうも校長。あの、えっと、おっぱっぴーが好きって…本当ですか?」
「ふははは!!わいか?わいはおっぱっぴーなど聞いたことも見たこともないで〜」

「えー!?ふふふっ俺ここまで来たんだからよっタクシー代払ってくれるよな?なあ?」
シンジは拳を寄り合わせてボキボキと鳴らした

その頃レイはシャワーを浴びていた

17 :メロン名無しさん:2007/11/21(水) 22:12:15 ID:???0
Aパートアイキャッチ

「この物語は、大黒市の日常を眈々と描くものです。
 過度な期待はしないでください。
 あと、TVからは3m離れて見やがってください。」

18 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 23:28:04 ID:XIyF4TM30
>>16あの、すまんwwwww規制になっとった

19 :マロン名無しさん:2007/11/21(水) 23:36:27 ID:XIyF4TM30
大黒市の世界ごと俺は死欄のだが…
ゲンドウ校長はクレイモアを呼べと言ったのでシンジは叫んだ
「クレイモアきみに決めたー!!」
古い…
一瞬にしてその場は氷ついた

20 :マロン名無しさん:2007/11/22(木) 07:27:04 ID:DQUtNGjm0
シンジは辺りの空気に気付いてはっとし、ただちに姿勢を整え
満面の笑みで「では」と言うなり校長室の窓から飛び出した
ゲンドウ校長は「危ないよきみ!」とシンジに呼びかけたのだがもう手遅れ
そんな校長の心配など無縁だった…
シンジは空中でくるりと8回転し軽い身のこなしで見事校庭に倒立した

シンジの目の前にバーダックが現れた
バーダックはふふふと奇妙な笑を浮かべている…
「きさまはなにやつ!?」
「聞いてびっくりドラゴンボールからゲンドウ校長をひとめ見ようやってきた
銀河の彼方にあるベジータ星からの訪問者その名もバーダックだぜ」
「きさまにはもの凄い邪気を感じるっ」
「ふはははっ俺強いもん」バーダックはケタケタと笑った

21 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 07:52:01 ID:???0

「呼んだのはおまえか」

シンジの後ろに銀眼の少女が立っていた。
クレイモアのクレアだった。

バーダック「な、なんだ貴様は!」

22 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 08:05:32 ID:???0
ハルヒ「校庭の方でなんだか面白いことが起きてるみたいね!
    SOS団として見逃すわけにはいかないわ。行くわよ!」

キョン「おい長門。これもハルヒの妄想か何かの仕業なのか?」
長門 「わからない。でも、あの転校生が来てから、
    大黒市全体の空間が何かおかしい・・」

23 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 10:48:32 ID:???O
その時ヤサコは仲良くなった朽木ルキア、シャーリー・フェネット、片桐姫子らと一緒にのんきに知恵留美子が作ったカレーを食べていた

24 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 11:17:46 ID:???0
転校初日からすっかりクラスの人気者となったヤサコだが、
それをこころよく思わない者もいた。

夜神月「チッ 転校生のくせに、目立ちやがって!見てろ・・」

月は隠し持っていたデスノートに彼女の名前を書いた。

      小此木 ヤサコ

夜神月「し、死なない?そんなバカな!あの女・・・何者なんだ!?」
リューク「ククク、人間っておもしれw」

月は彼女の本名を知らなかった。

25 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 11:49:57 ID:???0
桂木弥子「知恵先生の作ったカレーおいしぃ〜 何杯でもイケる〜」
ルキア「ちょっとヤコ、食べ過ぎよ」
閻魔あい「もぐもぐ」
ヤサコ「この学校はおもしろい人が多いのね」
こなた「そっかな?フツーだと思うよ」
かがみ「アンタが言うな・・・」

26 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 11:52:34 ID:???O
頭を抱える月に
殺那・F・セイエイ「この世に神なんていない」
月「絶望した!」

27 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 12:09:08 ID:???0
ルルーシュ「フッ、君も大したことないな、夜神月」
夜神月「何?」
ルルーシュ「まあ見ていたまえ。あんな女子の一人など、私のギアスの力をもってすれば・・」

ルルーシュはカレーを食べるヤサコの目を見つめて、そして言った。

ルルーシュ「三べんまわってワンと泣け!!」

するとヤサコの電脳メガネに反射され、ルルーシュはギアスの力に自ら取り付かれることになった。

ルルーシュ「ワン!ワ、ワン!!」

シャナ「なにあれ。バカじゃないの?」
西園寺世界「男子ってホント最低〜」
ホシノ・ルリ「バカばっか」

28 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 12:39:28 ID:???O
そんな会話の最中に白石稔があらわる
セバスチャン白石「お前らS4のお出ましだ」
S4とはこの学園に通うセレブな男女四人衆の略称である
三千院ナギ「別に今日は転校生の為に来たんじゃないんだからな。」


29 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 12:42:52 ID:???0
ハヤテ「珍しいですねー。お嬢様が自ら学校にいらっしゃるなんて」
マリア「(なんで私まで来てるのかしら・・・)」

30 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 13:12:04 ID:???0
須王環「やあ、君が噂のメガネっ子美少女ヤサコちゃんかい?」
三千院ナギ「うわ、出た、このキザ男がっ」
ヤサコ「あ、はい。よろしくお願いします」
須王環「ああ、その美しい瞳の輝きのもとで永遠の調べを奏でたい。
   僕に会いたくなったらいつでも放課後ホスト部へお・い・で」
ヤサコ「あ、はあ・・・」

ルルーシュ「タマキの奴、俺のヤサコちゃんに何て軽々しく・・・」
枢木スザク「ああ、手が肩に!」
夜神月「むむむ、ぐぅ〜」
伊藤誠「ゆ、許さん・・・」
殺那・F・セイエイ「おまえらいつのまにファンになったんだよw」

31 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 17:23:24 ID:???O
跡部圭吾「アーン、転校生だ?俺には興味はねえよ」
雪広あやか「そんな事言っては行けません、さあヤサコさん、この転校記念に銅像を」
一同「いらねえ」
以上の四人がS4だ

32 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 17:35:24 ID:???0
校庭ではサイヤ人とクレイモアの激しいバトルが繰り広げられていたが、
学園の戦士クレアがやや苦戦していた。
その時、複数の人影が、、、

セイバー「クレア、助太刀します。マスターに危害を加えられては困りますから」
なのは「機動六課、援護射撃!異星人から学校を守ります!」
スバル&ティアナ「了解!」
うずまきナルト「オレもいるってばよ。」
ハクオロ「ベナウィ、カルラ、オボロ、トウカ、我々も参戦するぞ!」

バーダック「ちょwwwまwwww」

ヤサコ「なんだか校庭の方が騒がしいけど、何かあったのかしら・・」
蒼流アスカ・ラングレー「また体力バカどもが騒いでるんでしょ。いつものことだから大丈夫よ」

33 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 17:44:46 ID:???O
しかしサイヤ人側にも助っ人が現れた
衝撃吹き飛ぶ一同
相楽左之助「二重の極み!」
一同「アッー!」


34 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 17:54:45 ID:???O
ヤサコ「そういえば明日のスペシャルな教育実習生の授業って何?」
瀬田宗次郎「明日は志々雄さん達が来て1日中授業する日ですよ」
一時間目エヴァンジリン先生のこの世の悪について
二時間目志々雄真実先生のこの世の摂理について
三時間目鷹野三四先生の雛見沢の黒歴史について
四時間目パトリック・コーラサワー先生のスペシャルな授業
五時間目海馬瀬戸のずっと俺のダーン
六時間目磯野波平先生の全自動卵割り機

35 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 18:45:12 ID:???0
●放課後、テニスコートにて
岡ひろみ「コーチ、話って何ですか?」
宗方コーチ「藤堂、竜崎、手塚、越前リョーマらを擁するわが桃月学園はテニス王国と呼ばれるまでになった。
     しかし、しかし・・何かが足りない・・・。それは・・・メガネっ子だ!」
岡ひろみ「ええええええええええ???」
宗方コーチ「岡!あの転校生を、何としてもわがテニス部に引き込むのだ!」
岡ひろみ「わ、私がですか〜?」

●ボクシング部部室にて
力石徹「なあ、高嶺。マネージャー、欲しくね?(ぼそっ)」
高嶺竜児「え?それは・・・まあ」
矢吹ジョー「へへッ」

●文芸部部室にて
ハルヒ「これはチャンスよ。今話題のあの転校生がSOS団に入れば、注目を浴びるわ。
    他の部に渡してなるものですか!何としてもわがSOS団に引き入れるのよ!」

こうして各部のヤサコ争奪戦が始まったのである。

36 :マロン名無しさん:2007/11/22(木) 22:25:17 ID:???0
バレー部部室にて
「それっははは」「それーい!!」「いや〜〜ん!」「アターック!!」
「やめてくれよっ!!返してくれよ僕の顔っ!!まぁ顔はここだけど…」
「ヒーローぶってんじゃねえよアンパンマン!てめえなんかバレー部の玉だぜ!!」
「返してくれ〜って顔はここだけどっ…まって〜〜〜〜〜!!」

そこにエヴァンゲリオンの【レイ】が現れた
「なにしてるの?」
「見てのとおり。顔を投げてるのさ」
「ううっ顔が抜けて力がでない…」

37 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 23:19:46 ID:???0
演劇部部室
北島マヤ「おお〜わが愛しのだんご伯爵!」
麻井麦 「だんご姫〜!」
古河渚 「だんご♪だんご♪大家族♪」
北島マヤ「はぁ、やっぱり部員が3人だけってのはむなしいわね」
古河渚 「ぜんぜん大家族になってません・・」
麻井麦 「部員が欲しいですねぇ、先輩・・・」

38 :メロン名無しさん:2007/11/22(木) 23:34:23 ID:???O
そんな各部活のヤサコの入部を企んでる中、とうの本人は
魅音「よし、小此木ヤサコを我がゲーム部の入部試験を受けて貰おう!」
ゲーム部、当初はたった五人の小さな部活だったがいつしか30人を越える大所帯の部活になっていた。

39 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 09:23:17 ID:???0
おもろい

40 :メロン名無しさん:2007/11/23(金) 11:04:00 ID:???0
(中略)
園崎魅音「じゃあ、そういうことで、あとはここの仮入部届に名前書くだけだからね」
ヤサコ「あ、はい」
北条沙都子「(ついにこれで念願のヤサコさんをゲットですわ!)」
古手梨花「にぱ〜☆」

とその時、雛見沢症候群L5を発症した前原圭一が教室内に乱入して来た。

前原圭一「うひゃひゃひゃ、のどが〜のどがぁぁぁぁ〜!!!」
入江先生「圭一君、落ち着くんだ!! 圭一君!」

入江先生が ぁ ゃ ι ぃ 注射を圭一の腕に射す。

前原圭一「いやっほーぅ! 国崎最高ー!!!!!!」
圭一はわけのわからないことを口走りながら、泡を吹き白目を向いてそのまま床に倒れた。

ヤサコ「(あぶない・・・この部活はやっぱりあぶないわ・・・)」

とっさに逃げるヤサコ。

園崎魅音「くそ〜、あと一歩のところで・・。この圭一の大馬鹿ヤロウ!」
古手梨花「(クッ、まただ!また私は何もできなかった。こうなることは分かっていたはずなのに!)」

41 :メロン名無しさん:2007/11/24(土) 11:20:02 ID:???0
江戸川コナン「うーん、これは犯行予告ですねー」

ヤサコは探偵部の部室に来ていた。ヤサコの下駄箱に入っていた怪文書
について相談に来ていたのだった。それにはこう書いてあった。

 「 ヤサコ の メガネ を いただきます 」
              
そして隅には猫の目のようなマークが入っていた。

金田一一「このマーク、どっかで見たことあるんだよなぁ〜」

桂木弥子「こういうのは学校の先生にでも相談くぁwせrftgyふじこlp;@」
ネウロ「安心してください。この事件は必ず我々が解決してみせますよ!
          ・・・・・・と、先生はおっしゃってます」

42 :メロン名無しさん:2007/11/25(日) 17:37:59 ID:???O
忍足「ほんまメガネ盗まなあかん?」
乾貞治「当然だ、小此木ヤサコを我がメガネ部に」
ティエリア「お前ら、もしミスしたら後ろから撃つ」
新八「だー!学校に銃を持ってきたらだめー!」
富竹ジロウ「それじゃあぼくが富竹フラッシュをしたらみんな行くんだよ」
長谷川千雨「マジでお前ら人生やり直せよ」

メガネ部、今年新設された文化系の部活

43 :メロン名無しさん:2007/11/27(火) 22:26:41 ID:???O
            _
          _,ィ´  ̄ `ヘ ̄Zz‐‐<二_ー-_、
         {ミくノ ̄`丶rく}:::::ィ`ー´イ: : 寸`ー'  _.. -‐- 、
           ̄     `Y´》: : : : :リ : : : `=-''´: : :z=- 、:ヽ、
                 レ' : : : : /<: : : : : : : : /:::::::::::::\}
          ,ェェ     ./: : : : ノ   \: : : : : :{:::::::::::::::::::::\   __
       /ィ{Z/ハ_ハ、  rュ_|: / ̄`rz‐、  _ヾ、: : :V:::::::::::::::::::::: ̄ 7´:::::::/:`
      {_〉 { ̄Y ト-v'イノ |: !::::::::{{__}  (ィ、ミ\ : \::::::::::::::::::::::::{::::::::/:::::::::
         }ー l }ヾ}}、 V ` ー--}}::::::|rァニミ ヽ-く`マ‐`ー- 、::::::::::::::::::{::::::::::
  _,ィ{ }ミぇ、 ト、__,イ `' トイ }   ヾ_ノ串}   \\ヘ    `ヽ:::::::::::ヘ::::::::
  `‐ヘ介 {   Vヘ |   { } ハ    トィヘ    `ヽヽ}、    ∨:::::::::ヽ/
   ト-ィリ    V i | 
富竹「行くぞーーーーー!」
いままでご愛読ありがとうございました!
このスレの次回作にご期待下さい

電脳コイル×(クロス)完


44 :メロン名無しさん:2007/11/27(火) 23:41:11 ID:???0
綾波レイ「・・・・・・・」
長門有希「・・・・・・・」
タバサ 「・・・・・・・」

45 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:00:36 ID:abV+4+U/0
片桐姫子「ヤサコちゃん、かわいい〜♪」
ヤサコ「きゃっ!」
片桐姫子「よんよんにーさん〜」
ヤサコ「マホマホ♪」

レベッカ宮本先生「おまえら声入れ替わってるぞ」

46 :メロン名無しさん:2007/11/29(木) 22:08:42 ID:???0
やたら姫子が出てくると思ったら、そうかヤサコと同じ声の人だったんだな
今気づいたw

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)