2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あの作品のキャラがルイズに召喚されました part44

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 03:14:12 ID:zq2EwyPL
もしもゼロの使い魔のルイズが召喚したのがサイトではなかったら?そんなifを語るスレ。


あの作品のキャラがルイズに召喚されました part43(前スレ)
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1187869995/


まとめwiki
http://www35.atwiki.jp/anozero/
避難所
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/9616/



    _             ■ 注意事項よ! ちゃんと聞きなさいよね! ■
    〃 ` ヽ  .   ・雑談、SS、共に書き込む前のリロードは忘れないでよ!ただでさえ勢いが速いんだから!
    l lf小从} l /   ちゃんと空気を読まないと、ひどいんだからね!
   ノハ{*゚ヮ゚ノハ/,.   ・投下をする前には、必ず投下予告をしなさいよ!投下終了の宣言も忘れちゃだめなんだからね!
  ((/} )犬({つ'    ・ 投下してるの? し、支援してあげてもいいんだからね!
   / '"/_jl〉` j,    ・興味のないSS? そんなもの、「スルー」の魔法を使えばいいじゃない!
   ヽ_/ィヘ_)〜′   ・まとめの更新は気づいた人がやらなきゃダメなんだからね!
              ・議論や荒らしへの反応は、避難所でやりなさい!
     _
     〃  ^ヽ      ・クロス元が18禁作品であっても、SSの内容が非18禁である場合は本スレへの投下で問題ないわ。
    J{  ハ从{_,     ・SSの内容が18禁な展開をする場合はクロス元に関わらず、本スレではなく避難所への投下をお願いね?
    ノルノー゚ノjし      ・クロス元が型月作品のSSは、本スレでも避難所でもルイズの『錬金』のように危険よ。やめておいてね。
   /く{ {丈} }つ     ・クロスはお互いを尊重しなきゃだめ。一方的なのはモテないわよ?
   l く/_jlム! |      ・不要な荒れを防ぐには、sage進行もいいんじゃないかしら。
   レ-ヘじフ〜l         ・次スレは>>950から。お願いね?テンプレはwikiの左メニューを参照よ。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 03:19:05 ID:zfm9DfOh


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 03:24:16 ID:cdcqvC+/

 ルイズたん犯されちゃう ><

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 03:59:46 ID:aXpoLKZu
>>1
乙です。
そういやテンプレ変わったのか

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 04:14:10 ID:KoJ53UPs
前スレ1000があああああああ!!
我慢かよチクショォォォォォォォ!!!

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 04:18:26 ID:juHNyAYy
>>5
君は来年まで何も心配しなくていい……

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 04:22:28 ID:KoJ53UPs
まあ1000の誓いは守ろう。アンとアンアンはお預けだ…
遅れながら新スレ乙

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 04:23:19 ID:/NCdTZZx
>>4
このテンプレも何か早漏に決めてしまったっぽくまだ妖しい臭い
集計の仕方がおかしいとか

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 04:28:17 ID:juHNyAYy
>>7
いや、全然構わないからこれからも頑張ってくれよ。
俺、お前が1000とれなかったって言って次スレで叫んでるの見るの、結構好きなんだぜ…

10 :レンタルルイズ:2007/08/25(土) 04:41:35 ID:TKZyK26a
パンプキンシザースの短編の前編を投下します
筆が遅くてすいません≫リクエストをくださった皆様

『臆さないものを、貴族と呼ぶのよ!!』

「あんた誰?なにそれ?銃?あんた傭兵?」
朝目が覚めてみればそこは平原で、自分を起こしたのは少女の声であった。
疲れの抜け具合から考えるについさっき眠りについたばかりのはずの自分にはその朝日があまりにも眩しく、思わず目を覆う。
「ちょっと!!貴族が話しかけてんのに平民が無視してんじゃないわよ!!」
『貴族?!』
その一言に飛び起きる。
自分は貴族の問いかけを無視してしまっていたのだ。
大問題である。
痛む目を必死に開け、声の主を見やり、後ろに構える城を見て唖然とする。
「ここは…どこだ?」
貴族に話しかかられていた事実を忘れるほどの衝撃だった。
その城のバックには、二つの月があったのだから。


それからは巡る増しい日々であった。
ドア・ノッカーを握り、ガンダールヴとして目覚めた伍長がワルキューレをさながらカーキ色の軍人のように打撃で粉砕したかと思えば、土くれのフーケが宝物庫に忍び込む

前にワンショットで狙撃し捕獲、その活躍はまさに平民のあこがれとして尾ひれをつけて流布されていく。
気づけば彼は王宮付きの銃士隊で隊長を務めていた。
平民が部隊を編制し政治にわずかでもかかわることに反発する声も多くあった。
しかし、伍長がこの国に広めたリボルバーと呼ばれるものがその批判を銃声でかき消した。
弾丸の量産ができないために直接火薬と弾を詰め込む方式を採用したそれは、平民貴族を問わず脅威であった。
徹底した部隊編成による殲滅戦は傭兵崩れの犯罪者たちを圧倒し怯えさせた。


副長のアニエスに騎士としての甘さを叱咤されつつも確実に手柄をあげ続ける彼はこちらの世界での生活にいくらか馴染み始めていた。
最近では自分と一緒にこちらの世界に連れてきてしまい、今はミス・ヴァリエールの使い魔として暮らす十数匹の猫の身を案じる余裕も出てきた。
王女アンリエッタの後ろで護衛を務めながらぼんやりとこちらの世界に骨を埋めるのも悪くはないかも知れないと思い始めたころ、王女に内通者が存在する可能性とと同時に

、自分を誘拐してほしいと頼まれるまでは、確かに和やかな日常だった。

11 :レンタルルイズ:2007/08/25(土) 04:43:20 ID:TKZyK26a
一雨きそうな曇り空、中央広場の噴水の前で伍長はぼんやりと空を眺めていた。
しかし、気を抜いているわけではない。
今もなお敵地に身をさらしているであろうアンリエッタ王女の身を案じているのだ。
この密命を受けていない大多数の兵士達が町を無造作に駆け回るものだから、どの店も巻き込まれてはかなわないとそうそうに店を閉じたため広場は実に閑散としていた。
そのなかでの伍長はあまりにも目立った。
それと同じように伍長の隣に控えるアニエスもまた異質に目立っていた。
しとしとと雨が降り始めてしまったその時、アニエスは小さくも強い口調で伍長に話しかける。
「隊長殿、シャンとしてください。今のあなたはこの街全体の『行方不明のご令嬢捜索任務』指揮官です。」
その発言に我に帰った伍長はすっと姿勢をただし、アニエスを見たが、アニエスは背筋を伸ばしながらもぼんやりと何かを考え込んでいるようで伍長が自分を見ていることに気づいていない。
視線を前に移そうとしたところで後ろから若い男の声がかかった。
「隊長殿!!」
振り向けば伍長が着ている軍服を模した制服を身につけた兵が敬礼をしている。
伍長は敬礼を返し、尋ねる。
「報告は?」
「はっ!!今だ『令嬢は見つからず。しかし目撃者あり』であります」
その報告にはアニエスの方が反応した。
意味は、『リッシュモンがあやしい人物と接触。そして仲間の影はない』
その瞳の色が一瞬鋭いものになるが、それを見ていたものはいない。
伍長は少し悩む素振りを見せたのちに若い兵士にこう告げた。
「御苦労。『情報を過信せずベストを尽くせ』」
意味は、『現状維持』。
「はっ!!了解しました!!」
立ち去る兵士を見つめつつ、アニエスは尋ねる。
「隊長、なぜあのような指示を?確実に仕留めるためには包囲を劇場に集中させるべきでは?」
「普通は…そうかもしれませんが、今回は兵の数が多すぎますし、皆冷静ではありません。信頼に足る一部の指揮官のみが真実をしっている状態では、あまりに兵が密集す

れば少なからず混乱が起きると思うんです」
その答えに、アニエスは納得して前を向く。
「そうでありましたか。確かにほとんどの兵が本当に王女が行方不明と考えていますからね。冷静な判断ができなくなっているかもしれませんな」
アニエスの言葉に伍長は落ち着かないもどかしさを感じてしまう。
この国ではそれなりの権力をもち、細分化された階級や規則で統制された「軍隊」というものが存在しない。
誇りや家名を念頭に戦うこの国では兵術が微妙に拙いのだ。
まるでメイジのワンマンチームが複数連合を組んでいるかのような集団。
その中で軍人としての根本的な意識の違い、策略における重点の違いがもどかしいのだ。
さらにいえば、アンリエッタ王女の決心の方向性も気になる。
今回のような仲間を疑い罠にかけるという効率的かつ非情な任務の遂行を部下に命じているにも関わらずその自覚がないように思える。
王女としても、貴族としてもその歪な決心には腑に落ちないものがあるが、軍人としてその名に逆らうわけにはいかない。
どこかこの国が間違った方向に進んでしまうのではないかと、気が気でならないのだ。
心にかかる霧を払うように上を見上げると、雨が一段と強くなり伍長の視界を奪う。
そろそろ自分たちが移動してもいいころかと、伍長はアニエスに向き直る。




12 :レンタルルイズ:2007/08/25(土) 04:48:25 ID:TKZyK26a
一番最初に「セリフばかりだと読みづらい」とご指南いただいたので描写を増やしてみたつもりなのですが、どうにも無駄にごてごてとしすぎている気がします。

要反省

最後にもうひとつ

アンリエッタはおれの嫁、異論は認めない

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 04:48:58 ID:ecYfqIoH
支援

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 05:25:31 ID:90JmXbj0
伍長×アニエスか

駄目だ、そんなカプ厨な目で見ちゃ駄目だ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 05:37:16 ID:DRPOr5B1
規格外品ユニット召喚
召喚直後にスイッチ入れて触手プレイになる罠
あの強さだと魔法いらなくなるな
ゴーレムぐらいならソニックバスターで破砕できそうだし
さすがに7万の軍勢はしんどいか
スマッシャーも何発も撃てるものじゃないし巨人殖装がいるな

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 05:38:57 ID:F4qKgB+R
前にロードスのキャラ系は反則性能が多いからやりにくいってのがあったけど
ニースなら反則性能だけどプリーストとその性格上、敵をどうにかするとかじゃないからクロスしやすそう

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 06:00:08 ID:IQu1HaQc
カーラのサークレットとか
戦争も起こることだし

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 06:29:00 ID:+gQMdMCK
パーンなら超英雄といってもそこまで壊れた性能じゃないと思うがどうかなあ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 06:30:48 ID:TJKXN8hu
逆に巨人殖装があったらハルケギニアそのものが存亡の危機

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 06:38:06 ID:gOfUW+Kc
>>1乙ですー

前スレ>>985
八つ身分身して輪っか飛ばしたり衝撃波飛ばしたり突撃かましてそれら全てをフェイントに
ミス・ロングビルのパンツめくると申したか

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 06:40:34 ID:IQu1HaQc
>>18
パーンは超英雄としては壊れてるからな…
てか、パーン出すなら嫁も一緒じゃないと

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 06:40:43 ID:6yEffoKJ
>>18
ぶっちゃけ、純粋な戦士系は喚んでも面白くない。剣振り回すだけだし。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 06:49:31 ID:aWcHbmMA
>>22そうか?
文章力次第では面白いと思うぞ。
好みの問題だから断言はしないが

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 07:01:25 ID:U8uh1WvT
ここは剣匠ルーファスで。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 07:10:22 ID:ZJbadmqy
剣匠王は作者の贔屓が移る前だとあらゆる状況を利用し勝つ元剣闘士だが、贔屓がベルドに移ってからのだったら
一騎打ちに罠を仕掛ける単なるセコイ奴になるからな…


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 07:31:58 ID:YGH44Lsk
セコいとは思わんがなぁ。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 07:58:48 ID:YGC8oger
描写の仕方にもよるだろうな。
しかし、日本人の作品だと正々堂々武人系キャラが妙にもてはやされてるような気がする。
サムライ文化の名残りかねえ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:07:26 ID:ZEgqkgiK
ここはクロス主がゼロ魔キャラを叩き伏せるのに感情移入して俺Tueeeeeee!!したいだけの子が大半のスレだからね

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:10:26 ID:PJZqTVf8
まとめでガンパレード読み直してたら、
唐突にルイズが首輪+帽子+グローブ呼び出す電波を受信した。
・・・竹刀を2、3本ほど追加すれば魔法無しでもいけそうか?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:11:22 ID:2a2EUB3B
個人単位はともかく戦場における「代表クラス同士の一騎打ち」というシステム上、罠を仕掛けるのは
休戦協定を自作自演で破棄するアルビオンくらいまずいかと。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:17:37 ID:hYpCN2Cj
>>28
雑談でこれ出してって名前が上がってくるキャラ見てると否定できん

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:19:28 ID:DKEVBjFv
んでは、ルイズがメインとなる召喚をしよう

S東高等学校側から聖徒会バッチを召喚
ルイズ達が聖徒会執行部になり七不思議を調査
もちろん召喚呪文はwelcome

魔法学院長の正体が幽霊になりかねんけど

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:20:57 ID:8fsMDADF
>>27
宮本武蔵の故事とか見てると「正々堂々? なにそれ、おいしいの?」という感じだがな。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:21:18 ID:+gQMdMCK
そこで平和主義者のセイルーンのフィリオネル王子を

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:25:21 ID:+gQMdMCK
武蔵の時代は武士道なんて洗練されてないんじゃね

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:31:40 ID:Fh9G2121
武士道云々言われ始めたのは、もはや戦が無くなった江戸時代。徳川の治世が安定してからの話じゃなかったか。
かの有名な『葉隠』だって書かれたのは江戸中期、八代将軍徳川吉宗の頃だ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:36:42 ID:U8uh1WvT
>>30
危険な侵略者を退けるのには必要だったんでしょ

策略をめぐらすアタマが無いとね。剣だけじゃ生き残れない好例
自分もセコいとは思わないな


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:42:31 ID:vnQTpHay
戦国時代は武士は8回主人を変えてはじめて一人前といわれた
南蛮人からは驚くほど忠誠心というものが無いと驚愕される始末
大抵の大名は武士の集まりの代表者でしかないから
それが無能だったりすると引き摺り下ろしてやめさせるのは当然のこと
松永秀久とかの梟雄は地元領民からは自分達を苦しめる馬鹿領主を倒して救ってくれた善君って呼ばれてたりするのが多い

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:45:36 ID:gQ1Hsn7o
俺Tueeeeeee!!にするのがイヤなら、元々サポート系のキャラを呼び出すとか
と言うわけで、風車の矢七を召還なんてどうだろう?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:47:25 ID:/NCdTZZx
>>39
それ時には黄門様の命令で、単独で悪組織潰す恐ろしく強キャラじゃねえかYO!!

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:47:36 ID:+gQMdMCK
そこで熱気バサラですよ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:48:32 ID:ecYfqIoH
>>39
風車の百式ならどうよ

43 :異世界BASARA:2007/08/25(土) 08:50:36 ID:06FwL5Ka
盛り上がっている所悪いんだが、続きを投下してもよろしいですか?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:51:28 ID:I3KtovEK
歌う以外何すんだよ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:52:29 ID:Fh9G2121
>>43
存分に歌ってくだされ!

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:52:43 ID:+gQMdMCK
なんでわかりやがらねえんだと叫んだりします

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:52:56 ID:DKEVBjFv
BASARAが歌ぇぇぇぇぇlwwwwwwww 支援

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:54:14 ID:/NCdTZZx
タイミング出来杉だろw
戦国時代で熱気バサラの名前が出たところでBASARAとか

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:55:20 ID:95Q0ArbX
つ「熱唱びわ」
BGM「crosswise」支援

50 :異世界BASARA 1/4:2007/08/25(土) 08:55:19 ID:06FwL5Ka
じゃあお野菜音頭を歌いながら投下するべ!!



(ま、不味いわね…これじゃ賞金は難しいかしら…)
勝利を確信していたキュルケは、思わぬ友の出現によって困惑していた。
タバサがよく食べるという事実は少し知っている。
だが、まさか利家と互角に渡り合う程食べるとは彼女も思いもしなかったのである。
(いいえ、まだ分からないわ。タバサ、悪いけどあなたでも容赦しないわよ…!)

「ん?お前は確かタバサだったな?お前も出ていたのか?」
「……………」
利家もタバサに気づいたようだ。
しかし問いかけには答えず、一度頷いてまた黙々と食べ始めた。
「よく食べるなぁ!沢山食べるのは元気な証拠だ!腹一杯食べるんだぞぉ〜」
「……………」
「裸がタバサ嬢に話し掛けている!何やらフレンドリィですが知り合いなのかぁ!?」

厨房にもその様子は伝わってきていた。
「マルトーさん、あれって…」
「ありゃあ学院の生徒じゃねぇか!」
殆どの人が失格となっているのにあの娘は残っている。
しかもそれだけじゃない。利家と並ぶ程に接戦しているではないか。
「どうします?もう動けるのは俺とマルトーさんぐらいしか…」
後には倒れてまともに立つ事も出来なくなった者しかいない。
そんな事を言っている間も2人は出される料理を平らげていっている。
「へっ、作り続けるに決まってるだろ!お前はサラダを頼む!」
残った1人にそう言うと、マルトーはコック帽を被り直した。
「皆ぶっ倒れるまで働いたんだ…まだ動ける俺が休んでいる場合じゃねぇ!」
そして包丁を握り、肉を捌き始めた。

「飯ー!!」
「……………」
「うおおおぉぉぉ!腕が鳴るぜえぇぇぇっ!!!」

残り15分…

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:56:59 ID:aCyeQ74O
sienn


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:57:44 ID:8ZCXeUVp
支援

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 08:58:08 ID:WdctYtAT
料理熱気支援

54 :異世界BASARA 2/4:2007/08/25(土) 08:58:39 ID:06FwL5Ka
「残り時間も後僅かになってきました。現在、裸の男が若干枚数を上回っている!ここからどんな展開となるのか!?」
いよいよ制限時間の1時間が迫ってきた。
ナイフとフォークを使うタバサに対し、利家は素手でどんどん掴んで食べている。
その結果2人の枚数には少しだが差が出てきていた。
(トシイエは…まだまだ余裕がありそうね…)
最初はタバサの登場に驚いていたキュルケも、落ち着いて冷静さを取り戻していた。

だが残り時間もあと少しとなった頃、厨房で問題が2つ起こっていた。
「へ、へへ…厨房で死ねる…本望だぜぇ…」
「マルトーさんしっかり!まだ死んでませんって!!」
1つは料理長のマルトーが遂に倒れてしまった事。
「ど、どうしよう…もうはしばみ草も底をついちゃったし…」
もう1つはサラダの材料のはしばみ草がなくなってしまった事だ。
しかし、オロオロしている間もあっちでは大食いが続いている。
このままでは作り置きしていた料理が無くなるのも時間の問題だろう…
「…マルトーさんは倒れるまで作り続けたんだ…お、俺だってやってやる!」
幸い、肉の方はもう調理が済んでいる。後はサラダを盛り付ければいい。
「そういえば…」
どうしようか考えていると、別の野菜がまだあった事を見習いは思い出した。
「まぁ…はしばみ草よりは食べやすい筈だ。何とかなる!」
早速見習いはサラダ作りに取り掛かった。


この野菜が勝負の勝敗を決定付けるものになるとは、彼はこの時考えもしなかっであろう。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:00:39 ID:YGH44Lsk
バサラ支援ッ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:03:37 ID:B+anYzoU
支援

57 :異世界BASARA 3/4:2007/08/25(土) 09:04:35 ID:06FwL5Ka
「飯ー!!」
「ここでまた食べきったああ!一体どこまで食べる気でしょうか!?」
残り時間5分、勝負はいよいよ決まろうとしていた。
と、新しい料理が運ばれてくる最中に、司会者にある伝言が伝えられる。
「えー、ここではしばみ草が無くなったのでサラダが別の食材を使用したものに変わります!今更ですが付け合せも食べないと皿はカウントされません」
(問題ないわ、はしばみ草より不味いものは出ないだろうし…)
余裕の表情を見せるキュルケ。そして新しい皿が利家の前にドン、と置かれた。
「トシイエ!ラストスパートよ!!」
「おう!いただきまー……」


「…え?ちょ、ちょっと何で…!?」
それは、どうした事か…勝利を確信していたキュルケは我が目を疑った。

利家の手が止まったのだ。

「何だ!?一体何が起こったのか!裸の手が止まったぞ!?」
「う……あ…」
「トシイエどうしたの!?さっきまであんなに食べていたじゃない!」
「キュ、キュルケ殿…それがし…」
手を止めていた利家は困ったような顔をして、こう言った。


「それがし、人参は苦手だ…」


「何ですって!?!?」
「何てこったあぁぁい!!この男好き嫌いがあったとは!」
そう、はしばみ草の代わりに皿に盛られたサラダ…それは人参をスライスしたものだったのだ…

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:08:27 ID:C3OsFDqF
しえーん

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:08:37 ID:YYj0hTo2
ザビー野菜かと思っちまったぜ支援

60 :異世界BASARA 4/4:2007/08/25(土) 09:09:30 ID:06FwL5Ka
実はこの前田利家、人参だけは大の苦手なのである。

『この俺の育てた野菜が欲しいとはなぁ…』
『それがし、白菜もきゅうりも大好き…あ、でも人参は嫌だな…』
『…何だと?俺が丹精込めて育てた人参が食えねぇってのか!!』

摺上原で伊達軍にいた野菜作りの名人から野菜を貰った(奪った)時に、それで怒りを買ったりもした。
「おぉっと、動きが止まっている隙にタバサ嬢が追いついてきた!残り時間は後2分!これは逆転なるかぁ!?」
「ヤ、ヤバ…トシイエ!早く食べて!」
「う、うぅぅ…人参は苦手…」
「ああもう!食べないと今日の晩御飯抜きにするわよ!」
渋る利家にキュルケは彼が最も恐れている罰を言い放った。
それだけは…御飯抜きだけは絶対に嫌だ…
震える手で人参を手に取り、恐る恐る口に運んだ。

ぱくっ

「食べたぁ!嫌いな人参を食べている!」
口に広がる味に耐えて利家は必死に咀嚼し、飲み込む
「しかし遅い!今までとは比べ物にならない程ペースが落ちている!すごく……ゆっくりです!」
司会者の言う通り、利家は人参を食べるだけで時間が掛かってしまっている
一方のタバサは人参など気にも止めず、ペースを崩さずに食べていた。
「残り時間後10秒!9!8!7!」
そして、無常にも残り時間が迫ってきていた。
「6!5!4!」
(あぁ…まさか最後の最後で逆転されるなんてね…)
「3!2!1!そこまでええぇぇぇぇぇーっ!!!!」
終了の鐘が鳴り、大食い大会は終わった。



見習い「あ、あれ?ちょっと待ってあれって俺の所為!?」


投下終了、昨日気づいたけど前田家の鍋って野菜を丸ごと放り込んでいたw

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:14:51 ID:erdzPU48
>>38
            _. -=ニ::_Z ̄ニ=-  .._
        / (:_: ;r'": :/:: ̄:7''ヽ:,r': ̄`ヽ、
        /: : : : : :ヽ、:_(_: : : (:: : : :\,r=‐':"⌒ヽ._
      / : : : : : ; ': : : : : : ̄::ヽ、__/: : : : : l: : :/ミノ
     ' : : : : : / : : : : : : :__:ヽ_: /:: :l: :l: : : : l : ゙‐'ヽ
     l: : : : : :;' : : : : : : (((//゙ハ、 : l: :l : : : l: : : l : ',
.    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : :`Vノ : l: :l: : : ,' : : ;': l:ll
    l: : : : : :l: : : : : : : : : : : l: :/:l :l: :l: :l:: :/ /::/: :;リ|
    l: : : : : :l : : : : : : : : : : l: :l::ノ: }: :} l / /::/レj:/::|
.     l: : : : : l: : : : : : : : : : :l: :|/_;イ_;イ_;リ、// .ノ/:|   「松永久秀か?」
     '; : : : : l: : : : : : : : : ::l: :|ニニ ‐--ミ`' } ,ィチj゙ :|
    /´ヽ: : : :l; : : : : : : : : :l: :|z't'ツ"_>`` '" {^~ |: :|
  / ¶′\: :ll : : : : : : : : l: :| `~¨´ (::"′   ',ノl: :j
,r‐{   , \ll : : : : : : : :l: :| :.           ∨ノ:|
  ! ¶′',  r、\: : : : :::::l: :| :.      .._ /´): :l
 ¶′   \ ヾ>、\: : : ll: :|  :.       __-了:/::;'
エエエュ┬r 、\ `ヾ>、\:ll: :|   :   ‐.._'´¨´ノ:/::/
―‐ - 、 ̄`<〉、 ヽ、._`^‐-\ト 、 :      ̄「V/
 ¶′   \ `<〉、 \` ー==┬''^ヽ、 ...__ ノ
   ¶′  \ `〈>、 ヽ`:r'"||  ,タ ¶ }
¶′    ¶′ヽ  `〈>、ヽ i || ,タ  /

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:35:31 ID:BQlpyVoY
ザビーの笑顔が眩しい野菜が丸々入った鍋だったな・・・西洋野菜。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:35:50 ID:IZnW7aMt
>>10
GJ……と言いたいが一点だけ突っ込ませてくれ。
リボルバーは共和国の技術だ、伍長はもってねーぞ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:46:21 ID:LUwVPLF4
微妙に遅レス

>10
> それからは巡る増しい日々であった。
これは
「それからはめまぐるしい日々であった」
ですよね?

65 :Mr.0の使い魔:2007/08/25(土) 09:58:56 ID:95Q0ArbX
BASARAの人乙でした〜。
続いて投下予告。

66 :Mr.0の使い魔 第十一話(1/7):2007/08/25(土) 10:00:19 ID:95Q0ArbX
 クロコダイルとロングビルは、馬車を片付け終わると揃って学院長室
を訪れた。フーケの手がかりを探すと言って残った手前、形式だけでも
報告をしておかねばならない。【破壊神の槌】を磨いていたオスマンは、
入って来た二人を笑顔で迎えた。

「ただ今戻りました、オールド・オスマン」
「悪いな。フーケの手がかりは、見つけられなかった」
「いやいや、無事に戻って何よりじゃよ。生徒達もおぬしらも、この【破壊神の槌】もな」
「破壊神、か。最初に聞いた時も思ったが、そんなにご大層な代物なのか?」

 疑問を口にしたのはクロコダイル。仮にこの槌が強力な魔法の武器で
あるなら、使い方を知っておきたいと思ったのだ。この先自分の邪魔を
する敵が現れた時に、戦力として役に立つ可能性もある。

「それはわたくしも知りたいですわ。大きな槌、というだけではないのでしょう?」

 隣で微笑むロングビルも、渡りに船とばかりに口を開いた。わざわざ
情報収集する手間を考えると、この絶好の機会を逃す手はない。同時に、
最初からこうしていれば、とのやや後ろ向きな考えも浮かんだが、すぐ
さま記憶のゴミ箱に追いやった。

「ふぅむ、そこまで言われては、話さぬ訳にもいくまいな」

 秘蔵の品に興味がある、と言われれば、誰でもつい口が軽くなる。特
に、美女の頼みをオスマンが断るはずがなかった。

「ちょうど一年前の事じゃ。学院に、ある町を襲うワイバーンの討伐命令が来ての――」


 Mr.0の使い魔
  ―エピソード・オブ・ハルケギニア―

     第十一話


 その町は霧深い山の麓に位置しており、山の中腹まで広がる森の恵み
を主産物として生活していた。ところが森の奥に全長15メイル以上の
巨大なワイバーンが住み着き、キノコや果実を取りに入った人間が幾人
も犠牲になったのだ。
 希少な魔法薬の原料も取れる場所なので、嘆願を受けた王宮の対処は
素早かった。すぐさま緊急会議が開かれ、誰が行くかで二人の候補者が
選抜される。一人は魔法衛士隊の一つ、グリフォン隊の新任隊長ワルド
子爵。そしてもう一人が、魔法学院の主、オスマン学院長だ。
 しかし当時、ワルドは別命を受けて出立する直前であり、他の任務を
挟むのは好ましくない、と判断された。そのため、残るオスマンに勅命
が下ったのである。

67 :Mr.0の使い魔 第十一話(2/7):2007/08/25(土) 10:05:36 ID:95Q0ArbX
 さて、学院から馬車に揺られて三日と少し。町に到着したオスマンは、
人々の歓待を受けてその日を過ごすと、翌朝、まだ暗いうちから森へと
分け入った。ワイバーンは、基本的に気温が上がる昼間活発に活動する。
従って、戦う際には夜中から明け方を狙って仕掛けるのが定石だ。


「ちょっと待ってください、オールド・オスマン」
「何じゃね、ミス・ロングビル」
「どうして夜のうちに出発しなかったのですか? 捜索時間を考えると、出発が遅いのでは」
「ん、いや、その……着いた日の宴の席で、ほんのちょびっっと、酒を飲んだんじゃが」
「……酔い潰れた、と?」
「だって、なぁ……町の綺麗どころが集まって、酌をしてくれるんじゃよ。
 飲まずにはおれんじゃろう? 素面で尻や胸を触る訳にもいかんじゃろう?」
「触るなエロジジィ!!」


 ――気を取り直して。
 ほろ酔い加減で森に入ったオスマンは、しかしというかやはりという
か、なかなかワイバーンを見つける事ができなかった。
 必死で薙ぎ倒された木々や踏み荒らされた茂みの跡を辿っていると、
だんだんと森の中が白くなり始めた。この山の名物とも言える霧である。
 この状況は非常にマズい。ワイバーンは視覚よりも聴覚が発達し、音
で獲物を探し当てる。おまけに、連中は目に見えない魔力の波を感じる
感覚器官を持っている。【サイレント】で音を消しても、今度は魔法を
発動している事を嗅ぎ付けてやってくるのだ。霧の中で襲われたならば、
ほぼ確実にアウト。空気の揺らぎを感じ取れる風系統の熟練者ならば別
だが、生憎とオスマンはそこまで得意ではない。
 一旦戻ろうかと考えている間に、霧がさらに酷くなった。3サント先
も見えないほどの濃霧である。足下すら覚束ない状況では、へたに動き
回るとかえって危ない。それに、これだけ霧が出るのは空気が相当冷え
ている証拠である。自分も身震いするほどの寒さの中、ワイバーンは身
動きすら取れまい。そう考えてたオスマンは、その場にしゃがみ込んだ。
 と、下ろした手が土や草とは違う、固いものに触れた。しばらく手触
りを確かめるに、円筒形の物体、おそらく倒木だろう。これ幸いと腰掛
けて、オスマンは霧が晴れるのを待つ事にした。


 五分後。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:08:00 ID:2E1sUoM8
破壊の王支援

69 :Mr.0の使い魔 第十一話(3/7):2007/08/25(土) 10:08:02 ID:95Q0ArbX

 ようやく霧が消え始めて、安堵のため息をこぼすオスマン。
 刹那、彼の耳が”もう一つのため息”を捉えた。しかも、場所は自分の
すぐ隣。ハッとして振り向いたオスマンは、自分と同様に腰掛ける人物
を見つけた。

 身の丈ほどもある杖を背負った、年の頃十七、八の青年。

 顔面から突き出した長い鼻を見て、オスマンは下の町で聞いた伝承を
思い出した。

『この山にはプッソウという森の守護神がおると言い伝えられておりましてな』
『プッソウ、とな?』
『人間そっくりの体躯、20サントほど突き出した木の枝のような鼻。
 片手で大岩を砕く剛力に、天気すら変えてしまう魔法の持ち主と伝えられとります。
 山にかかる深い霧は、侵入者から山を守るためにプッソウが生み出しとる、とも。
 まぁ、実際に姿を見た者はおらんので、古い絵巻物ぐらいしか資料がありませんが』

 仮に目の前の青年がその『プッソウ』だとすれば、ワイバーンよりも
危険かもしれない。ゆっくりと傍らの杖に手を伸ばしつつ、オスマンは
口を開いた。

「おぬし、何者じゃ。よもやと思うが、森の神プッソウか」
「ぷ、ぷそ?」
「何じゃ、違うのか?」
「い、いや、その……そう!!」

70 :Mr.0の使い魔 第十一話(4/7):2007/08/25(土) 10:09:22 ID:95Q0ArbX
 問いかけに対して青年は一瞬戸惑ったようだが、不意に立ち上がって
両手を大きく広げた。

「よくぞ気づいた、人間よ! 我が名はプッソウ、この森に住まう神であるぞ」
「なんと、伝承は真じゃったのか。ならばプッソウよ、おぬしに折り入って頼みがある」
「ほぅ。私にできる事であれば、頼まれるのもやぶさかではないが」

 態度はでかいが意外と話のわかる相手のようだ。オスマンはこれ幸い
と自分の受けた任務について説明し、協力を頼み込んだ。

「まぁ、そういうわけで。そのワイバーンを倒すのに力を貸してほしいのじゃ」
「はっはっは、任せたまえ! 時に御老人」
「何かな、プッソウ殿?」
「すまないが、私はあなた方の使う単位がよくわからないのでね。
 身の丈15メイルというのがどのくらいの大きさなのか、教えてもらえるかな」
「ふむ、そうじゃな……」

 言われて、オスマンは辺りを見回した。すると、ちょうど自分の背後
に大きな岩がある。

「この岩が、だいたい10メイルというところかの。じゃから、おおよそ1.5倍じゃ」
「……そそそそ、そうかね。まぁ、私にかかれば雑作もなろう」
――ルルルル……

 心無しか、声が震えているようだ――いや、今のは彼の声ではない。

「……時に、御老人」

 ぐらりと揺れた、倒木”だと思ったもの”。
 それは、太く立派な”尾”。

「……何かな、プッソウ殿」

 むくりと持ち上がった、大岩”だと思ったもの”。
 それは、赤茶けた鱗に覆われた巨大な”胴体”。

「ワイバーンとは……ひょっとして、そこで起き上がったドラゴンもどきかね」

 強靭な二本の後足で立ち上がり。

「うむ……炎や吹雪を吐かんから、ドラゴンよりはマシな相手じゃがの」

 前足と一体化した翼を大きく広げ。

――グルルオォォオォオオオッ
「「いぎゃあああああッッ!!?」」

 頭をもたげたワイバーンの咆哮が、森の中に響き渡った。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:12:18 ID:1e2hgT5O
sienn

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:12:51 ID:DKEVBjFv
サミアどん支援

73 :Mr.0の使い魔 第十一話(5/7):2007/08/25(土) 10:12:53 ID:95Q0ArbX

 すっかり霧の晴れた森の中、並走する二つの影。

「なななな、何だよアレは!?」

 一つは長鼻の青年、プッソウ。

「わわわわ、ワイバーンじゃよ!」

 一つは白髭の老人、オスマン。

――グルォオオオオッッ!!
「「来たぁ!」」

 邪魔な木々をへし折り踏みつけて迫るワイバーンから、必死で逃げる
二人であった。

「爺さん魔法使いだろ! あいつの動きを止めるくらいできないのかよ!」
「そ、そうじゃった! えーと、えーと……」

 人間、パニックに陥ると簡単な事も忘れてしまうものである。
 オスマンはようやく魔法を使う事に思い至り、何の呪文を唱えようか
と頭を悩ませた。が、まことに運悪く、彼の足下には木の根が張り出し
ていた。下方への注意が疎かになっていたオスマンは、足を引っ掛けて
盛大にすっ転んでしまう。

「ぎゃぼッ!」
「爺さん!?」

 距離をつめるワイバーンの大きく開いた顎、ずらりと並んだ鋭い牙。
 オスマンは、思わず死を覚悟した。

「こうなったら……ウソ、じゃない、プッソウ・輪ゴ〜ム!」
――グアァッ!?

 高らかな声が響いたのは、その時だ。直後にワイバーンのうめき声。
 目を見開いたオスマンの前で、ワイバーンが頭を振り乱して苦しんで
いた。振り向くと、プッソウが弓を射るような姿勢で固まっている。何
か先住の魔法を行使したのだろうか。

(め、目玉に当たったのか!? ラッキー!!)

 彼が内心こんな事を考えていたかどうかは定かではない。
 ともかく、足を止めたワイバーンの前に立ちはだかったプッソウは、
右手に巨大な槌を、左手に巻貝の殻を携えていた。どこから取り出した
のか、オスマンが瞬きする間の早業である。

「私は森の神、プッソウなり! ワイバーンよ、貴様の暴虐許しがたい。
 我が盟友、破壊の神より受け継ぎしこの鉄槌で、貴様を成敗してくれようぞ!」


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:13:04 ID:nCx4FKC8
支援

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:14:38 ID:uJxEyf3O
支援

76 :Mr.0の使い魔 第十一話(6/7):2007/08/25(土) 10:14:55 ID:95Q0ArbX
 もがくワイバーンに向かって、プッソウは左手の貝殻を投げつけた。
同時に駆け出し、槌を大きく振りかぶる。

――グウゥ、ォオオオオオオッ!!

 ようやく痛みの収まったワイバーンが、怒りを露に吠え立てた。口を
大きく開き、プッソウを飲み込まんとする。

「うおぉぅッ!」

 牙の並んだ上顎と下顎が合わさる寸前で、プッソウは大きく跳躍した。
獲物を逃したワイバーンの口は、まっすぐ飛んだ貝殻を捉えただけ。口
を閉じ、隙だらけになった敵の眉間へ、巨大な槌が叩き付けられる。

「プッソウ・パウーンド!!」
――グヴッ!?

 耳に響く打撃音と共に、ワイバーンの頭が大きく揺れた。
 軽やかに着地するプッソウの背後で、巨獣は白目を剥いて崩れ落ちる。
かすかに痙攣した後、ワイバーンは完全に動かなくなった。

「や、やったのか?」
「ふふ、はーっはっはっ! この破壊神の槌を喰らった者は、二度と立ち上がる事はない!」
「おお! さすがは森の守護神、プッソウ殿!」

 悦に入って高笑いまで始めるプッソウに、オスマンは心からの賛辞を
送った。森に居座っていたワイバーンは、めでたく退治されたのだ。
 ところが、話はこれで終わらない。
 オスマンが起き上がろうとした瞬間、またしても濃霧が立ちこめたの
である。慌てて、オスマンはプッソウの名を呼んだ。

「プッソウ殿、霧はもういいですぞ。プッソウ殿?」

 しかし、いくら叫んでも返答どころか霧が晴れる気配すらない。はて
どうしたものか、と腕を組んだ瞬間、唐突に霧が掻き消えた。
 その場に残されたのは呆然とするオスマンと、もの言わぬワイバーン。
そして、プッソウの使った巨大な槌だけ。長鼻の青年の姿は、文字通り
影も形もなくなっていた。


「――その後、わしはこの【破壊神の槌】を持ち帰ったのじゃ。
 後の調査でわかったのじゃが、ワイバーンは、頭の骨が内側から粉砕されとった。
 この槌でどうやったのかはわからぬが、プッソウ殿の技なのは間違いあるまい」

 長い長い昔語りが終わる頃には、既に二つの月が空に昇っていた。
 あまりに長過ぎて、クロコダイルもロングビルもあくびをかみ殺して
いる。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:15:06 ID:nCx4FKC8
やっぱりこいつか支援

78 :Mr.0の使い魔 第十一話(7/7):2007/08/25(土) 10:17:25 ID:95Q0ArbX
「ぁむ……それで、結局槌の使い方はどうなんですの?」
「いやー、それがさっぱりでな」

 ふぉっふぉっと笑うオスマンが言うには、実際に使ってみても何事も
起きなかったそうだ。片手で振り回せるほど軽いこの大槌は、体感重量
相応の威力しかないとの事。【ディテクト・マジック】で調べてみても、
魔力の反応は全くなし。試しに鎧を着せた案山子を用意して叩いてみた
所、鎧の尖った部分に当たった槌の鉄板が凹んでしまったのだとか。

「つまり、全くのハリボテという事か?」
「いや、プッソウ殿が使った時は、本当にワイバーンをしとめたのじゃよ。
 じゃから、彼が使った時だけ真の力を発揮するのではないか、とわしは思う」

 オスマンは知らない。ワイバーンが飲み込んだ貝殻が、とある世界で
【衝撃貝(インパクドダイアル)】と呼ばれる特別な貝殻である事を。
ワイバーンの頭蓋骨を破壊したのは【破壊神の槌】ではなく、口中で偶
然作動した【衝撃貝】の衝撃だという事を。【破壊神の槌】が、本当は
ただのハリボテでしかない事を。
 かくして、【破壊神の槌】強奪事件はここに幕を下ろす事となったの
である。

 なお、余談ではあるが。
 人間にとってはまるで実用性のない、いうなればガラクタを盗んだ、
と知らされ、かの『土くれ』は自室でやけ酒を呷ったそうだ。

「何よぉ! あんなモン後生大事に抱え込んじゃってさぁ、ふざけんなってぇの!!」
「……で、どうしておれがお前の憂さ晴らしにつき合わされなきゃならんのだ?」
「もぅ、クロちゃん冷たいぃ〜! 慰めてくれたってい〜ぃじゃないのよぅ、ひっく」
(………人選を間違えたかもしれん)

 翌日、酒臭さを染み付かせて朝帰りしたクロコダイルが、ご機嫌斜め
の主人に爆破されるのもまた、完全に余談である。


   ...TO BE CONTINUED

おまけ

「ウソップ、どこ行ってたんだ? においが途切れてたから心配したぞ」
「わりいな、チョッパー。森ん中で霧が出て、その後竜に襲われちまってよ」
「竜!? 竜がいたのか!?」
「ああ。だが安心しろ、俺様が【ウソップ・パウンド】の一撃で退治した!」
「……あれ、パウンドってハリボテじゃないのか?」
「そこは俺の明晰な頭脳が活躍したのさ。
 まず【衝撃貝】を相手に引っ付けて、その上から【ウソップ・パウンド】でぶっ叩く。
 すると、俺は被害を受けずに相手にだけダメージを与えられるってわけだ」
「すっげー、かっこいー!!」
(しかし、貝を飲み込まれたのは予想外だったな。手が痺れてパウンド落としちまうし)
「改良が必要だなー。今度は思い切って10tに……そういや、あの爺さん何者だったんだ?」

79 :Mr.0の使い魔:2007/08/25(土) 10:20:04 ID:95Q0ArbX
以上で十一話終了です。支援感謝。
スリラー前にログのない島にでも立ち寄った(映画みたく)、とでも考えてくだちい。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:23:47 ID:2E1sUoM8
乙です。
やっぱり破壊神は奴でしたかw
しかしクロちゃんと言われて安田大サーカスな
クロコダイルを想像してしまった……


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:30:33 ID:2SG0r62s
そういやウソップってかなり頑丈なんだよな。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:34:17 ID:TUfTowUl
>>79
ってことはハルケギニアはグランドラインの一部?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:36:07 ID:DUpkz5tZ
ログのない島にでも立ち寄った時にシエスタ爺さん見たく異世界に迷い込み運良く返ってこれた
が正解じゃね?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:38:13 ID:UNcUhEko
濃霧にまぎれて異世界旅行か

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:38:36 ID:aXpoLKZu
そこはやっぱ異世界間移動じゃね?
しかしグランドラインの一部てのも面白いね。
何でかワンピの海はめさめさ広いし。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 10:47:52 ID:luvmVo5c
>>85
月が2つ有る島とか、住人が魔法を使う島とか素で出てきそうだしなw

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 11:28:41 ID:uJxEyf3O
アルビオンは空島だったのか

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 11:52:06 ID:6yEffoKJ
ボンクレーが入ってるぞ、フーケw

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 12:02:12 ID:J6SBLkMg
昼…ボンカレーが、食べたいなぁ…


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 12:07:05 ID:IZnW7aMt
つ[乙カレー]

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 12:47:30 ID:Hvqs5P6z
カレー食いたくなってきたからレトルトの買ってくる。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 12:52:27 ID:aY5w6zHH
ボンカレーはどう作ってもうまいのだ
というわけでブラックジャック召喚

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 12:56:43 ID:Hvqs5P6z
買ってこようと思ったら、ストックがあった。いま鍋で温めてる。

俺は中辛にソースやケチャップをくわえた少しマイルド風味が好きなんだが皆はどう?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 12:59:27 ID:J6SBLkMg
一人前に対して牛乳と醤油をスプーン一杯づつ入れるとコクが出て美味い


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:01:30 ID:J6SBLkMg
醤油はスプーン一杯もいれない(;´Д`)間違い。適当にちょろっとたらすだけなんだ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:02:43 ID:AoGLKoxU
カレー、カレーの流れか

……何故カレーからダルシムを連想したんだ俺の脳はorz

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:04:18 ID:h+D+gvfk
この流れはカレクックでも召喚されるのか

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:05:05 ID:oPoj2T1Z
皿に盛る時にスクランブルエッグ混ぜるぐらいかなー

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:07:59 ID:aCyeQ74O
僕はカレーにはチーズを山ほど入れるな

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:08:35 ID:AoGLKoxU
最近はカレーに半熟目玉焼き乗っけて食べてるな
昔は茹で卵だったけどメンドイから目玉焼きに変えたら大当たりだった

時により生卵も結構良いぞ

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:08:53 ID:IZnW7aMt
もうちょっと辛さが欲しい時にラー油を入れたことならある。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:09:33 ID:J6SBLkMg
カレーと半熟の黄身が合わさると美味いよな。夏の友と呼んでいいよ


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:09:44 ID:Hvqs5P6z
>>98
目玉焼きはやったことがあるが、それはのせたことがない。
今度試してみるわ。ありがd(カレーを食いながら)

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:11:52 ID:abb58dzH
いつのまにかカレースレになってる!!!www
夏のカレーって腐りやすいから残りはパック詰めにするんだけど
やっぱりふつうに寝かせたのとは違うな

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:14:50 ID:OQllJkVE
カレーの話をされると何故かウンコしたくなる・・・

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:16:45 ID:Max1O1MH
悪魔城ドラキュラシリーズのスケルトンボーイの
カレーなんかは食べればHPを500も回復できるし
パイの要領で思いっきり叩きつければ武器にもなる。
(主に植物、水生動物系に有効)
でも転んだだけでバラバラになるのでギーシュのワルキューレに
勝つのは難しそうだけどね

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:16:58 ID:V96+IKgR
ウンコ食ってるときにカレーの話すんな!

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:17:20 ID:AoGLKoxU
>>101
某ケ○タッキーとかのハバネロとか混ぜると結構良い感じになるぞー
タバスコためしたけど微妙だった…orz
>>102
おお、夏の友か!
カレー盛った後とろける系のチーズ乗っけてから真ん中に少し窪みを作って生卵を投下、オーブンで焼いても美味いぞー

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:18:40 ID:Hvqs5P6z
カレー食ってる時にそんなこと言う>>105はくさや一年分にシュールストレミングかけて食うべき。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:22:46 ID:/NCdTZZx
カレーにはチーズだろ
食う前にご飯とカレーの境界付近にチーズを置いて溶かす

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:23:42 ID:h+D+gvfk
意外に合うのがカレーにそば
つけ麺感覚でカレールーにつけて食べるとけっこううまい

まあ、カレー南蛮とか元々あるけどな

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:32:07 ID:LNPLzpvt
さて、俺もカレー買ってこようか

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:36:45 ID:Hvqs5P6z
おさまりがつかなくなって、もう一袋温めてる。
今度はスクランブルエッグのっけて食べるぞ!

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:40:35 ID:Y9jnE/Su
三日間、三食カレーだけで暮らした経験のある俺が華麗に参上。
美味かったけどさすがに飽きた。

五分後に松下トウカいきます。いまは昼なのに朝の話。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:42:42 ID:Hvqs5P6z
カレー食べながら悪魔くん支援。

そういや鬼太郎に妖怪ホットドッグてのが出てきて旨そうだった。

116 :『使い魔くん千年王国』 第五章 朝の風景 1/4:2007/08/25(土) 13:45:08 ID:Y9jnE/Su
翌朝。召喚されてから二日目。
松下の朝は意外と早い。
なにしろ魔術研究のために、寝食を忘れて何日でも徹夜するし、
何日も山の中を駆け回って「少しくたびれた」で済ます男だ。
時間は無駄にしない。伊達に8歳で高等魔術を修めてはいないのだ。

それでもさすがに欠伸をしながら、ルイズの汗(と何か?)が染みた衣服を手に水場を探す。
洗濯など身の回りの世話を召使いに任せていた松下にとっては、
誰かにやってもらうのが手っ取り早いのだが…。

折りもよく、メイド姿の黒髪の少女が水場で洗濯をしているではないか…。
「おはよう。きみはここの使用人かな?」
メイドは洗濯を一時中断して立ち上がり、「おはようございます」と挨拶を返した。
「はい、そうですが…あの、どなたかのご子弟で?」

貴族でも平民(使用人)でも、学院に10歳未満の子供などいない。
教師か学生の子弟が泊まりにでも来ていたのか? と彼女、シエスタは判断する。
格好は妙だが、松下の放つオーラというか、威厳というか、妖気は、平民のものではない気がした。
自然と敬語になってしまうのだ。こんなに小さいのに。

「昨日、ルイズ嬢の使い魔になった松下という者だが」
「あぁ、ミス・ヴァリエールの呼び出された使い魔の方でしたか。噂は聞いていますよ」
既に噂は広まっていたらしく、シエスタはほっとして納得した。
松下も学院内をうろついている時、ひそひそ呟く声や不躾な視線を感じてはいた。

(さて、この噂をどういう具合に変えてやろうか…)
群衆の心理は意外と操りやすいのだ。特に学校のような閉鎖空間では。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:48:24 ID:zlxoPX1b
しえん

118 :『使い魔くん千年王国』 第五章 朝の風景 2/4:2007/08/25(土) 13:49:09 ID:Y9jnE/Su
「私はシエスタと申します。今後ともよろしく…
 それで何か御用でしょうか? マツシタさん。
 …あ、洗濯物ですね?」
「うむ、ぼくはあまりやったことがないので、きみに頼めるかな?」
「はい、結構ですよ。お任せください。
 でもそろそろミス・ヴァリエールを起こされた方が良いかもしれませんね。
 朝食に間に合わなくなってしまいますから」

受け取ったルイズの洗濯物を、他の洗濯物とまとめながら、シエスタは建物の方を見る。
そこに食堂があるというのだろう…。
「そうだな、彼女を起こしに行くか。じゃあ洗濯が終わったら、部屋に届けてくれ」
松下は答えると、踵を返して飄々と寮へ向かい立ち去った。
ホテルのルームサービスでも使うような、人使いの慣れ方だ。

「相当変わった子ね…」
シエスタは、松下に会った人の9割が抱く感想を呟いたという。


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:50:15 ID:zlxoPX1b
仕事場から支援

120 :『使い魔くん千年王国』 第五章 朝の風景 3/4:2007/08/25(土) 13:52:49 ID:Y9jnE/Su
松下はルイズの部屋に戻ると、洗面器に水を汲み、
自分とルイズの洗顔・整容の準備をする。
それから、まだ眠りこけている主人を起こしにかかった。
「さあ起きろ、もうすぐ朝食の時間だぞ」
カーテンと窓を開け、朝の爽やかな光と風を入れてやる。
太陽はさすがに一つだけのようだ。

そうするうちに、ルイズはどうにか身を起こし、寝ぼけ声で「着替え…手伝って…」と告げる。
「トリステインの貴族は赤ん坊同然か」
「だっ、誰が赤ん坊よ! 御主人様に対して!」
小童に赤ん坊呼ばわりをされ、怒ったルイズはすぐ覚醒した。
「ぼくだって、着替えくらいは自分でするからな」
「貴族はねえ、従者がいるときは普通一人で着替えたりはしないの! 世の中そーいうもんなのよ!!」

信頼関係の構築は少し後退した。ああ、いやな世の中だ。
「やれやれ仕方がない、着替えさせてさしあげますよ『御主人様』サマ」
「サマが一つ余計よ! あんたねえ、慇懃無礼って言葉知ってる? 
 ていうか、年上の、しかも貴族の御主人様をちゃんと敬いなさいよ!
 小童のくせに見下して!!(き――――っ)」
「朝から騒がしいぞ御主人様サマ」
「朝から騒がしいわよ〜ルイズぅ」(ガチャリ)


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:54:30 ID:zlxoPX1b
悪魔くんの方が年上だっけ、支援

122 :『使い魔くん千年王国』 第五章 朝の風景 4/4:2007/08/25(土) 13:55:54 ID:Y9jnE/Su
「ん?」
「あら、ボクは確か…」
背が高く、褐色の肌に炎のような赤毛をした巨乳美女が、部屋の前に立っていた。
まあ胸が大きかろうが小さかろうが、松下にはどうでもよかったが。

「待ちなさいマツシ――って、キュルケ! 朝っぱらから人の使い魔に何すんのよッ!」
「別に何も。そっちこそ何時までそんな格好をしているの? もうすぐ朝食の時間よ?」
「だってコイツが!」
ルイズの友人らしい。では人脈作りをしておくか。
「はじめまして、使い魔の松下でーす」
「え、ええ、よろしくマツシタくん。あたしはキュルケよ〜。(シェイクハンド)
 ……それにしても、ほんとに子供を使い魔にしちゃったのね…ルイズったら(クスクス)」
「た、ただの子供じゃないのよ! なんと『東方』のね…」
「はいはい、でも使い魔っていうのは、やっぱりこういうのじゃないとねえ」

キュルケの後ろから、虎ほどの大きさをした幻獣・サラマンダー(火トカゲ)がのっそりと現れた。
地霊なら召喚実験で何度か呼んだが、サラマンダーの実物を見るのは初めてだ。
「ほほう、見事なサラマンダーだ」
「あら、ありがとー。よく知ってたわね、ボク。
 そうよ、これは火竜山脈産のブランド物で、すっごい価値があるの。見て見て、この尻尾!
 名前はフレイム! 燃えるように情熱的なあたしにピッタリじゃない?
 メイジの実力は使い魔を見れば分かるっていうもんねぇ、ル・イ・ズ?」

「うっ、うるさいわね! ほらマツシタ、あんたも何か芸を見せなさいよ!」
「それよりさっさと顔を洗って着替えたらどうですかね、御主人様サマ」
「しつこおおおおおおおいい!!!」
「あっはははははは、なかなか楽しい使い魔くんじゃないの。 じゃあ、お先にね」
ルイズをからかえて上機嫌なキュルケは、フレイムを連れて食堂へ向かった。
「む〜〜〜〜〜〜〜〜っ……」

誰も気づかなかったが、このとき松下の『右手のルーン』が鈍い光を帯びていた……。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 13:58:05 ID:qF5MCbiR
支援!

124 :『使い魔くん千年王国』:2007/08/25(土) 13:59:24 ID:Y9jnE/Su
トウカは以上です。やっぱりアレは右手にしたので、
原作で右手っぽいあの人は左手にしておいてやろうか。
(変な日本語)

夜には朝食が書けそうです。いい昼夜逆転気分。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:07:13 ID:OoQr7TaV
>>28
まぁその通りなんだけどw
それを違和感少なくしたり、逆にピーキーにしてネタを思いっきり笑ったり出来るのが
楽しいんじゃないの?ネタ元を知りたくなる魅力もある。
厳密な設定厨には楽しめない世界かもね。昔は東映まんがまつり、最近はスパロボ
があるんだからパロディとして割り切れば良いのに。
このスレはリベラルな住人が多いからスレ速度が異常に速いと思うwww

12巻はどんだけ百合二次創作よwいや原作かwww

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:08:51 ID:4tpYkiAd
>>28
むしろルイズが変なもの召喚してルイズ自身がTUEEEEEEEEEするのが好き

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:08:55 ID:Tc+ezQjB
パワポケのイルで書こうと思ったけど
難しいな、これ

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:13:46 ID:NDD+rKCH
ルイズのTUEEEEをもっと見たい

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:15:21 ID:sAXfI26C
むしろ、ルイズを巻き込んで駄目っぽい空気を作ったり
ルイズと一緒にへっぽこになっていく使い魔を

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:16:33 ID:+gQMdMCK
そこで究極超人Rですよ
いっしょにまぬけになっていくこと間違いなし

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:17:13 ID:SERlTE/1
俺TUEEEEってんなら原作の才人だって相当なもんだし、
大事なのは動かし方、描き方だよね。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:17:52 ID:3CTrpQdB
>>131
ここで1次と2次を一緒にする馬鹿登場

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:19:26 ID:fGgDevzF
ルイズのTUEEEEというとレイジングハート的な
マジックアイテムか紅世の王呼び出して契約とかかな。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:20:29 ID:juHNyAYy
そういえばシャナクロスまだ出てない?
俺もルイズTUEEE大好きです

135 :魔法少女リリカルルイズ:2007/08/25(土) 14:21:03 ID:jeP8qRo9
んじゃあ、そのレイジングハート付きのルイズを投下していいでしょうか。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:21:35 ID:t/MGqODB
>>128
最強の攻性生物召喚とか面白そうだ

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:22:08 ID:NDD+rKCH
Come on!

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:22:24 ID:R9ZHde/Q
一次だろうが二次だろうが、主役が強いってのは古来よりあらゆるストーリーの基本つーか王道の一つなのに、俺TUEEEEって言葉に置き換えてケチ突けるとか厨臭いにも程がある

駄目かどうかの判別は、そんなシンプルな部分ではなくて、ちゃんとストーリーが成ってるか面白いかでしか無いね

主観的に主役が強いのが嫌だからケチをつけるとかだとお粗末過ぎる

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:22:50 ID:ecYfqIoH
撃て!臆病者!!

140 :レンタルルイズ:2007/08/25(土) 14:23:48 ID:TKZyK26a
>>63リボルバーを実戦配備しないのは敵性兵器だからというセリフが作中にあったので問題ないかと思い出しました
  実際リボルバーと闘っているシーンもありましたし
>>64うわ、恥ずかしいです。wikiに乗せるときは訂正します。ありがとうございました。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:24:00 ID:nyAEm9L7
>>135
全力全開でどうぞ。

142 :魔法少女リリカルルイズ:2007/08/25(土) 14:24:35 ID:jeP8qRo9
ゴーレムの打ち下ろす一撃をシールドで受けたユーノは片膝をついた。
その一撃は見た目よりは遙かに強力だ。
魔力のために単に腕を振り下ろしたときよりも何倍も威力を増している。
一方、ユーノの魔力は傷を治すために使っていたので余裕がない。
シールドもいつまでも待たない。
ゴーレムが両腕を組んで振り下ろしてきた。
それも防ぐ。
衝撃が治りきっていない傷に響いた。
今度はゴーレムが腕を横に振る。
建物が巻き込まれて崩れる。
ユーノはその中に落ちる瓦礫を見上げるシエスタを見た。

シエスタはルイズを追いかけていたが途中で見失ってしまった。
仕方なく探していたらヴェストリの広場まで来てしまった。
大きな音がしたので来たらゴーレムが暴れていた。
ゴーレムが建物を崩壊させシエスタはそれに巻き込まれる。
「おじいちゃん・・・・」
いつもスカートのポケットに入れている祖父からもらったお守りを掴んだ。
周りで怖い音がする。
上から重いものが迫ってくる。
もう一度お守りを掴んだ。
その時、体がふわりと浮いた。
「大丈夫?怪我はない?」
知らない小さな子どものメイジがシエスタを抱いて空を飛んでいた。
落ちそうになったシエスタは子どものメイジに抱きついた。

痛む頭を押さえながらギーシュは目を冷ました。
当たりには土煙が舞っている。
離れたところで音がしたので、そっちを見た。
「なんだ・・・・あれは」
10メイルくらいのゴーレムが暴れていた。
青銅の色をしているが自分のゴーレムではない。
あんなに大きなゴーレムは作れない。
それに、自分は動かしてない。
ゴーレムの足下を見てまた驚く。
「なんだ、あいつは」
とにかくすごい防御魔法の使い手だった。
あんなゴーレムの攻撃を弾くような防御魔法を使えるメイジはこの学園でも少ないだろう。
「リリカル・・・マジカル」
後ろで声がした。
呪文のようだが聞いたことのない呪文だ。
だが、魔力の高まりは感じるので呪文であることは間違いない。
「リリカル・・・マジカル」
ギーシュは好奇心で振り向いた。
が、それを後悔した。
光がギーシュを包んだからだ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:24:45 ID:+gQMdMCK
破壊魔定光からポンコツ召還して超TEEEEEEEルイズとか
物理保護凶悪すぎ

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:26:07 ID:juHNyAYy
支援

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:26:28 ID:OoQr7TaV
カレーなら夏野菜カレーだべ
ポールトマト、にんじん、ナス、ピーマン、ゴーヤー、豚、タマネギ
>半熟卵
小鉢に生卵入れて(ラップしない)電子レンジ40秒前後で出来上がり

各職人様投下乙
アンジェリカのAUGに期待している。BALLSのはっちゃけぶりが楽しい。
ヴィオラートの展開に目が離せない。

146 :魔法少女リリカルルイズ:2007/08/25(土) 14:26:45 ID:jeP8qRo9
前より調子がいい。
1回唱えるごとに魔力がずっと多く貯まっていく。
それでも足りない。
「リリカル・・・マジカル」
10メイルある巨人を倒すにはまだ足りない。
それでも急がないといけない。
念話で聞こえるユーノの声が弱っていく。
「リリカル・・・マジカル」
来た。
魔力が十分に貯まった充足感。
今ならいける。
「Shooting Mode.Set up」
杖が別の形に変わっていく。
より強い魔力をより遠くへ飛ばすための形に。
翼の生えた杖はどこまでも魔力を飛ばす。
杖を握りなおす。
狙うのはゴーレムの頭。
「行きなさい!行って、捕まえなさい!」
魔力の光が撃ち出される。
光はゴーレム頭部のジュエルシードを射抜く。
途中で何かあったような気もしたけど気にしない。
「Stand by Ready」
「リリカルマジカル ジュエルシードシリアル10 封印!!」
第2射。
さらに強い光はゴーレムの頭に直撃し粉砕する。
ジュエルシードをあらわになった。
「Sealing」
剥き出しのジュエルシードが光の筋となってレイジングハートに吸い込まれる。
「Receipt Number X」
頭のなくなったゴーレムが金属のねじれる甲高い音を立てながら崩れていく。
「Mode Release」
「ありがとう。レイジングハート」
役目を終えたレイジングハートは熱い水蒸気を吹き出し形を戻す。
「Good Bye」
ルイズは赤い宝石に戻ったレイジングハートをポケットに入れた。
「ふうー」
できた。
ユーノの言ったとおりミッドチルダ式の魔法は使えた。
思っていたよりもずっとうまく。
(ユーノ、封印終わったわ。こっちに来て)
返事がない。
(ユーノ、返事しなさい。どこにいるの?)
やっぱり返事がない。
興奮していた頭がすっと冷めていく。
ルイズはユーノを念話で呼びながらどこかに走っていった。
残されたギーシュはまだ気絶していた。

オールドオスマンが現場にたどり着いてのはゴーレムが崩れた後だった。
現場に生徒達を近寄らせないようにする。
錬金でゴーレムの残骸を調べる。
魔法で作られた青銅との結果が出た。
特に不自然な点はない。
「そういえば、そこで気絶しとったグラモンのバカ息子は青銅の2つ名じゃったな・・・」
水のメイジが連れて行ったギーシュがゴーレムの主ではないかと考えるが首を振る。
ドットのメイジにはどうやっても無理な代物だ。
「それに、あれはなんじゃったんじゃろうな」
遠見の鏡で見たゴーレムの額には青いものがあった。
青銅に色をつけただけかも知れないが同じものは見つからない。
あの青い石は気になった。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:26:49 ID:Hvqs5P6z
>>143
核兵器? 何それ美味しいの? なやつらだからな……

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:27:34 ID:nyAEm9L7
お守り……まさかデバイスだったりしないよな。クライドさん辺りの。支援

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:28:16 ID:R9ZHde/Q
>>134
その嗜好なら荒巣徹さんを呼ばないと

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:28:40 ID:nyAEm9L7
ギーシュまとめ撃ちされたー!?

151 :魔法少女リリカルルイズ:2007/08/25(土) 14:28:43 ID:jeP8qRo9
学院の生徒達はゴーレムの残骸を見ながら噂話をしている。
ゴーレムを粉砕した魔法を使ったメイジは誰か。
建物の陰に隠れて見えなかった謎のメイジについて様々な憶測を建てている。
謎の天才メイジ
いや、先住魔法かも知れない
いやいや、正義の味方に違いない!!
だがキュルケはそんなことどーでもよかった。
キュルケが問題にしているのはゴーレムを粉砕した魔法の主ではなく、ゴーレムと戦っていた風変わりな防御魔法を使う一年生だった。
「あの後ろ姿・・・どこかで見覚えがあるのよね」
裾がほつれたマント。
学院ではあまり見ない半ズボンと半袖の上着。
指の部分を切り取った手袋。
茶色の髪。
あれは確か・・・。
「ルイズの男じゃない!!やっぱりいたのね」
ルイズがひた隠しにする男の子の正体。
ますます気になるキュルケだった。

ルイズはユーノを探して学園中を走り回る。
ゴーレムが暴れた近くにもいなかったので遠くも探してみる。
それでもユーノは見つからない。
(ユーノ、ユーノ。どこ、返事して)
「ユーノ、ユーノ。どこ、返事して」
念話と一緒に声が出る。
どこにもいない。見つからない。
「あの、ミス・ヴァリエール」
メイドがいた。
確か、落ちたときに湿布を頼んだメイドだ。
「ミス・ヴァリエール。この人・・・」
メイドはフェレットを抱いていた。
間違いない。
「ユーノ!」
ルイズはユーノを奪うようにとる。
ぐったりしていたが息をしている。
「よかった」
ほっとしたら気づいた。
確か、このメイドは今「人」といわなかっただろうか。
フェレットのユーノを「人」といわなかっただろうか。
「あなた、なにか知ってるの?」
「あの、そのメイジの方・・・ユーノさんに助けていただいて・・・そのあと、ユーノさんがその姿に」
ルイズはとぎれとぎれに話すメイドの腕を掴む。
「あなた、名前は?」
「シ、シエスタといいます」
「シエスタ。ユーノのことは秘密にするのよ。いいわね?」
「え?・・・あのそれって」
ルイズは目に力を入れた。
「いいわね?」
「は、はい」
シエスタは背をそらせながら答える。
「あ、それから。ミス・ヴァリエール。これ、頼まれていたものです」
ルイズはシエスタの出した湿布を取って、部屋に戻っていった。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:30:09 ID:TKZyK26a
支援

153 :魔法少女リリカルルイズ:2007/08/25(土) 14:30:30 ID:jeP8qRo9
部屋に戻ったルイズはユーノを机に寝かせた。
残っていた薬をユーノに塗る。
初めてジュエルシードを回収した後のようにユーノはぐったりして動かない。
「なんでこんなになって、平民なんか助けたのよ」
平民なんか・・・。
最初にユーノとあった時を思い出す。
ユーノは自分の責任じゃないのに、ジュエルシードを回収しにここに来た。
責任とかそういうのじゃないのかも知れない。
「そっか」
少しユーノの考え方が解るような気がした。
ユーノの譲れないところなのかも知れない。
「あなたには、ほっておけ言ってもできないかもね」
納得はできなかったけど。
だからルイズはユーノが起きたらまず私のことを考えなさいと命令することにした。

******************************************

今回はここまでです。
前回と合わせてネタを仕込んでおきました。
なんか片方は割れたような気がするけど気にしない。
むしろ、言われたことを臆面もなく使います。



154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:33:43 ID:nyAEm9L7
乙。不用意な事言ってすまんかった。感想言い終わったら吊ってくる。
シエスタに淫獣の事がバレたのは果たしてどうなる事やら。
ルイズも徐々に砲撃型の白い悪魔の片鱗が見えてきたし……あ、それに巻き込まれたギーシュ南無。
じゃあ吊られてきますね……。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:38:01 ID:fnJq2MnW
乙乙

しかしルイズのわたしTUEEEEEEEE!!!か……
真紅のベヘリットでも呼び出して契約、とかか?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:42:46 ID:aCyeQ74O
>>134
徒を呼び出すと周りの人を食ってしまうし、
フレイムヘイズの契約ををすると、ルイズの過去がなくなってしまう。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:42:58 ID:3CTrpQdB
クロス先様のおかげで最強にしてもらいました、か
やれやれ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:43:50 ID:+gQMdMCK
ルイズが一番大切にしている物をベヘリットに捧げないと
やっぱ家族かなあ

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:45:10 ID:NDD+rKCH
>>155
色々とグロくなってしまうじゃないか。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:47:58 ID:NDD+rKCH
入れ忘れたorz リリカルの人乙です〜

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:49:40 ID:sAXfI26C
現視研の人召喚

結果
  .:| :/\ :/ | .:.|:.      :、 :.|\/_ .:ト、:.:.
 .:∧>≧示、l :∧:.     .:.|.: :\:x≦==ミ<ハ:.:.
 .:lイ::/´´/::テ \ ∧:.:.   .:.|.:l ://:テ ハ  \「 |.:.
 :ハヘ{   |:iへ._.イ|ゞ-\:.:.:.:.:|.:レ' |:iへ-イ:|    '∧:.  ホモが嫌いな女子なんて居ません
 :| ヘ   V:::::::::ノ|     ):.:/|/  V::::::ノ/   /:.:|/
\!:.:ハ   ゞ>''^   //    `ー<   /:.:.:.
 .:l :ハ /!/|//i/     ' _.. -― 、/i//|/ /.:.:.:.
 .:|  :ハ      /'´ ̄ ̄      ∨   /.:.:.:.:.
  :',  .:.ト、   |           |  /:.:.:.:.:.:.
\ \  |> 、 ゞ         ノ. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:52:38 ID:Hvqs5P6z
少し落ち着けID:3CTrpQdB

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:54:57 ID:4tpYkiAd
>>161
奴等なら始祖×使い魔とか妄想してくれそうだ

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:56:29 ID:CnA8ghoH
>>162
いかん!そいつに触るな!

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 14:57:01 ID:Hvqs5P6z
>>163
始祖ブリミルはMC萌えに違いない。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:02:23 ID:tUKefUmL
>>164
そいつに触れる事は死を意味する………ってバオーか!!

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:03:44 ID:AhCTVqhm
BLAME!から最上級のセーフガードユニットデータを召喚してレベル9になるとか。
ルイズの自我残るかどうか知らんけど

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:07:33 ID:NnLclaPm
>>166
そういやバオーが連載してた頃のジャンプキャラって出て無いな
変態仮面くらいか?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:09:19 ID:Hvqs5P6z
他者に何らかの能力等を授ける存在を召喚したらルイズ強くなる。

不気味な泡のエンブリオとか姉妹スレの仮面や矢、あとは………ごめん思いつかね。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:10:07 ID:V+n2vmaz
>>168
バオーと変態仮面は10年弱時差がありますがな

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:11:43 ID:V+n2vmaz
>>169
超神水でも飲ませようぜ

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:11:47 ID:nyAEm9L7
スカーエッジのラスボスとかもかな。対象に“感染”する事で対象の才能を引き出す能力。
肉体的にただの老人が、才能を引き出されただけで、数々の剣豪の技を揮う相手を圧倒出来るくらいだし。
まぁ問題はラスボスの人は自分の娘の事以外どうでも良いって事と、“ハルケギニアの人間に感染”するルートがないって事だろうけどな。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:13:16 ID:SERlTE/1
師匠属性持ちの使い魔に鍛えてもらうとか。
最近だとウルザとかがそうだけど、アバン先生の話も続きが読みたい。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:14:22 ID:PUrbq0yC
東方先生・・・・・・・

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:15:48 ID:VFltsQSM
レネゲイドウィルス

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:21:53 ID:IZnW7aMt
デモンパラサイトとか。
タバサが大食いなのは感染ずうわなにをするやめ(ry

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:22:51 ID:gQ1Hsn7o
>>173
秋山小兵とか

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:23:37 ID:VFltsQSM
ARMSという手も。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:23:49 ID:nyAEm9L7
>>177
デモンパラサイトは変身すると服破れるとか有ったな。
暴走すると普段破れないヤツでも破れるとか……ようするには全裸が見たいと言う事か?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:24:57 ID:nyAEm9L7
おわ、安価間違えた。>>177じゃなくて>>176な。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:26:04 ID:gE30Xheq
「とある魔術の〜」のインデックスはどうよ?

膨大な魔力を蓄えてるけどそれを使う術式を知らないルイズと、
ありとあらゆる術式を記憶してるけどそれを起動させる魔力を持たないインデックスのコンビ。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:27:46 ID:2wckeSnX
そこで魔女ガエルを召喚

マジカルステージに3人必要ですが

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:28:59 ID:+gQMdMCK
召還に結局成功しなかったと思ったら
ブギーポップがルイズの心に浮かんできて世界の敵と戦うとか

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:29:00 ID:juHNyAYy
ルイズが虚無以外の魔法使えないのって
術式知らないからとかそういう理由じゃなくね?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:30:19 ID:iPR3KTFF
>>182
むしろド根性ガエルを召喚

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:31:04 ID:V+n2vmaz
>>184
うn
知ってて実行しても何故か爆発するんだしな

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:33:19 ID:WFUFsaJ/
>>185
つるん ぺたん ぺったん娘?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:33:41 ID:vtu6u+Jt
先生か、じゃあシャナから深耽究求ダンタリオン先生(漢字多分違う)だな。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:34:26 ID:WFUFsaJ/
まるで凹凸のない平面ガエルですね

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:35:43 ID:taSMW0Mh
>>182
ルイズ、タバサ、キュルケ、モンモン、シエスタ、アンリエッタ
こんだけいりゃ問題無いだろ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:37:30 ID:NDD+rKCH
翌日、爆発でボロボロになった>>187>>189の姿が…

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:37:53 ID:V+n2vmaz
>>190
平民のシエスタが魔法使えるようになったらそっちの方が話しの主題にッ
そして魔女ガエルなる

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:39:11 ID:WFUFsaJ/
ルイズ、タバサは良いとしてもだ

キュルケやシエスタにあのおジャ魔女
コスプレを着せるのは、どう見ても犯罪です

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:40:14 ID:taSMW0Mh
>>193
だからいいんじゃないか!

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:45:44 ID:V+n2vmaz
>>193
その言葉に応えて
三人目はコルベール
四人目はマリコルヌ
五人目はワルド
とします。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:48:28 ID:TUfTowUl
ワルドはやはり、ルイズファンのお髭の魔法使いポジションであろう

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:49:18 ID:NDD+rKCH
>>195
そっちの方がよほど犯罪だよ!

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:52:50 ID:juHNyAYy
>>195
神聖な魔法幼女にハゲ、デブ、ロリコンを据えようという君の感性が理解できない

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:53:40 ID:sy9om1Y7
ルイズを強化するのなら、いつかも言ったがカオルクラとか面白いと思うんだ。
潜在能力を引き出す教育装置という物体。
いきなり虚無魔法全開のルイズというのはまだないと思う。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:54:19 ID:qmXXfH8Z
おじゃ魔女ってなんかオヤジいなかったか
黄色くて丸い何かから長身でキザなオヤジに変形するあれ


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:56:19 ID:Hvqs5P6z
もちっと思いついた。

『BASTARD!!』より悪魔の鎧(デモン・メイル)、妖魔の鎚鉾(デビル・メイス)、魔王の指輪(サタンリング)を召喚。

ルイズひとりが三つ召喚しても良いし、虚無の担い手が一つずつ召喚しても良い。(最後の四人目は休眠状態のアンスラを召喚)


少しずつ魔導器の使い方を理解し、最終的に合体魔導王Ωルイズ一世になる………ゴメンorz

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:59:59 ID:2d3+uf9D
>>195
一人目コルベール
二人目オスマン
三人目マルトー
四人目ギトー
五人目ワルド
六人目ジョゼフで雄邪魔除怒隸魅なんてどうだ?

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:01:17 ID:oKIyO0Ah
>>198
魔法少女というのは名称であって女性である必要は無い、
と某執事も言ってたじゃないか

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:01:45 ID:PUrbq0yC
なんと言う最強チーム
これは直視しただけで死ねる

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:02:19 ID:Hvqs5P6z
>>202
グロすぐる

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:03:25 ID:TUfTowUl
>>202
これを構成したのが第4の使い魔・・・そりゃ語る事はばかるわ

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:04:03 ID:+gQMdMCK
暗黒舞踏とかするんだなきっと

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:05:40 ID:NDD+rKCH
>>202
暴走族みたいな名前だなあ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:08:56 ID:juHNyAYy
そういえばおじゃ魔女っておばさんとかいっぱいいすぎて
意外と夢のないアニメだったんだよな……

>>202
もうダンディメイジコルベール団でいいよwwww

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:10:45 ID:2d3+uf9D
>>202
×>四人目ギトー
〇>四人目モット伯

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:12:00 ID:aWcHbmMA
かずふさとラブやん召喚すりゃいいだろw
ロリドとつるぺた対決ww

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:12:42 ID:V+n2vmaz
そして三人目がギトーだな?

まずは学院内だけでチームを組んで外の敵のモット伯と戦うのが第一期


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:15:47 ID:ecYfqIoH
おまwwwwオヤジ魔法集団紅茶噴いたwww

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:16:44 ID:PUrbq0yC
しかも何気に戦闘能力高いヤツらばっか
敵に回すと絶望的wwwwwww

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:26:13 ID:gE30Xheq
タマQを召喚してキングシュカッシャー乗りのルイズにするか。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:29:22 ID:OdotUxmY
ルイズTUEEEEEEEEEなら
強殖装甲ガイバーのユニットとかを召還なんてのもありか

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:29:31 ID:J6SBLkMg
おまえらアホだろwwwwww

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:30:11 ID:dmX8msIJ
すっかりゼロ魔?なにそれ?ですな
修正しろ

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:31:04 ID:V+n2vmaz
女っけゼロの魔女集団
略してゼロ魔

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:33:54 ID:gE30Xheq
エルドランを召喚してトリステイン学園の校舎を改造して貰ってハルケギニア防衛組を結成。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:34:29 ID:J6SBLkMg
ワルドに遍在使わせれば一人おャジ魔女出来るんだよおおおおお

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:36:34 ID:sQiYBeDu
ぷりてぃーうぃっちーワルドっちー

ワルド自重wwwwwwwwwwww

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:39:16 ID:60VwnIDd
なんで>>201とか>>216に反応無いんだろ?
だいぶ昔の漫画だからかな?

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:42:13 ID:gE30Xheq
>>223
おいおい昔の漫画って、今も現在進行形だろ、一応。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:42:20 ID:3PY3pyxq
>>169
不気味な泡そのものを召喚ってのはどうだ?
何も召喚されて無いようなんだけど実は……って感じに

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:43:46 ID:BX1ZzGMo
ヒカル先生とか

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:45:21 ID:60VwnIDd
一応現在進行形だったw
知ってる君は25歳より上と見るww

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:45:40 ID:TUfTowUl
ヒカルの碁のサイ召喚
見えないし、碁もねぇよ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:47:11 ID:C9ttUAID
>>228
ハルケギニアで碁を作って広めて
碁っていう一つの文化を形成すればいいと思うんだ

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:49:27 ID:sy9om1Y7
あらゆる争いを碁で決着をつけるのだな。

「なら、碁で勝負だ!!」

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:50:07 ID:vtu6u+Jt
バスタードは兎も角、ガイバー続いてたのか・・・

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:50:13 ID:MwsU0lws
>>216
ガイバーの設定はよく知らないんだけど、
もしルイズが殖装したら、ルイズの身長・体格のままでガイバーになんの?


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:51:48 ID:SERlTE/1
>>228
基本的なストーリーラインを融合させると面白いかもね。
佐為は囲碁だけじゃなくて魔法も使えて、みたいな。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:52:55 ID:gE30Xheq
ルイズだったら、胸部のメガスマッシャーの邪魔になるものが無くていいね。

235 :ゼロのカボチャ:2007/08/25(土) 16:53:11 ID:63dufA0q
ソーサリーゼロをよんでたら、グレイルクエストのピップを呼び出したくなった。
だがいかんせん、オイラは夜刃とカボチャを執筆中だ。
誰か元ネタのわかる方で、ブレナン節を駆使してピック召喚を書ける方はいないものか・・・

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:54:50 ID:C9ttUAID
>>233
そんなのサイじゃねええw

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:57:26 ID:Q3CYXA9/
>>233
魔法はいらん。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:57:34 ID:OdotUxmY
>>232
たぶん違うと思う
晶と顎人とリスカーは大分身長が違うけど、ガイバーになると似たような身長だったはず

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:59:54 ID:piwLXhQU
どなたか、劇場版ポケモンのダークライとのお話を書いて頂きたい。
ルイズがまだ幼い頃、ヴァリエール家の庭で・・・・、とか。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:01:09 ID:9LrdmUFn
自分で書けばいいじゃない

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:08:07 ID:aXpoLKZu
何書いてもネタバレになりそうだな
今やってるクロス元はちょっと間を置くかここで聞いてみたほうがいいかも

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:09:15 ID:SERlTE/1
>>240
アイデアを思いつくこととそれを形にすることの間には
深くて暗い溝があるのですよ。(だから著作権法はアイデアを保護しないのだ、多分)

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:11:45 ID:C9ttUAID
俺だって文章さえ書ければ何度も投稿してるはずw

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:14:45 ID:aWcHbmMA
いっそのことサクラ大戦の大神さん召喚して大神華撃団を設立すりゃいいんでない?w

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:15:26 ID:MwsU0lws
>>238
なるほど トンクス。
しかしガイバーのガタイで釘宮ボイスは嫌だろ常識的にry

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:16:17 ID:8fppXZb5
>>242
それはつまり形にならないアイデアってことでしょ
そんなの書きなぐられても迷惑
ここはチラシの裏じゃねーぞってかんじ

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:16:23 ID:C9ttUAID
俺は釘宮ボイス自体が受け付けない・・・><

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:16:36 ID:9LrdmUFn
書いてみたらそう大したことはなかったよ?

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:18:59 ID:gE30Xheq
>>238
旧のOVAの女性ガイバーはほっそりしたシルエットじゃなかったっけ?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:19:46 ID:Tr9U1j/v
>>245
テッカマンレイピアだと思え・・・ないな。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:22:14 ID:+gQMdMCK
>>246
いや元々そういうスレだろここ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:24:02 ID:SERlTE/1
>>246
要望出してみるぐらいは良いじゃない。
提供されたアイデアにインスパイアされる書き手だっているかも知れないし。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:24:03 ID:AS1Nd4vi
ワイルドの使い魔の続きが読みたい!!!!

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:24:59 ID:uSO36WEK
スニーカー文庫のラグナロクより魔剣ラグナロクを召喚
デルフと組んで喋る剣同士奇妙な友情物語。4番目の語るのも憚れる使い魔はリロイことロキ
・・・しかしキャラはともかく、萌え中心とバトル中心のストーリーでは相性が悪いか?

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:25:00 ID:C9ttUAID
なら俺はZ.O.Zの続きが読みたいw

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:26:48 ID:MwsU0lws
>>249
つまりキュルケ、シエシエが殖装したら乳バイーンってなるわけだね!!
乳革命ならさらにバイーンって!!

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:27:34 ID:V+n2vmaz
どなたか、 書いて頂きたい。

この一文が余計だっただけしょ
妄想垂れ流すのは自由だが、それを他人にやってくれと言うと途端にフルボッコ
何時もの事です

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:28:32 ID:C9ttUAID
>>257
ごめん、俺がいつも書き込んでる言葉だよ。それ

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:34:35 ID:ZToEUvff
ルイズの強化なら金色のガッシュから清麿orデュフォー召還なんてどうだ?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:35:26 ID:e+lM9BFH
モンスターハンターの人マタコナイカナー
すごい好きだったんだ

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:35:34 ID:90JmXbj0
ネタ浮かぶ→一人で妄想してニヤニヤする→文におこしてみる→挫折→またネタ浮かぶ

このループを何回したことか

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:36:24 ID:C9ttUAID
>>261
俺の一日の日課w

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:36:46 ID:sWyOzKEH
ルイズTUEEEEEEEEEが読みたいルイズとキュルケの
友情が読みたいなどと考えてたらルイズとキュルケが
バロム1に変身するという電波が飛んできた

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:37:40 ID:nyEbCD0q
ルイズ強化…メガテン3から坊っちゃま召喚してマガツヒ貰うとか。後頭部じゃなくて胸がでかくなればルイズもOK


…坊っちゃま使い魔にするのは無理だろうしな…

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:38:02 ID:EgGkY8i/
>>260
あれは上手かった

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:43:39 ID:sWyOzKEH
モンハンの人のはなんか好き
使い魔との出会いで変わっていくルイズっていうのが
うまく書けてるということなんですかね


267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:48:39 ID:vtu6u+Jt
>>245
俺は一向に構わん!

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:52:57 ID:HYNk2/CT
俺はパピヨンの人を待っている
やっぱりパピヨンは蝶!最高!!なキャラだと思う

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 17:59:38 ID:qGTbEXRm
>>249
うむ、あのガイバー2は良かった
何が良かったって、初植装でユニットからうねうねガイバー触手ドバァー外から内か(ry
なんにせよ良いプロポーションだったねぇ

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:03:09 ID:Br9fWA97
パピやムーンは召喚されとるのにカズキンやTQNは召喚されてないんだな

やっぱあの二人引き離しづらいからか

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:05:34 ID:qmXXfH8Z
>>270

宝物庫に魔人として氷漬け+固定化で封印されてるカズキンとルイズに召喚されるTQN

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:06:42 ID:WrwhFF5H
>>270
ガロードとティファを引き離すぐらい難しいな、それは

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:07:02 ID:aY5w6zHH
>>271
ルイズそっちのけでストロベリる所しか想像できねえ

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:07:04 ID:gE30Xheq
>>270
ギーシュがぶちまけられるシーンしか思い浮かばんw

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:07:32 ID:juHNyAYy
>>271
おま…っ やめ…っ ちょwwwwwwwwwwwww
orz
ちょっとプロット組みなおしてくる。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:08:14 ID:Ex21oVko
>>245
たしか設定上はガイバーTが170cm、ガイバーVが190cmなんで殖装者の体格が基本になるはず。
ガイバーUは描写はあれだが設定上や哲郎の発言からは一回りくらい大きいと思われる


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:08:38 ID:Br9fWA97
>>275
なんだかわからんが期待してる

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:09:12 ID:qmXXfH8Z
>>275

えっと……なんかよくわからんがスマン
頑張れ

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:09:37 ID:gE30Xheq
モルユニットを召喚してモルダイバーに変身するルイズはどうよ?

もち外見はアメコミ風マッチョの方で。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:13:28 ID:MwsU0lws
>>276
あくまで殖装者の体格を基準にしてサイズが変わるのね。
でもルイズが殖装してもキュルケより背は低いんだろうな。
なんか迫力無いかもw

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:14:58 ID:qmXXfH8Z
シュマゴラス召喚
見た目に立派な怪物(目玉にタコのような触手沢山。緑色。可愛い。)でルイズ大喜び
元ネタ的にもなんか凄いらしい


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:17:44 ID:AS1Nd4vi
私的ゼロ世界でのコミュ      

愚者  …… ルイズ        (主人公に一番近い場所にいる)
魔術師 …… タバサ/シャルロット  (そのまんまの役)
女教皇 …… フーケ/マチルダ   (特に理由なし)
女帝  …… アンリエッタ    (実際に女帝だし)
皇帝  …… ウェールズ     (死ななければ)
法王  …… オスマン      (じっちゃんつながり)
恋愛  …… キュルケ or シエスタ (そのまんまの役)
戦車  …… ギーシュ      (単純バカ)
正義  …… マルトー        ??
隠者  …… ティファニア     (そのまんまの役)
運命  …… ???
剛毅  …… シエスタ or アニエス (??)
刑死者 …… シルフィード     (子供?純真無垢?)
死神  …… 綾時         (彼しかいないでしょ?)
節制  …… モンモランシー    (実際に節制してるし)
悪魔  …… ジェシカ&スカロン  (二人ペアなのがミソ)
塔   …… コルベール      (型破りなメイジ)
星   …… エレオノール      ??
月   …… マルコリヌ      (デブつながり)
太陽  …… カトレア       (病弱つながり)
審判  …… ゼロ組織   
永劫  …… ハルペリア      (ロボ)

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:20:03 ID:K6XY1eQU
>>282
と言う事は綾時召喚と・・・

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:20:03 ID:HwEx8TRj
>>281
性能は凄いはずなのにマブスト作るときに、カプコンが許可貰おうとして、
シュマ出していいですか→そんなやついたっけ?→大全集見せる→マーヴル社が忘れてた
って逸話があったからな

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:20:15 ID:9LrdmUFn
チラシの裏に書け。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:20:50 ID:KoJ53UPs
>>284
悲しすぎるwwww

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:21:07 ID:uSO36WEK
シエスタ運命でアニエス剛毅だろう、そこは・・・って、それだとカトレア死んじゃうwww

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:25:06 ID:63dufA0q
ワイルドの人はゴタゴタががあったからどっか行ったんじゃね?

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:27:00 ID:2vpn3sND
>>281
シュマゴラスがゲームでタコの姿で現れるのはゲーム上形が必要だからで
実際は見る者にとってもっとも恐ろしい姿をとる不定形な異次元の神だぞ

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:30:29 ID:qmXXfH8Z
シュマゴラス
異界カオスディメンションの混沌の神
見る者にとって最も恐ろしい姿で現れる
漫画での出番数ページ
語尾に『シュ』をつけて話す(ゲーム限定しかも日本語版のみ)
ゲームでの姿は緑色で一つ目のタコ
触手

今Wikiとか見たけど何事だこの設定

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:33:36 ID:w7h1wEJP
亀レスですが男の子が魔女っ子で何がいけないと
南央美ボイスの青の方(と西瓜頭)がいってました。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:33:57 ID:HYNk2/CT
>異界カオスディメンションの混沌の神
>見る者にとって最も恐ろしい姿で現れる

クトゥルー系の匂いがする設定だな

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:34:29 ID:oFKqZqL6
>>290
ちなみに時間とか空間とかに縛られる存在ではなく
その気になれば宇宙の一つや二つ簡単に破壊する事が出来るらしい


294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:35:35 ID:2vpn3sND
>>291
つまり魔女っ子戦隊パステリオンを召喚しようというのか
あれ?違った?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:37:44 ID:sy9om1Y7
かわいければ生えていても許すがな、魔女っ娘。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:41:10 ID:qmXXfH8Z
まとめると可愛くて生えてる魔女っ子が触手でぬふぅか
あれ? ルイズは?

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:41:32 ID:vtu6u+Jt
誰か、誰かモモを、初代ミンキーモモを最終回から召喚してやってくれ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:41:50 ID:YGC8oger
>>292
実際、名前の由来はクトゥルーの「シュブ=ニグラス」だし。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:42:01 ID:w7h1wEJP
パステリオンは、流石に無理です。
生身で大気圏離脱して戦うことができ、最大パワーだと惑星破壊できるキャラは無理

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:43:50 ID:AoaTKPEQ
>>294
フルパワーだと恒星破壊できる魔法少女は反則過ぎる。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:44:24 ID:gE30Xheq
>>297
初代モモは人間になるからこそ意味があると思うんだ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:44:46 ID:e+lM9BFH
>>292

俺はおっぱいが恐ろしいから早く来い

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:46:07 ID:+gQMdMCK
実際には恒星破壊してないから超人ロック召還

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:47:32 ID:2vpn3sND
いくら強いといっても松沢ギャグ漫画だから戦闘に重みをほとんどつけなければいけるんじゃないかと思うんだが
う〜ん

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:48:31 ID:amiIbcHH
超人ロックは話が難しい。っつーかあれはある意味神以上だし。
ジャスティくらいで良いんじゃない?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:50:55 ID:41d4Z2SU
エルフは恐れられているけど、他の作品から引っ張るスレだから実のところ割と穏和なのが現れる場合が多い。
そこでモストデンジャラスエルフことアルダの核弾頭フェアノール ハルケギニアに降臨。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:52:04 ID:gE30Xheq
>>305
ニュウ・エイブくらいがちょうど良い。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:53:24 ID:flaBcdsm
>>306
メ ル コ ー ル 爆 ☆ 誕 !

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:54:19 ID:2vpn3sND
D-アーネは見た目ダークエルフだよね

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:55:20 ID:DUaIn+bf
メルコールは有り得ねえwwwwwwwwwwww

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:58:04 ID:sy9om1Y7
個人的には、原作で「時代に嫌われた人」を召喚して救済してくれるような流れが好みなんだが、
実際に書こうとすると難易度が高いんだよな。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:58:29 ID:+gQMdMCK
エルフに対抗するためにエルフを狩る者達召還

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:59:22 ID:MwsU0lws
>>312
やっぱ剥くんですよね?

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:00:34 ID:w7h1wEJP
関智キャラ召喚が増えますな

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:01:43 ID:3hWcUEph
>>311
とっさに思いついたのが周瑜だった件
確かに難易度が高いw

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:01:52 ID:+gQMdMCK
>>313
もちのロンでさぁ

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:03:43 ID:gE30Xheq
>>312
やっぱここはメイジを狩る者になってもらってだな

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:05:36 ID:9QrViGNt
>>317
ソーサラーハンターか?

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:05:39 ID:+gQMdMCK
ギーシュとの決闘でメイジはぬがーす!!
という淳平を幻視した

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:08:30 ID:MwsU0lws
>>319
タバサ「・・・新世界。」

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:10:15 ID:+gQMdMCK
>>318
爆裂ハンターの初期タイトルが
ソーサラーハンター爆裂仕置き人だったなああと思い出した

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:11:11 ID:P+iO4Jxo
どこに杖を隠し持ってるか分かったもんじゃないから
脱がすのは対処法としてある意味正しい気がするんだぜ

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:13:15 ID:sy9om1Y7
当然それくらいの対処はするだろうな。
時代背景から考えて、貴族であろうと犯罪者や捕虜なら人権問題は起こらないだろうし。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:13:33 ID:41d4Z2SU
この矢上な流れで青いボディのドッコイダー招来希望。小ネタでいいから。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:14:13 ID:1e2hgT5O
エルフを狩る者たちは見てみたいかも。
しかし帰る方法を探すために何を狩ればいいんだろw

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:14:42 ID:7FkaJzlS
少女マンガネタってあんまり無いな。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:15:49 ID:DRPOr5B1
ガイバーユニットでふと思ったけど
ゼロ魔世界の人間だとどのぐらいの増幅値になるのだろう?
降臨者に作られた人類だからこそ、あそこまでの強さになったという設定なんだが…
降臨者たちにとってはせいぜい老化防止+宇宙服くらいのものだったらしいし
いっそ始祖を降臨者にしてしまうか?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:16:11 ID:+gQMdMCK
セーラームーンとか呼ばれてもなあ・・・

329 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/25(土) 19:17:20 ID:uZlARXQ+
じゃあ投下する
数スレ前の1000の願いがかなわんことを

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:17:27 ID:gE30Xheq
>>325
そういや連中も無理やり召喚されて帰る方法を探してるんだよな。
ゼロの使い魔と親和性が高そうだな。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:18:14 ID:nBmam3B8
超!一級!支援体勢

332 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/25(土) 19:18:38 ID:uZlARXQ+

ヴァリエールV女〜ニューカッスルの城〜
グランパ曰く、このまま篭城を続けていれば王軍は10年は戦えるだろうが、その展開はありえ無い。
なぜならこのままではレコン・キスタは出だしから躓き、利益で繋がった結束が乱れ瓦解する。
聖地奪回のため援助していた某国の悪巧みもお流れになり資金回収もできなくなるので、そうなる前に切り札を切ってくるだろうとのこと。

敵、皇帝クロムウェルの手には虚無の秘法、アンドバリの指輪があるからである。
これを使えば死人は殺しても死なないゾンビ兵として蘇るし、300の王軍メイジがいきなり操られかねない。
いつの間にか王軍300、貴族派5万なんてありえない数の反乱になったように。
王軍が誇りを守って派手に戦って全滅してくれればレコン・キスタの圧倒的力と勢いのいい宣伝になるはずだったのだが、
あまりにも時間がかかるのなら秘法の使用で300をいきなり寝返らせる道を選ぶだろう。
あきらかに不自然で洗脳や秘法の存在を疑われるだろうが、背に腹は変えられないだろうとのこと。
後々のことを考えると、ここで戦って王と王子の死体を残すのもマズイことになる。
ゾンビ王子が姫との手紙の件をBALLSの通信機越しに世界中にカミングアウトするだけで、国辱モンの縁談破棄、同盟破棄だ。
よって、指輪を使われる前にどうにかすることが急務であるそうである。

ちなみにこの情報を集めてきたのはみんなのアイドルBALLS。
どこにでもいるので会議の盗み聞きや、奥様の井戸端会議までバッチリであるそうな。
アンドバリの指輪を奪うにはBALLSは弱すぎる。
それに、BALLSは基本的に人に直接的に危害を加えたがらない。
大量に人を殺す兵器を作るのは良いらしいのが変な話だ………。

と、そのようなことを私とグランパはお偉方の前で演説しました。やれやれ歓迎パーティーが盛り下がるわね。
アンドバリの指輪の件に関しては、ラグドリアン湖の水の精霊に中継が繋がっています。

現場のBALLSさーん

通信機のガラス板に水の精霊が出てきて、30ヶ月前にクロムウェルという男に指輪を盗まれたこと。
証拠隠滅に討伐隊が派遣されたことなどを話した。
指輪を取り返してくれるのなら、水の水位を上昇させることをやめよう。
あと、身体の一部も渡そう、とのこと。

そんな感じのことを淡々と語ってくれた。
誓約をつかさどる水の精霊が嘘をついたなどと聞かないから、こりゃ証拠として充分使えるだろう。
ところで水の精霊って縦ドリルロールだったのね。クラスメートに似てるな。
それにしてもこのレポーターの声、キュルケとモンモランシーに似てるわね。


通信が切れた後、動揺する王軍を前に、グランパは悪巧みを話し始めた。
準備と資材は揃っている。あとは、一発逆転の目にのるかそるか、だ。

話をきいた貴族たちはあきれた。こっち見んな。
ウェールズ王子様は何故か妙に乗り気だった。自重しろ王族。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:19:02 ID:8fsMDADF
>>326
そこで綿の国星からチビ猫召喚。
ヤベエ、未だかつて無い萌えか知れん……

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:19:34 ID:aCyeQ74O
sien

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:20:17 ID:nBmam3B8
支援支援。王族自重

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:20:17 ID:2d3+uf9D
>>328
オスマンやコルベールがセーラームーンになれば良いんじゃ無いか?

337 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/25(土) 19:21:16 ID:uZlARXQ+

次の日
BALLSもバカなら、レコンキスタもバカだ。
まさか何十メイルもある城壁には何百メイルもある破城槌を作って突破しよう!だとは。
ラ・ロシェールの港になってる大木、アノ船が木の実に見えるほどの木から削りだした材木を持ってきたらしい。貴重な文化遺産に何てことしやがるのだろうかコイツラは。
たしかにそれなら時間も距離も節約できるのだが、トリステインの通商には大打撃だ。
あの港の大木が倒れていなければいいのだが………トリステインもこれには大激怒らしい。
レコン・キスタはいずれトリステインもレコン・キスタの一部となるので、問題なし。という説明らしい。トリステインなめんな。
トリステイン陸軍、空軍、BALLSも使って傾いた大木の補強作業中とのこと。援軍は期待できない。
あのでかい御柱みたいなのが突進してきたらBALLS自慢の城壁もあっさりと突き崩されてしまうだろう。


間に合わないかもしれない。BALLSに作業を急がせた。
ギーシュも気絶してないで手伝え。


貴族派の破城槌の準備が整った。
レキシントンにご立派な衝角が取り付けられている。自重しる。
音に聞くアルビオン空軍の戦艦もかなりの数が姿を見せている。
今日で決めるつもりだろう。しかもここを持ちこたえてしまえば、指輪の洗脳攻撃が来る。
作戦開始だ!



ヴァリエール1号も動く!
今、ここ艦橋にはシエスタとギーシュはいない。別の部署に行ってもらっている。どうせ飛行長はいらないしね。
私自身は操舵席前に陣取っている。
私も艦長席で遊んでいたわけではない、操舵の訓練を予め受けていたのだ。
操舵を補佐してくれるBALLSと、何でも補佐してくれるBALLSのおかげでどうにか仮免クラスには操舵出来ている。


さて、ヴァリエール1号の出番だ。
「魚雷管1番から32番発射!」
「おう、1番から32番撃つぜ!景気良くておでれーた」

ヴァリエール1号の背中が開き、射出される弾頭が四方八方に散らばっていく。弾頭には凶悪な顔が書かれていた。
その弾頭は着弾すると同時に盛大に煙を吐き出し始めたのだ。
煙幕弾頭×32であります。
貴族派は視界を奪われ何も出来ず混乱状態だ。その中に適当にミサイルが打ち込まれるだけで混乱に拍車をかける。
スクウェアメイジの風の大竜巻も空気をかき混ぜるだけで、煙を吹き飛ばすには至らない。
なんせ幻獣のれーざーすら減衰させる煙幕弾頭は相当にしつこく、煙を吐き出し続けるのだ。



338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:22:18 ID:nBmam3B8
やはり話のサクサクっぷりが異常だ。BALLSはいつも予想の左斜め上

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:22:41 ID:+gQMdMCK
>>336
月が二つあるからセーラームーン技の一号力の二号になるのかなるほど

340 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/25(土) 19:23:32 ID:uZlARXQ+

煙をものともせず、破城槌を結びつけたレキシントンが迫る。
迎撃のミサイルはカッタートルネードで打ち落とされる。
破城槌が城壁に直撃。
あんなでかかった城壁があっさりと破壊された。あの大木は相当な硬さを誇っているらしい。さすがは世界遺産。
何度も槌がぶつかると、城壁は嘘のように崩れていった。
壊れた城壁部分に兵士たちが集結すると、一斉に城内に突撃する。
このまま城に入り、護衛の兵のいないメイジを数に任せて殺戮するのだ。

煙で視界が良くないが、このまままっすぐ行けば城に辿り着くだろう。

城に……………。
城に……………。


あ、城がないじゃん


ニューカッスル城のあったところにはぽっかりと穴が開き、アルビオン大陸の底が見えました。
そのさらに下のほうにはそのまま小さくなっていく城の影が………

兵士たちの顎が落ちた。



「では殿下、ご命令をお願いします」
「子供のころに思いついたこんなアホなセリフを言うことになるとは夢にも思わなかったな……
 
 ニューカッスル城、発進せよ!」

「アイ、アイ、プリンス」


ポ〜〜ン

              ニューカッスル城が出航しました!!



341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:24:31 ID:nBmam3B8
ちょwwwww支援

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:24:57 ID:2d3+uf9D
>>339
プリキュアもできるぞ。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:26:15 ID:WvzrUv9v
王子がノリノリとはこういうことか支援

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:26:26 ID:IYpE3Alj
ウェールズ王子がアームズの司令官に見えた

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:27:01 ID:gE30Xheq
>>326
パタリロがあるじゃないかw

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:27:35 ID:3Fx2krDE
すごいぞ、ラ○ュタは本当にあったんだ 支援

347 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/25(土) 19:27:47 ID:uZlARXQ+

城の真下についた大きな火を吹くブースターと穴掘りドリル、城壁から伸びるでかい羽根とプロペラエンジン、
城の屋根の上にはたくさんプロペラが回って揚力を稼いでいる。


ニューカッスル城はBALLSのおかげでめでたく浮遊大陸の浮遊城になったのである。


上にある増築された城壁に目を引き付けて、篭城すると見せかけて足止めし、
穴を掘って下から城ごと逃げ出すという古典的作戦だ。
掘った穴の土や岩は上にあるデカイ城壁の材料になっています。
この作戦の弱点は内通者。内通の可能性が少しでもあるものには教えられないし、他国のものを使うのもちょっとご遠慮願いたいとのこと。

城の穴掘りにはギーシュのモグラが役に立ってくれました。
崩れないように計算して掘った穴のスペースに、城を浮かすためのブースターを設置していく。
下に沈みながら逃げる城は、城を完全に覆うように作られた城壁が隠してくれるだろう。
この作戦は穴掘りの専門家、ギーシュ、の使い魔がいなければ成功しなかった作戦なのである。

ちなみに城の操縦はシエスタ・タキガワに。
スイッチが100以上やレバーが20以上あるフルマニュアルの操縦席を作ってもらって操縦している。
ここまで複雑化したものだとBALLSには操縦できない。そもそも戦闘機動は無理。
タキガワ一族のお家芸の見せ所である。
突貫作業だったので色々出るエンジンの不調に対応しながら、時々回避機動を混ぜながら城を飛ばしていく。
「3番エンジン不調、2分後に止まりますので修理に向かわせてください」
「了解!ワルキューレ1号行け!」
「5番プロペラ破損、丸ごと交換をお願いします。回避します!ご注意ください」
「了解!ワルキューレ2号3号!プロペラはソフトに担いでいくんだ!!」

エンジンの修理に駆け回るのはワルキューレだ。おびただしいBALLSを引き連れてプロペラやエンジンに走り、修理箇所を特定し命令出来る。
それをモニター越しに指示するギーシュ、この方法なら同時に7箇所の修理を指揮できる。
ギーシュが倒れに倒れまくって鍛え上げた指揮技能99が光る。
今のギーシュなら7対200ではなく、7対7を数十回繰り返す戦法を思いつけるだろう。


「5時の方向上空より竜騎士3接近きゅいきゅい」(モグラ)
300のメイジは迎撃だ。
城を追って飛んでくる竜や幻獣たち。
飛んでくる魔法を風でそらし、追ってくる竜を魔法と狙撃とミサイルで打ち落とす。
壊れた部分には土メイジがギーシュの戦法を利用してゴーレムを動かしてBALLSを向かわせる。場合によってはゴーレムそのものを資材として修理させる。

「魚雷管1番から8番発射!」
「おう、浮遊機雷8発発射したよ。おでれーた」
ヴァリエール1号は要所要所で囮になったり砲撃したりとしていました。
結構食らうが、ブロック構造と隔壁のためかダメージそのものは少ない。
シールド突撃ができれば一網打尽らしいのだが、あいにくとシールドは技術的に作れなかったらしい。

壊れて直るを繰り返すニューカッスル城。
城に戦力を集中させていたアルビオン貴族派は、城跡の穴が小さくて戦艦を追っ手にはできなかった。
まあそのまま穴を潜ってきてた船は罠にかかって沈んでたんだけどね。

次第に竜騎士追撃の数も減り、城は独走のまま退却できた。


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:28:20 ID:nBmam3B8
浮遊大陸に浮遊城…
FF3の世界ができるぞ支援。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:28:38 ID:BQlpyVoY
PJ<<こちらクロウ隊3番機PJ、可能な限り支援します!>>

>>319
マリコルヌ<<アッー!?ギーシュが犯られた!>>


350 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/25(土) 19:29:44 ID:uZlARXQ+

グランパ曰く、今はコレが精一杯、
この結果を受け止める私たちもいっぱいいっぱいです。


このまま城ごと脱出して、夜明けの船に習って逃げながら戦ってゲリラ戦と空賊行為で時間を稼いでもらい、その間にレコン・キスタの状況を悪化させる。
それと秘法の洗脳を解く手段も並行して探る。
このまま王軍を全滅させられず取り逃がせば、レコンキスタの支持者も増えにくいだろう。
城ごと逃げ出すなんてアホなもの見せられてはね。
王子も亡命して迷惑かけずにすむし、城からも逃げ出さないことになるので万事OK。城そのものは逃げましたが。
最悪でもこのままジリ貧で討ち死に、死体も有効利用されるよりはマシだろうとのこと。


プロペラをブルンブルン言わせながら飛んでいくニューカッスル城が夕日に赤く染まる。


BALLSのポッケは大きすぎらあ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:30:43 ID:lYhiz/sK
ヴェルダンデは素晴らしい使い魔支援!

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:30:58 ID:nBmam3B8
もうだれもBALLSに追いつけない支援…

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:31:22 ID:SERlTE/1
>>326
CCさくら・さくらカード編で
カードやケルベロスごと召喚されたさくらが
ルイズと一緒に成長していく話とか。

354 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/25(土) 19:31:37 ID:uZlARXQ+
投下完了
ルイズはとんでもないものを盗んでいきました。
それはアルビオン城です。
では、失礼します。

ps。
数スレ前の1000のへ、アルビオンは落とせなかったが、アルビオン城は落とせました。


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:32:57 ID:KoJ53UPs
>>354
うまい事いってんじゃねーよwww
乙&GJ!

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:33:43 ID:nBmam3B8
>>354
乙乙っ。


357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:34:30 ID:2d3+uf9D
>>354
GJ!

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:34:44 ID:6QGCppTe
ギーシュすげええええ
もぐらすげえええええ
もういろいろすげええ
ええええええええええ

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:35:19 ID:1e2hgT5O
>>354
これはGJ!とくにルイズw

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:35:22 ID:bNHh+rVc
>>354
誰がうまいことを言えとwwww
すげえよあんた、凄い変態だよ!!!(褒め言葉)

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:36:49 ID:K6XY1eQU
これはカオスすぐるwwwwwwwww


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:37:16 ID:w7h1wEJP
なにげない一つ一つがすべて伏線とは、
この作者は化物か!

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:40:53 ID:BqCf/9sK
ワグナス「浮遊城は楽しんでいただけたかな?」的GJ!

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:42:50 ID:wks4u6ma
さすがに城を飛ばすとは思わなんだwwwwwwww

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:43:06 ID:oKATXizU
>>354
GJ!
予想の斜め上を行く発想には吹いたw
相当な無茶をやっているはずなのに、無理矢理感がないのに驚いた

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:43:28 ID:uJxEyf3O
>>354
もう、すごいとしか言えない

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:43:41 ID:sWyOzKEH
GJ!
ところで337の
>ラ・ロシェールの港になってる大木
はえているのほうがいいのではないでしょうか?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:44:03 ID:DRPOr5B1
GJ!
某バカラ王子並の斜め上ぶりw


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:44:11 ID:Ix4IrfsR
「何という事でしょう」とリフォームの匠すら驚く展開乙

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:48:00 ID:NZT4w7cE
人海戦術かと思ったら、予想の右斜め上の5次元上を行かれて吹いたぜよ
GJ!

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:48:56 ID:uZlARXQ+
みんな乙
だれかに城ごと逃げるアイデアを使われる前にやらなければいけなかった
ここ数日のペースはそのせい。
アリスソフトファン多いみたいだからママトトが出てきたら絶対思いつかれそうだったしな

たしかに私は変態仮面も書いてるが支援


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:52:20 ID:7FkaJzlS
>ママトト
ああああああ!
ファンなのに気付かなかったorz

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:53:09 ID:lYhiz/sK
ノボル系作品において、『変態』は最高の褒め言葉さ!

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:53:43 ID:1e2hgT5O
>>371
ママトトやっても普通の城を空中城に改造するなんて思いつけないってw

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:55:08 ID:YGC8oger
ニューカッスル城がトランスフォームして巨大ロボになる日も近いなこりゃw

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:56:44 ID:wks4u6ma
>>375
それを聞いて奇岩城ってあったなーと思った

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 19:58:18 ID:Mmk2YXZU
>>375
1万円くらいする基地ロボは年齢一桁が遊ぶにはちょっと辛かったぜ。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:00:50 ID:SERlTE/1
>>376
怪盗ルパン?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:01:05 ID:w7h1wEJP
ママトトはしらないが、
「もう少しだ、大地の鎖を切れ」
「バンガード 発・進」
と出てきた

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:01:17 ID:U0VDIGMa
>>375
ドラグーンパレスや超機動大将軍か

あれ城状態でもヤバい戦力だしな

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:02:45 ID:wks4u6ma
>>378
ダイ大
魔王城機動形態w

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:04:24 ID:QapQpn3g
>>381
それは奇じゃなくて鬼だね

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:04:50 ID:Ix4IrfsR
>380
むしろフォートレスマキシマスな希ガス。

そして巨大化したおでれーたでレキシントンを一刀☆両断

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:04:54 ID:LYXi2ofg
>>854
GJ!!。この時点で歴史動かしてるしw。
人海だけじゃないグランパの戦術に脱帽

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:06:43 ID:B46DchYK
細かいことだけどダイ大は鬼岩城な
奇岩城だとアルセーヌ・ルパンが発見した隠れ城になってしまう

ふと思ったがアルセーヌ・ルパン召喚は面白いかもしれん
ユーモアがあって礼儀正しくて女に弱い正義漢な大泥棒
ただ能力が鍛えられた常人レベルなのが辛いな

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:07:25 ID:Kf/PWQxN
ちょっと待て・・・ギーシュ・・・
 働 か ず に 訓 練 ば っ か し て た の か

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:07:53 ID:qGTbEXRm
もう本当に馬鹿だな、凄く良い馬鹿

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:08:15 ID:41d4Z2SU
>>385
いや、原作は鍛えてない常人なんだから何も問題にならんだろ。
特殊技能に長ける分よっぽど便利だ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:08:17 ID:Idxam3Da
>>383
オデレータ=マスターソードかよ!w

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:09:55 ID:B46DchYK
>>388
まあそれもそうか
ここ見てるとわりとdでもなキャラばっかり出てくるんでついね

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:14:12 ID:SERlTE/1
能力的なことはガンダールヴ補正でなんとでもなるので
重要なのは性格的な部分だよね。
そこをどう表現するかが一番大事。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:15:01 ID:lYhiz/sK
なに、ハルケギニア住人のおつむのdでもなさに比べれば
12巻の水霊騎士隊とか(ry

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:17:01 ID:Idxam3Da
マルコメwww

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:24:13 ID:Max1O1MH
>>391
常人キャラだとガンダールヴ補正に引きずられる形になって
しまう恐れがあって細部に余程凝らないと
中、長編で常人を常人のまま活躍させるのは難しいのかも・・・

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:28:51 ID:fnJq2MnW
ガンダールヴを必要としない
戦闘以外の次元での強さ……

ラッキーマンや外道校長とか

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:29:51 ID:B46DchYK
>>395
つ京極堂

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:30:24 ID:li5/pE/5
飛んでるわけじゃないが黄金の砂海にダイブするフィガロ城の勇姿思い出したw

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:30:48 ID:nBmam3B8
ガンダールヴを必要としない
戦闘以外の次元での強さ……

男塾土地ごと召喚

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:33:19 ID:PUrbq0yC
カオスってレベルじゃねーぞ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:33:51 ID:SERlTE/1
>>396
頭脳系は輪を掛けて大変だよね。

ゼロのしもべを書いてる人は偉大だと思う。
光輝キャラは敵も味方も頭使うのがデフォだし。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:34:53 ID:8DGIeUWC
TRIGUNから呼ぶとしたらGUN−HO−GUNSくらいがちょうどいい戦闘力か?
いや、奴らでもヤバイか
でもサイボーグはメンテナンス必要だろうしなあ

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:36:27 ID:GuRuLD2Y
某SS掲示板にかかれてる、ゼロの使い魔フロントミッション、あれはなかなか
いい出来だった。 和輝のきゃらといい、よろしい。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:36:51 ID:V+n2vmaz
強さが問題ではないさ
ちゃんと描写できるキャラかとか、そのキャラが面白く動くシナリオ考えられるとか

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:37:16 ID:Kf/PWQxN
ガンダールヴを必要としない強さ・・・
妄想戦士ヤマモトのヤマモト?

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:38:04 ID:8DGIeUWC
すまん、sage忘れた

>>403
でもあいつらだとちゃんとキャラを描写するとまずギーシュが逝きそうだね
基本殺人狂だし

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:39:21 ID:ZToEUvff
ガッシュのデュフォー召還ものを書いてみようかなと思ってたりする>ガンダールウ必要としない

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:39:40 ID:sWyOzKEH
チラシの裏
兄貴キャラに比べて主人公(この場合ルイズ)のキャラ立ちが弱いと
成長してるのに成長して無いように感じる罠が
スパロボでしかマクロスを知らない自分には主人公が輝
だといわれてもピンとこないんだよね

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:42:54 ID:41d4Z2SU
日本語でおk

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:43:55 ID:Mmk2YXZU
え?主役ってフォッカーじゃないの?

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:45:12 ID:B46DchYK
>>398
やっぱり
虎丸「な、なんじゃあー!?あのギーシュとかいうキザ野郎が
手に持ってる薔薇の造花を振ったら土の塊の人形が出てきおったぞー!?」
富樫「バカ野郎!あれは土の塊じゃなくて青銅じゃあ!」
雷電「むう、あれは中国拳法で言うところの環瑠窮霊」
伊達「知ってるのか雷電」

――古代中国において〜(中略)〜なお、後に魔法使い達が作り上げる、
自分の意思のままに操る土人形をゴーレムと呼ばれるようになったのは、
この技の創始者の名前である強蓮武(ごうれんむ)からきているのは言うまでもない――
民明書房刊『魔法使いと中国拳法の共通点』より抜粋

桃「そっちがその気なら俺も使わせてもらう」
富樫「な、なんじゃあー!?桃がダンビラを振ったらギーシュの野郎と同じように
鉄の人形が出てきおったぞー!?」
雷電「むう、まさか桃殿があの秘伝を究めておったとは」
伊達「フッ、まったく謎の多い野郎だぜ」
飛燕「私たちはとんでもない大将を持ったものです」

というノリが毎回続くわけだな

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:46:35 ID:SERlTE/1
>>410
ハゲワロw

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:47:19 ID:Idxam3Da
>>410
で一段落して学園に来たら「お、おまえらー!」となると。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:47:21 ID:V+n2vmaz
何その
男塾 VS トリステイン魔法学院

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:47:44 ID:4tpYkiAd
>>410
何気に環瑠窮霊って上手いよな

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:48:27 ID:Idxam3Da
書こうとしたら毎回民明書房ネタを考えないといけないから大変だな。

416 :カービィの人:2007/08/25(土) 20:49:23 ID:IbRpMWdO
投下大丈夫ですか?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:49:46 ID:F2AWZ6yk
主役は輝だけど、先輩格のフォッカーとマックスが人間的にも戦力的にも強いから
そいつらと比べるとどうしても成長が分かりにくいってこと

スカル小隊はエース、天才、凡人の3人。ついでにパインサラダ
どれが主役っぽいかというとマックスが順当っぽい感じもするんだよなぁ

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:50:25 ID:oKATXizU
>>406
展開にもよるがいけるかも
単純な強キャラにならずに能力を要所要所で効率よく使えていけば面白そう

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:50:32 ID:DRPOr5B1
支援

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:50:49 ID:0/l8XmL5
子安コンボイ召喚なSS希望

たしかビ−スト戦士は動物と同サイズだし

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:50:54 ID:KoJ53UPs
投下モン!

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:51:01 ID:nBmam3B8
星の黴を支援するぜ

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:51:54 ID:F2AWZ6yk
民明書房は宇宙の神秘。そしてワープスター支援

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:52:10 ID:gE30Xheq
>>417
つうか、異性人との友好関係ってでかいテーマを張ってるのはマックスだし。
続編にも出演するし

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:52:28 ID:EgGkY8i/
>>402
今読み始めたけど文章上手いね

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:52:50 ID:gE30Xheq
ルイズの食費を心配しつつカービィ支援

427 :使い魔のカービィ 第9話:2007/08/25(土) 20:53:11 ID:IbRpMWdO
では55分から投下します!
今回はちょっと長いだけかもorz

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:53:45 ID:bTkWt8H3
カービィ支援

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:54:06 ID:gE30Xheq
将来はバイバイさるさんの規制の無い文芸サロン辺りに引越したいのう

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:54:17 ID:Mmk2YXZU
桃髪&桃球支援

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:55:16 ID:fnJq2MnW
あめあがりのしずく支援

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:55:19 ID:gE30Xheq
ラムネ&40のミルク、
食いタンの高野、
そしてカービィが揃って召喚されてトリステインの食糧庫が空っぽになる悪夢

433 :使い魔のカービィ 第9話:2007/08/25(土) 20:55:25 ID:IbRpMWdO
ギーシュとの決闘から数日後の朝。
カービィはベッドの中で惰眠を貪っていた。
基本的に、カービィがルイズよりも早く起きるということはない。
いつも先に起きたルイズがカービィを起こし、一緒に朝食へ行くというのがパターン化していた。
「カービィ! 起きなさい!」
今朝もやはりその繰り返しで、ルイズがカービィの被っていた布団を引き剥がした。
「ぽょぉ………」
眠い目を擦りながらゆっくりと起き上がるカービィ。
余談だが、前にこの光景を見たキュルケが「使い魔としての職務怠慢ね、どっちが主人だか分からないわ」と皮肉っていたが、ルイズは大して気に留めなかった。
何故ならば、大当たりなこの使い魔を、ルイズは周りが気にならないほど溺愛していたのだ。
優しさ、珍しさ、特殊能力、そして強さまで兼ね備えた使い魔を、どうしてルイズが卑下に出来ようか。
幼さを差し引いても、確実にトップクラスの価値がカービィにはあるのだ。
そういったことから、ルイズは溺愛するだけでなく、同時にカービィを誇らしくも思っていた。
そのためどうしてもカービィには甘くなってしまう節があり、自身が打ち立てた教育方針などとうの昔に忘れ去っていた。
……話しを戻そう。
ルイズはカービィをベッドから下ろすと、しゃがんで目線の高さを近づけた。
その顔はどこか嬉しそうである。
「カービィ、今日は街に行くわよ」
「ぽょ?」
ルイズの提案に、カービィは大きく首を傾げた。

今日は虚無の曜日、週に一度だけ来る休みの日だ。
ルイズは今日がカービィと更に絆を深めるための良い機会だと思い、街へ買い物に繰り出そうとしていた。
しかし、街へ行くのは何もカービィとの絆を深めるためだけではない。
先日のギーシュの決闘以来、ルイズはカービィの能力を『剣を吸い込むと剣士になれる』という限定的なものだと誤認していた。(あながち間違いではないが)
そのためカービィ専用の剣を買い与え、いつでも力を遺憾なく発揮出来るようにしようとしていたのだ。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:56:10 ID:oKATXizU
ピンクの丸い物体支援

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:56:19 ID:uu1aJ9a4
ピンクの悪魔支援

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:56:46 ID:gE30Xheq
ルイズのお小遣いが切れそうです支援

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:57:16 ID:B46DchYK
プラズマとヨーヨーが使い勝手よかったな支援
>>424
一瞬ウルトラマンマックスかと思った

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:57:19 ID:Gpa2yxFQ
まぁ石ころ食べて自分も石になるなんて普通は想像できんわなw
支援

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:57:29 ID:Idxam3Da
デルフ追悼支援

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:57:37 ID:fnJq2MnW
はるかぜのむすこ支援

441 :使い魔のカービィ 第9話:2007/08/25(土) 20:57:48 ID:IbRpMWdO
――しかし、ルイズは気付いていない。
決闘の時カービィが吸い込んだ剣がそのまま彼の腹の中にあることを。
そしてカービィは今まで、吸い込んだ物を吐き出した事があまりないことを。
総じてカービィ専用の剣に大金を注ぎ込んだ場合大損する可能性があるのだが、ルイズは知る由もなかった――
そんなこんなで寝ぼけ眼のカービィを連れて部屋を出たルイズは、まずシエスタの所へ向かった。
平民の常識や物の価格の相場が分かっている彼女に買い物の付き添いを頼むためだ。
決闘以来変わったことは、ルイズからカービィへの評価だけではない。
ルイズとシエスタの仲にも変化が生じていた。
一般的な『貴族』と『使用人』の関係でしかなかった2人だが、この数日で急激に親好が深まっている。
身分云々の問題はあれど、両者はお互いを『良い友人』と認め合っていた。
そんなルイズの頼みをシエスタが断る筈もなく、二つ返事で快く了承していた。
こうして買い物支度を整えたルイズ一行は、一路街へ向かって借りた馬を走らせた。
そして走行すること数時間。
一行は目的地――王都トリステイン城下町へ到着した。
乗ってきた馬を駅に預け、街への入り門を潜る。
その先の光景に、カービィは目を見張った。
「ぽよぉーー!」
白い町並みはたくさんの人が行き交い、道の両端には数々の店が軒を連ねている。
店だけでなく屋台や露天商も見受けられ、ププビレッジよりも賑わいがあった。
流石は王家のお膝元である。
ルイズは財布をシエスタに預け、これから先の予定を確認し始めた。
「とにかく、まずは武器屋ね。たしか武器屋は……」
「ぽよぉっ!」
「? カービィ?」
ルイズが急に大声を出したカービィの方を見ると、ある一点を見つめて固まっている。
顔を見合わせる2人を余所に、カービィは走り出した。
「ぽよー♪」
「あっ、ちょっとカービィ!」
止めようとルイズが手を伸ばすがかわされる。
残された2人は仕方なく跡を追った。
が、カービィは案外あっさりと野菜の店の前で立ち止まった。
走るまでもなく2人は追いつき、ルイズがカービィを抱き上げる。
「一体どうしたっていうのよ?」
「スイカ♪ スイカ♪」

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:58:38 ID:2d3+uf9D
>>432
神楽とヤコは?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:58:48 ID:YVXU87eV
カイバーマン召喚とかどうだろうか

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:59:01 ID:uu1aJ9a4
その昔ゲーム版プレイしていた支援

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:59:07 ID:qmXXfH8Z
鏡の大迷宮見付けたが箱説明書付き2480円は高いのか安いのか支援

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 20:59:24 ID:nBmam3B8
丸いもの支援

447 :侍の使い魔:2007/08/25(土) 21:00:23 ID:uu1aJ9a4
デルフ逃げてー支援

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:00:39 ID:Tr9U1j/v
>>402
あの作品、作者によるとこのスレに投下されてたかもしれないのだよなぁ。

449 :使い魔のカービィ 第9話:2007/08/25(土) 21:01:04 ID:IbRpMWdO
「スイカ?」
そう、スイカだ。
店の軒先にはたくさんのスイカが並んでいた。
カービィはそれを一生懸命指している。
「もしかして、スイカが好きだったんですか?」
「ぽよっ♪」
カービィはこの世界に来て以来、大好物のスイカを食べていなかった。
前の世界ではそれこそ毎日食べていた物を急に食べれなくなったのだから、少し寂しい思いをしていた。
「1個どうです? お安くしときやすぜ?」
いつの間に出てきたのか、営業スマイルを浮かべた店主がそこにいた。
『まあ、1個くらいなら』と思い、ルイズはスイカを選び始める。
「じゃあ、この一番大きいの」
「あ、待って下さい」
シエスタがルイズを制し、一歩前に出る。
そしてスイカを1つ1つ軽く叩き始めた。
その様子にルイズは頭の上に幾つも『?』を浮かべる。
「何してるの?」
「音ですいかの善し悪しを見極めてるんです………これをください」
「はいよ、毎度あり!」
ルイズにはどれも同じ音に聞こえたが、シエスタには違いが分かったようだ。
満足したような表情で、選び抜いたスイカを購入していた。
「どうぞ、カービィさん」
「ぽよおぉー♪」
「随分詳しいわね?」
「父から教えてもらったんです。他にも買い物の豆知識は色々と」
「へぇ。今度、私にも教えてくれる?」
「ええ、ルイズ様なら喜んで」
微笑み合う2人。
その横で、カービィがスイカを丸呑みにしていた。

「ん〜、なんかいいのがないわね」
寄り道はあったが、武器屋にやって来たルイズ達はカービィ専用の剣を見定めていた。
しかし素人しかいない一行に剣のことなど分かるはずもなく、とりあえず店主に見繕ってもらった品々を眺めていた。
「なら、これなんてどうです? この長さではうちで一番の業ものでさあ。なにせこれを鍛えたのはかの高名な錬金魔術師のシュペー郷で、魔法が掛かっているから鉄さえ一刀両断。武器としても装飾としても一流の品でして」
そう言って店主が手に取ったのは数字の『T』を思わせるデザインのショートソードだった。
随所に豪華な宝石があしらわれ、鍔は黄金で出来ている。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:01:57 ID:2d3+uf9D
そういや「スイカが食べたい」というRPGがあったな支援

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:02:01 ID:F2AWZ6yk
>>445
ある時に買うのがいいんじゃないかな。そんな高いとも思えないし
支援

452 :使い魔のカービィ 第9話:2007/08/25(土) 21:03:31 ID:IbRpMWdO
ルイズは店主のセールストークと剣の美しさにすっかり魅入っていた。
「いいわね、お幾ら?」
「へい、新金貨で千五百になります」
次の瞬間張り手を食らったように正気に戻されてしまった。
「し、新金貨千五百っ!?」
「立派な屋敷が買えるじゃない!」
ルイズとシエスタは財布の中身を再確認し、頭を抱えた。
財布の中身……新金貨百枚。
新金貨千五百などとてもじゃないが手が届かない。
「弱ったわね……新金貨百枚しか持ってないわ」
「ルイズ様、とりあえずそれで買える剣を買うしか……」
「惜しいけどそうするしかないわね……まあ、剣なら何でもいいわけだし」
「『剣なら何でもいい』だぁ? ふざけんな! んな所持者のことも考えない買い方すんならとっとと出てけ! てめぇに武器を買う資格はねぇ!」
苦々しい表情で財布と相談していた2人と遊んでいたカービィの元へ、どこからともなく怒鳴り声が飛んできた。
「ななななな、なんですって!? 貴族に向かってなんて口の利き方なの!?」
ボロクソに言われたルイズはその声の主にキレ、睨みを利かせて周りを見回した。
しかし、声はせども姿は見えず。
彼女の周りには相変わらず数々の武器が鎮座しているだけだった。
「誰もいない……?」
「やいデル公! お客様に向かってなんて物言いだ!」
「ぽよーーー♪」
「うわっ! な、何しやがる!」
店主が剣の山に向かって怒鳴りつけると同時に、カービィが数ある剣の内の1本を手に取り嬉しそうに店内を駆け回った。
シエスタはカービィが何をしているのか疑問に思っていたが、ルイズはそれを見てふと思い出した。
魔法で作られた『喋る剣』という物が存在することを。
「あれって……インテリジェンスソード?」
「へい。どうにも口が悪くて全く売れず、逆にお客様に喧嘩を売る始末。誰が考えたんでしょうねぇ、喋る魔剣なんて……」
「ぽよよいぽよよい♪」「おいっ! おもちゃじゃねぇんだ! そんな風に振り回すんじゃ……ん?」
自分を振り回して遊んでいるカービィに一発怒鳴ってやろうとした剣だが、カービィに『何か』を感じ取った。
剣を振り回していたカービィも、急に喋らなくなったため不思議そうな顔をしている。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:04:38 ID:4tZb44Bd
カービィがルイズを吸い込みしたらクラッシュになるかな的支援

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:04:52 ID:Gpa2yxFQ
喰われるぞwww
支援

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:04:54 ID:Mmk2YXZU
>>445
もうちょっと安値探した方がいい支援

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:05:05 ID:Idxam3Da
残念!その丸いのは使い手じゃなくて食い手だ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:05:34 ID:rWfFO65Z
さらばデルフ…

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:06:08 ID:PUrbq0yC
ここはデルフの告別会か何かですか?

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:06:18 ID:gE30Xheq
もしかして今までの中で一番不幸?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:06:30 ID:Mmk2YXZU
デルフの口調でトッコリ思い出した支援
やきとりー

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:06:48 ID:lDQ5AljK
デルフ死亡フラグw

462 :使い魔のカービィ 第9話:2007/08/25(土) 21:06:54 ID:IbRpMWdO
しばらくの沈黙の後、剣が何かを見切ったように喋り始めた。
「……おでれーた。てめぇ、そのナリで『使い手』かよ」
「ぽよ?」
「『使い手』? 何よそれ?」
「んなこたぁどうでもいい。とにかくてめぇら、俺を買え」
「はぁ!? なんであんたみたいな口の悪い剣を買わなきゃいけないのよ!」
「ほぉー、そうかい。でもこいつは俺を気に入ったみたいだぜ?」
剣は勝ち誇ったような声でルイズに高圧的な態度を取る。
否定したいルイズだったが、カービィの嬉しそうな表情を見ると言葉が詰まった。
甘やかしの影響がこんな所に出るとは、何がどう転ぶかわからないものだ。
「えと……あの剣はお幾らですか?」
とにかく値段だけでも知ろうと、店主に訪ねるシエスタ。
その問いに店主は即答した。
「あれなら新金貨100で結構でさ」
「えっ、随分お安いんですね」
「サービスですよ。こっちとしても客に因縁付けるようなオンボロを引き取って貰えて清々出来ますからね」
店主の言葉になるほど頷くシエスタとルイズ。
しかし
「でも、この長さじゃカービィに持たせるのは無理ね」
「ちょ、ちょっと待ってくれよ! こいつだってこんなに俺のこと気に入ってんだろ!?」
ルイズの一言に剣の声に焦りが混じり始める。
その後も剣の説得と悪態は続いたが、ことごとくルイズは却下した。
このままでは本当に不味いと剣が感じ始めた頃、意外な場所から助け舟が出た。
「あの、でしたら私が背負いましょうか?」
ルイズと剣が言い争う横で、シエスタがそっと手を挙げる。
「えっ?」
「そりゃあいい! 必要な時、丸っころにはオメェさんから俺を渡してもらえばいいしな!」
しめたとばかりに剣が話し出す。
ルイズはそれを叱咤して制止させた。
「大丈夫? ボロなのに意外と重いわよ?」
「普段から掃除や洗濯で足腰は鍛えてますから、大丈夫です」
シエスタの言葉にルイズは考え込んだ。
その間にも剣の熱い視線(のような念)が突き刺さる。
しばらく悩み……ルイズは遂に押し負けた。
「はぁ……分かったわよ、買うわ」
「毎度あり! 今鞘をご用意しますぜ!」
そう言うと、店主は再び店の奥へ消えた。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:07:15 ID:Idxam3Da
>>458
通夜会場です支援

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:07:19 ID:rWfFO65Z
>>459
まだ変態仮面が控えてるからなんとも言えんがw

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:07:19 ID:aY5w6zHH
むーざんむーざん
当麻に消された時とどっちが不幸かな

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:07:26 ID:3nKVQXZP
ふと、うしおととらに出てきた妖怪思い出した・・・

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:08:16 ID:Mmk2YXZU
イズナですか?

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:09:17 ID:fnJq2MnW
そういや漫画版だと喰われたプププランドの住民はカービィが寝ると
口からわらわらと出てきて家に帰ってたなぁw支援

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:09:41 ID:3nKVQXZP
>>467
なんだっけ? 喰われて消えた妖怪

470 :使い魔のカービィ 第9話:2007/08/25(土) 21:09:57 ID:IbRpMWdO
ルイズは未だに納得していないが、仕方なく観念したようだ。
剣の方に向き直って話し掛ける。
「あんた、名前は? まさかデル公なわけないでしょ?」
「当たり前だ! 俺はインテリジェンスソードのデルフリンガー。デルフでいいぜ。よろしくな、娘っこ達、それに相棒!」
「ぽよっ♪」
カービィはデルフを掲げると、また振り回して遊び始めた。――一方、トリステイン魔法学院の宝物庫入口の前。
宝物庫の扉を触りながら、苦々しい表情を浮かべる人物がいた。
オールド・オスマンの秘書、ミス・ロングビルである。
彼女は宝のリストを作ると偽り、この場所でコルベールから宝物庫と宝について説明を受けた処だった。
「まったく……固定化は強力だわ、厚さ5メイルの壁を使ってるわ、こんな設計をした奴は馬鹿だね、賊泣かせにも程があるよ」
今まで何度か『錬金』を試してきたが、結果はいつも同じ。
かすり傷がつく程度で、壁を破るなど夢のまた夢だった。
「あのツルっ禿……『物理衝撃が弱点』? こんなトンデモ設計じゃそんな理論何の意味もないじゃないかい」
色仕掛けを使いコルベールから色々情報を仕入れたが、『固定化』と『5メイルの壁』を突破する術までは聞き出すことができなかった。
『物理衝撃が弱点』というのも、コルベールの予想に過ぎないことから信憑性は微妙だ。
難攻不落とも言える宝物庫に、ミス・ロングビルは頭痛がしそうだった。
しかし、コルベールの情報の中に、そんな頭痛を吹き飛ばしてくれそうな物が1つだけ存在した。
それは『煌めきの星』という、つい最近宝物庫に入れられたマジックアイテムの情報だった。
コルベールが言うには膨大な力を秘めており、宝石とは違った美しい輝きを放っているらしい。
誰も使い方が分からないにも関わらず、この秘宝を欲しがる貴族は引く手数多だそうだ。
「『煌めきの星』ねぇ……こりゃイイコト聞いた」
先程までの苦悶の表情が一変。
口元はつり上がり、女狐のようにずる賢い『怪盗』がそこにいた。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:10:07 ID:4tZb44Bd
デルフ「もう二度とピンクボールに買われたりしないよ。
今考えると………ゾッとするね…。」

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:10:22 ID:Fh9G2121
大丈夫。このスレでデルフが喰われるのは二度目だ
一度目は林檎さん

473 :カービィの人:2007/08/25(土) 21:11:31 ID:IbRpMWdO
投下終了!

次回は………デルフ、本当にありがとうございました

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:11:33 ID:Gpa2yxFQ
剣は剣でもマスターソードや虹の剣って例外もあるから、デルフがそれらと同じレベルまで扱われば…
うん、言ってて無理な気がしてきた。
ワープスター支援

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:12:19 ID:gE30Xheq
デルフリンガー死亡確認!

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:13:06 ID:Mmk2YXZU
>>472
それは再生前提だからマシだとおも。
こっちは気が狂ってもおかしくない異空間だからなぁw

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:13:14 ID:fnJq2MnW
>>469
もしかして西の蛇妖か?
一つ鬼に喰われた

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:13:31 ID:oFKqZqL6
普通に剣を握ってもソードカービーになれる……よな?
メタナイトの逆襲でのメタナイト戦では普通に剣を取ってたわけだし

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:14:10 ID:Tr9U1j/v
デル公ならおでれーたで済ませてくれるさ・・・多分

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:15:41 ID:3nKVQXZP
>>477
それそれ名前が出てこない・・・

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:15:47 ID:41d4Z2SU
今回はまだ食べられなかったか。
しかし杖呼ばわりされてないと言うことはワープスターか何かか?

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:15:51 ID:+ccONgZz
吸い込まれてもヘルパーになって出てくるとか

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:15:52 ID:Mmk2YXZU
>>478
ゲームとアニメは違うんで。
放映してた時期的にSDX準拠だったけど。

わりと無茶な物を吸い込んで変身してたのにトライして欲しい乙

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:15:54 ID:DMOjRQs/
食った後出せばいい。もちろん星じゃなくてな。

485 :英雄は二度死ぬ:2007/08/25(土) 21:16:01 ID:4WxCxL2z
投下してもいいですか?

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:17:45 ID:Mmk2YXZU
まあ、マスターソードもといギャラクシアンも吸い込んだ後に手から出てきたから無事かもシレンなw

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:17:52 ID:0/l8XmL5
手足の生えたヘルパーデルフ

これで変身は二度目か?

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:18:06 ID:PUrbq0yC
二回死んだ英雄ってダレー?
とまともにwikiみてない俺が来ま支援

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:20:12 ID:IYpE3Alj
えいゆうじゃない、ひでおと考えるんだ

490 :英雄は二度死ぬ:2007/08/25(土) 21:20:57 ID:4WxCxL2z
大国ガリアとの最終交渉は決裂し、もはや戦争は避けられない状勢に陥った。
姫殿下の青き失策により、ゲルマニアとの同盟も気泡に帰したトリステインは七倍の戦力を誇るガリアに一国で臨まなければならない。
空の大国アルビオンは、先のタリブ会戦で、トリステインとの関係を劣悪なものにしていたが、かと言ってガリアに与する動きも見せず、中立の姿勢を守り続けた。
自国支配によるハルケギニア統一を目指すアルビオンは、この動乱を静観し、弱り切った勝者を捩伏せる腹積もりなのだ。

そして、遂に戦端は開かれる。

第三国は、数で圧倒するガリア優位に戦局は進行すると睨んでいた。
しかし、一人の英雄がそれを許さなかったのだ。


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:21:31 ID:4tZb44Bd
カービィに食われるデルフの悲痛な叫びが聞こえたような気がする…


デルフ「お…おいガキども、ちょっとこっち来な。ちょいとおれを向こうに運んでってくれ
あ…待って! どこへ行くの………?
おっ、そこの兄ちゃん、お願いだ、おれを向こうまで連れてってくれっ。
まっ、まて、見捨てないで兄ちゃん! あのピンクボールに食われてしまうんだ。
たっ………助けてくれーっ!
見捨てないでーッ!
ヒィィィィィ食われちまうよーっ!!」

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:21:53 ID:Fc027vs6
>>480
四分守か

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:22:43 ID:2SG0r62s
007かな? 支援

494 :英雄は二度死ぬ:2007/08/25(土) 21:23:22 ID:4WxCxL2z
大地を覆い尽くす焔によって朱く照らされた夜空に、月が二つ、怪しく光る。
喧騒と怒号が入り交じる戦場の各所で残酷な徒花が咲き誇っていた。
戦況を一望できる小高い丘に設置された牛革製の天幕に、トリステイン王国軍指令部が敷かれていた。
ガリアの猛攻に動揺しきった士官達を、今まさにテントの中へと入り込んできた桃色髪の女が一喝する。彼女は、その背にくたびれた赤いひたたれを纏っていた。

「うろたえるな。寧ろ、教えてやりなさい。……ここに誰がいるかをね!」

士官達は女に向かい慇懃に膝を落とした。
女はその場にいる全員を見据えた後、机の上に広げられた戦図に目を落とす。

「グラモン元帥、戦況は?」

グラモンと呼ばれた金髪碧眼の青年が不敵な笑みで応える。

「ヴァリエール将軍閣下。残念ながら戦況と呼べる程の展開を呈してはおりませぬ。今はただ、野戦下手のガリア供が夜陰を舞台に、見るに耐えない滑稽な火の舞を披露しているに過ぎないのですから」

ヴァリエールは腕を組むと、グラモンの言葉に満足そうに頷いた。

「よろしい。つまり、我等の眼下に広がる松明の燭、一つ一つが全て敵というわけね」

「はっ。その数、およそ七万」

「相手にとって不足はないわ。いつもの様に、奴らを時空間ごと吹き飛ばす…!」

ヴァリエールは椅子に腰掛け、なまめかしく両足を組んだ。清楚な色気が周りに振り撒かれる。

彼女は頬杖をつき、妖艶に笑った。

「彼等は、私を誰だと思っているのかしら……?」



これは運命と戦い続ける男の物語。
その男は欲望に忠実に、奔放に生き、仲間を愛して、自由を目指し、そして、唐突に散った。

それでもルイズは生き続ける。

生き続けなければならない。

495 :英雄は二度死ぬ:2007/08/25(土) 21:25:50 ID:4WxCxL2z
彼は本当に変わった人だった。
根拠のない自信に満ち溢れ、道理を無茶で吹き飛ばし、いつも豪快に笑っていた。
私はそんな彼の事が好きだった。
痛快で、それなのに朴訥さを感じさせる彼の声が大好きだった。
だけど、彼を使い魔にしてから間もない頃、私は彼の事が苦手だった。
人の心に土足でずかずかと上がり込む彼は、友達の少なかった私にとって、受け入れ難い存在だったのだ。
そんな彼を見直したのは、錬金を題材にした授業の最中、私がいつもの様に盛大な失敗を侵した時だ。
沢山の罵声と嘲笑を浴びせられ、私の心はくたくたになってしまった。
俯いて、油断をすれば零しそうになる涙と必死に戦っていた私に、彼が言った。

「上を向いて歩け、ルイズ!」

「……カミナ」

「カミナじゃねえ。兄貴って呼べ」

「何を言うのよ…?それにあんた私と同い年じゃない」

彼の右手が私の肩を掴んだ。

「そういう事じゃねえ。俺達は魂のブラザー、ソウルの兄妹ってことじゃねぇか。つまんねえ奴らが何を言おうが気にすんな!あの爆発、凄かったじゃねえか」

私の肩を握る大きい手を振り払い、私は彼を睨み付けた。

「馬鹿にしてんの?」

彼は大袈裟に溜息をつく。

「何を言うかと思えば…。いいか、良く聞けよ?」

私の背に左手を回すと、彼は人差し指を天に突き付けた。

「お前の魔法は天を突く魔法なんだよ!」


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:27:57 ID:63dufA0q
兄貴支援

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:27:57 ID:lXXZvlly
お前の魔法で天を突け支援

498 :英雄は二度死ぬ:2007/08/25(土) 21:28:24 ID:4WxCxL2z
こいつは何をぬかすのか。私は強烈な偏頭痛を感じずにはいられなかった。

「なんで?」

「俺には分かる。理由は聞くな」

「つまり、説明できないってことでしょ?」

「言葉に出した途端、滑稽になる想いもある。だから、あえて言わないんだよ」

「今、わかった。あんたなけなしの馬鹿だ」

「馬鹿だと?おうおうおう。てめぇ、右手を伸ばしゃあ、天をも掴むこのカミナ様に向かって馬鹿と言ったのか?」

理由は分からないけど、彼とのやり取りが可笑しくて仕方がなく、私は思わず笑みを零した。

「ごめんね、カミナ」

彼の拳が震える。異様な迫力に圧倒された私は壁に背をつけた。

「兄貴だ」

「え…?」

「兄貴と呼べと言ったろ」

たぶん、私の頬は蒸気していたと思う。

「わかったわよ。……お兄ちゃん」

499 :英雄は二度死ぬ:2007/08/25(土) 21:29:44 ID:4WxCxL2z
投下終了です。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:30:21 ID:QapQpn3g
将官のルイズの方が元帥位のグラモンよりも高位なの?

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:30:27 ID:gD81CFph
お兄ちゃんと申したか

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:32:46 ID:BQlpyVoY
英雄・・・ひでお・・・・・・ジャス学に出てくる肩アーマー先生か?


503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:34:03 ID:wbAUiZkD
>>130
あいつ簡単に首が取れちゃうからなあ
メンテナンスしてもらえない世界じゃすぐに壊れきっちゃうんじゃないか?


>>136
パンツァードラグーンか
ホーミングレーザーで戦艦も落とすドラゴンというのは使い魔としては大あたりだろうけど、
ちょっとDODのアンヘル召喚と方向性がかぶるな。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:34:22 ID:63dufA0q
カミナの人GJ!

そういやカービィはデルフ喰ったら魔法吸収し放題になるんじゃね?
ハルケギニアじゃほぼ無敵だな

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:34:29 ID:BMEHaYz0
グレンラガンだろうけど元ネタは書いた方がいいんでない

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:34:47 ID:sy9om1Y7
>>500
貴族としての地位と軍人としての地位は別だし、余計ないざこざを起こさないように、
自分より爵位が上の貴族の子弟にへりくだって見せる程度の処世術は心得てるんじゃね?

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:35:05 ID:BQlpyVoY
支援・・・orz


508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:35:37 ID:WeeGeNA3
>>500
そういうこともあるだろ
グラモンは参謀だとか



509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:36:36 ID:pMiutEbk
擁護必死w

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:37:12 ID:BqCf/9sK
>>402
詳しく頼む。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:37:23 ID:BnLNSuaP
>>482
SDX準拠ならコピー?ヘルパー化?ヘルパーアイテム化
で元に戻れないかな

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:37:57 ID:oFKqZqL6
>>503
でも、あいつって本格メンテが必要だったのって
春に水に浸かってた時ぐらいじゃなかったっけ?


513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:40:02 ID:ufpPJu14
>>508
ねーよw
元帥位の参謀ってどんなだよw

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:40:48 ID:gE30Xheq
そういや米ってあったけ?

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:41:24 ID:t5CYOiex
>>506
元帥と将軍でそんな事やってる軍じゃ、指揮系統メチャクチャだな。
普通に負けるわ。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:42:44 ID:PJZqTVf8
>>499を見てふと考えた。
多分誰でも考えるだろうけど。

ルイズ=16歳
タバサ=15歳
ヨーコ=14歳

………………なんだこの圧倒的な戦力差は!

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:42:52 ID:8hBYgU44
今後の参考のために聞いときたいんだが、よく話題になる「ハルケギニアでロボットの整備&燃料補給」を
やってのけてる作品は無かったかね。小ネタかなんかであった気もするんだが。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:43:10 ID:rOxaMmyV
指揮権の一本化出来てない時点でアレだよなぁ。
軍制をなんだと思ってるのやら。

おっそろしいことに、ノボル世界は原作でも素でそういうことにしそうだけどw

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:43:28 ID:V8qu6tfD
貴族って戦争に出ることで統治権主張してる一種の軍事政権なんだから
貴族としての地位=軍人としての地位でほとんど変わらないんじゃないか?
より正確には軍人としての地位=貴族としての地位

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:44:40 ID:F2AWZ6yk
萌えの一本化さえ成り立ってればゼロ魔

・・・何だか最近本気でそう思えてきたから困る

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:46:34 ID:nBmam3B8
ヨーコっていうから宇宙戦艦ヤマモトヨーコが頭に浮かんだ
戦艦無しで呼んだら多分はずれだ

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:46:49 ID:rOxaMmyV
>>519
流石にギーシュの家よりもルイズの家の方が格上だろうけどな。
ルイズの母親もトリステイン最強のメイジらしいし。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:47:01 ID:hHauSuvr
>>517
BALLS達は自分でやっていると思われる。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:47:13 ID:gE30Xheq
ゼロ戦が使用できるんだから、同じく太平洋戦争時代の技術で作られてるロボットなら大丈夫だろう。

つうことで鉄人28号を。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:48:23 ID:IS4zpNNQ
>>510
理想郷に投下されてるやつだな
バックパックにリペアパーツ搭載されてる設定だから修理は可能らしいけど、動力はどうするのかは不明

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:49:04 ID:WMq6GzBJ
犬とかは?
奥羽野犬軍団とかさ

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:49:29 ID:qmXXfH8Z
超力超神だっけ?
刀一本でズンバラリンされたトランスフォームする戦艦は

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:49:36 ID:sy9om1Y7
>>515
いくらへりくだって見せても、上官の命令は絶対という原則さえ守れば、問題はあっても限定されると思うが―――
だけど、状況として「敵が来た」タイミングだからな。
平時ならともかく、戦時にこれじゃ確かにまずい。

しかし、ルイズが「いつものように」と言っていることから察するに、
虚無魔法で敵軍を吹き飛ばした経験が結構な回数存在するわけで、
あるいは原作よりえらくなっているのかも。

まぁ、それでも先任の元帥を従えるという状況は、それこそ国王クラスにならないと難しいと思うが、
アンリエッタからじきじきに最高指揮権限を譲渡されているとか―――
ごめん、かなり無理がある。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:50:21 ID:lXXZvlly
>>524
光武とメタルダーも該当するな

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:51:26 ID:qGTbEXRm
>>524
そこでミカドロイドとか浮かんでくる俺の頭はどうかしてる

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:51:27 ID:Idxam3Da
>>529
ミカドロイドもなw

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:51:29 ID:t5CYOiex
>>522
しかし継嗣ならともかく、ルイズは三女だから一人立ちしたらそう偉くも無いんだよな。ギーシュもだけど。
将軍や元帥なら宮廷貴族として伯爵くらいは下賜されるかもしれんが、流石に公爵ってのは無いと思う。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:51:39 ID:V+n2vmaz
むしろならば聖徳太子が作ったロボならば問題無くいけるって事だよね?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:54:09 ID:Idxam3Da
>>532
虚無魔法に使い手だと今までの功績といっしょに公表すればいいぞ。
アン様は三巻の功績で大公の地位を与えるつもりだったし。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:56:36 ID:lQgf8w9t
虚無魔法に目覚めたルイズなんで特殊な権限と地位を与えられていると言う考えもあるが
やっぱ無理がある…か
なんか上手い具合の屁理屈かんがえよーぜ。

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:56:50 ID:axELDHst
あー、今日もノボル叩き厨が必死でウザスウザスだな
こいつら死ねばいいのに

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:57:13 ID:F2AWZ6yk
>>527
ありゃライドウの方がおかしいwww
デビルサマナーが召喚されるのは難しいか。ヴィンダールヴと被るし
やっぱり悪魔単体(ご立派なコクマの王)とかの方が・・・魔王ラーフ?

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:57:28 ID:t5CYOiex
>>534
ああ、そういえば王位継承権も貰ってたっけ?借りて一度読んだだけだから記憶が曖昧だ。


539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:57:31 ID:sy9om1Y7
ごみの山からロボットを作り上げた某研究所の三博士とか―――

まぁ、ゴミとはいえ電化製品とかもあっただろうから、完全にゼロから作るのは無理かもしれんが。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:57:47 ID:gE30Xheq
>>529
紅蘭を召喚すれば光武を作って花組結成とかするか

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:59:33 ID:Idxam3Da
>>538
11巻でアンリエッタと姉妹の関係になって第2位の王位継承権を得ている。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:01:43 ID:R2zmmiMd
いずれにせよ、野戦任官もせずに将官のままっぽい相手に元帥が「閣下」なんて呼びかけてる時点で
その辺深く考えて書いてないだろうけどな。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:02:28 ID:Tw+8MFh3
>>535
グラモン元帥がギーシュで、それも元帥じゃなくて将官で
ルイズが元帥で総司令官、虚無のそれが公開済みで大公というのならば……。
だが時間軸がおかしい。

544 :542:2007/08/25(土) 22:02:51 ID:R2zmmiMd
野戦任官じゃなくて戦時昇進だった。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:03:16 ID:lYhiz/sK
今のルイズって王位継承権二位じゃなかったっけ?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:03:41 ID:qmXXfH8Z
>>537

デビルサマナーではないからヴィンダールヴとかぶらない
チーム一つ率いてたからそこそこ頭も回るはず
本人が強い
銃が扱える事から破壊の杖イベントが自然にこなせる
トライブ・エンブリオンのリーダー・サーフ召喚だ
シャキンシャキンでデルフ殆どいらないけど。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:03:51 ID:lQgf8w9t
>>530
ミカドロイドのデータは
装甲   全複合鋼鉄合金
動力   複式直結発動機五型
     蓄電池三号 二次廿一型
射撃兵装 百式改短機関銃(ベ式)
一般兵装 九十八式軍刀
空挺兵装 九十一式落下傘
自爆装置 三式自動発火装置
     五瓩爆弾六個

改造人間だから装甲服外したら外見は人間なんだよなあれ。
あと自爆装置は男のロマン
いざというときは自爆で敵を倒して最終回ですよ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:05:35 ID:gE30Xheq
ロボットと言いつつ、魔法で作られてるようなのはメンテナンス面も曖昧に済ませられるだろう。

ラムネ&40の守護騎士
ワタルの龍神丸
エルドラン系の各ロボット
リューナイトのリュー
獣神ライガー

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:05:37 ID:S6xK++bz
>>546
喰奴はカニバリズムの問題をどうするかだ。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:09:06 ID:7UmkoOJf
よし、クレヨンしんちゃんクロスさせてみよう……

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:09:33 ID:oPoj2T1Z
守護騎士はタマQ内部で簡易メンテされてるとかって設定だったよーな。
オーバーホールになると工場?でやるっぽいけど。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:09:57 ID:qmXXfH8Z
>>549

ギーシュ(ワルキューレ込み)
剣購入時スリとか
フーケ(ゴーレム込み)
ワルド(遍在込み)
アルビオンに付いて沢山マルカジリ
七万マルカジリ

いかん普通に俺Tueeeだ
火炎弱点をそのままにしておけばバランス取れるか?

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:10:30 ID:8fsMDADF
ルイズ王位継承権とかどう考えてもアンアン死亡フラグだよな……

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:13:01 ID:S6xK++bz
>>552
女性陣の誰かに歌を習得させとけば飢えは防げるかもしんない。
個人的にはタバサかきゅいきゅいがいいなw

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:16:25 ID:VDJG3hKy
英雄にやたら高い地位与えるとか普通に国家転覆フラグです
戦後の英雄ほど扱いづらいのはないのに
ルイズが虚無ってことは意地でも隠し通さないとヤバイ
ルイズにその気なくても韓信みたいになる

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:18:20 ID:DRPOr5B1
>>552
死人でまくり
最終的には暴走しそうだな

十四代目はマクロス級を切り倒したけど
自分で世界を飛び越える術使えるから帰りそうだな

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:19:03 ID:jeP8qRo9
実はアン様、政治に疲れててそろそろルイズに押しつけて引退予定だとか

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:20:59 ID:F2AWZ6yk
>>554
ルイズでいいんじゃないか
虚無の使い手が歌う唄、題して虚無の唄・・・あれ、なんかすっごい鬱な気分にorz

二つの月が黒い太陽に変わっていたらハルケギニアが地獄にw

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:21:17 ID:qmXXfH8Z
>>557

引退できたと思ったら今まで以上にご意見板的な意味でこきつかわれるアン様
いやマザリーニを忘れてるわけじゃないけどなんか浮かんだ

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:22:04 ID:lYhiz/sK
なんかサマナーネタ見ると無性にカオスヒーローが懐かしくなるな

>>553
死亡じゃないよ、祖国を捨てて炉マリアに走る複線だよ!

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:22:36 ID:BqCf/9sK
>>525
”その他”を[ タイトル検索 ]”ゼロ”で検索してみたけど見つからない…。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:22:43 ID:sy9om1Y7
ルイズに政治能力は皆無っぽいしな。
優秀な宰相がいても、勝手なことしてむちゃくちゃにしそうだし。
韓信というより、ナポレオンみたいなことになりそうだ。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:24:06 ID:Tr9U1j/v
>>561
ヒント・フロントミッションはスクエニ作品

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:26:43 ID:WvzrUv9v
王女の死亡フラグだったら、ルイズと才人は最後DQTみたいになるかもしれないのか?

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:29:48 ID:wbAUiZkD
>>555
戦後の英雄か。
「プリンセスメーカー」は魔王と戦って打ち倒した英雄が
戦後には全ての栄誉を辞退してその代わり戦災孤児の保護を国に頼み
自らも一人の孤児を育て始めるというストーリーだった

こういう大人しい方向に進めばいいんじゃね?

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:30:11 ID:DMOjRQs/
>>562
政治能力というより世間知らずすぎるんだよな。
町でバイトする羽目になったときなんか高額のホテルに泊まろうとするわ
いきなり博打ですっからかんになるわ。
あそこまでめちゃくちゃだと貴族としての生活しても誰かがいないと散財してしまいそうだ

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:31:04 ID:BqCf/9sK
>>563
アッーー!!
何という盲点…すまん、礼を言う…(ボカーン)

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:31:45 ID:F2AWZ6yk
10代に国政を任せることがまず無謀・・・そろそろスレ違いなので設定考察スレへ行く?

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:32:14 ID:IZnW7aMt
>>562
皆無どころか、マイナスだと思う。
アンリエッタもだけど。
兎に角すぐ感情に走るのが致命的。

「女は度し難い」

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:35:02 ID:qmXXfH8Z
つまりサイトが胃を痛めながら国政を切り盛りする羽目になると
いや有り得ないけどなりそうで怖い

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:37:14 ID:DMOjRQs/
そういえばアンリエッタもだったか。
初登場時は枢機卿に愚痴を言ってる割には特に自分から積極的に政治に取り組む姿勢は無かったし
戦争のときも終わった後に後悔してるし。
あれ?トリステインは人材不足ですか

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:37:20 ID:H42JeOFW
>>565
いいというか、それはリアル戦記もので度を越えた英雄が生き残るための最低条件じゃね?
そうやっても知名度ゆえに周りから担ぎ出されそうになって、国も無視できなくなり、謀殺されるとか普通だし
政治能力が高いならむしろ政治中枢に割り込んで実権握るなり、国家倒して新国王になるとかの方が帰って安全な場合もあるが

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:37:29 ID:gE30Xheq
そこで将来は総理大臣にまでなる剣桃太郎の召喚ですよ。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:39:05 ID:CHH4mgNY
第4の使い魔として塾長召喚

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:39:25 ID:Idxam3Da
12巻を見る限りルイズがパンチラすれば貴族どもはついてくる。
ティファの胸を合わせれば最強。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:39:49 ID:UNcUhEko
いっそ桃鉄の大社長な桃太郎で

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:41:11 ID:B46DchYK
特撮、それも戦隊キャラを召喚したら
・ビアス様:一桁の足し算が指使わないと無理な奴を一週間で大天才にしたり
 「今日はお盆だから」って理由で今までやられた頭脳獣を
 蘇らせるシステムを持った頭脳獣を即興で作ったりするとんでもない天才。
 コッパゲとか同士を持てばかなりとんでもないことになるのは確定
・ラディゲ:裏切るのは確定。それも命がおしくて裏切るんじゃなくて
 このままだと自分が頂点に立てないから裏切る。
 あと自分を虚仮にした奴を敵と組んででも復讐するのも確定。
 多分ワルドが「俺の名前を言ってみろぉ!」「ら、ラディゲさまー!!」のコンボで発狂
・バンドーラさま:6000年の魔法の歴史?こちとら1億七千万年前から生きてる
 大魔導師ですがなにか?
わりととんでもないやつが多いな

>>573
作中ではかなり優秀ぽいな

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:44:11 ID:6JYRFPkx
>>572
リアル歴史上で英雄の隠遁っつうと、ガリバルディと張良くらいしか思いつかん。
狡兎死して走狗煮らるとはよく言ったもんだ。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:44:23 ID:Tr9U1j/v
>>571
人材も人手も不足してるんじゃない
国土も狭けりゃ人口も少なそうだし

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:44:35 ID:fnJq2MnW
要するにだ

 1)主を裏切らず、且つそれなりの戦闘力
 2)一般人や貴族を従えるだけのカリスマor政治手腕
 3)国を発展させるとが可能な政治能力と人材登用力、先見の明

これらを併せ持つ人材をルイズに召喚させるべし、と…
蒼天航路の曹操くらいしか思いつかねぇ

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:44:43 ID:tUKefUmL
>>577
バンドーラファミリーとルイズの大家族生活ですか

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:45:03 ID:qmXXfH8Z
政治にガンガン食い込んで戦争では先陣切って敵兵叩き潰し戦女神と呼ばれ演出バリバリ効かせて去ったグリンディエタ・ラーデン召喚
デルフも多少は出番ありそうだ
ルイズとは軋轢が凄いだろうなあ
ギーシュとワルドは食い殺されるかもな……

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:45:28 ID:lYhiz/sK
>>575
トリスティンの貴族はノリと勢いで生きているからな

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:46:02 ID:S6xK++bz
>>580
藤崎封神演技の太公望…?

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:46:28 ID:B46DchYK
>>580
孔明先生かな
劉備が死んでからも蜀をもりたてていったし

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:48:08 ID:BshoIrXA
>>583
このスレの住人と何処が違うんだろうか……

同じだNE☆

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:48:12 ID:erdzPU48
>>155
遅レスでスマンが、BGMが平沢神だったら何でもおk

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:50:57 ID:Kf/PWQxN
>>586
つまり俺たちはトリスティンの貴族だったんだ!

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:51:12 ID:41d4Z2SU
むしろマザを摂政にでも据えてアンリは完全に引っ込むって選択の方がまっとうなような。
本人にやる気無いし帝王学とか政治学とか修めた様子もないし。
親政が当たり前でそういう前例(発想)すら無かったんかのう。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:51:38 ID:xVZEAAy+
>>580
しかしそういうの召喚するとほぼオリジナル展開に行きそうだが

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:53:36 ID:QgYZnvX7
>>577
おい! チェンジマンのブーバが抜けてるぞ!

ブルバドス活人剣とその最後の熱さは誰にも否定させねえ!!

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:54:12 ID:aJR0PC9g
>>582
闇の人が来たら物語が終わってしまうw

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:54:45 ID:90JmXbj0
>>586
俺はパンチラ程度じゃ
ティファの横乳なら考えないでもない

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:55:28 ID:lYhiz/sK
>>586
お前も俺もハルケギニア人w
いやむしろ、「ラブコメさん」に心動かされるノボル世界の住人か。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:56:44 ID:Y9jnE/Su
ここで蒼天航路の変態孔明を召喚。
董卓か呂布なら七万の軍勢相手でも大丈夫そう。
味方も大変な事になるが。

松下を5分後トウカします。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:58:44 ID:gE30Xheq
ハルケギニアに民主化の嵐を吹き荒らす少年を支援

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 22:58:51 ID:DMOjRQs/
>>588
つまりはトリステインの貴族どもは2ちゃんねらー(と同類)という訳ですな

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:00:03 ID:Cc7k0c5B
>>595
お おれは
り 龍になる

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:00:04 ID:GvKmOk8b
2ちゃんねらーに支配される国トリステイン
こりゃ滅んだほうがええわw

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:00:14 ID:qmXXfH8Z
>>592

ガンダールヴな黄金の太陽
ヴィンダールヴな海賊王
ミョズニトニルンな黒い太陽
語ることすらはばかれる青い闇
……無理があるな。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:01:31 ID:B46DchYK
>>591
すまんな、俺見た覚えがあるのはライブマンまでなんだ
大教授ビアスかっこいいよ大教授ビアス
ラストのガッシュとの「花火でございます」のやりとりが好き

602 :『使い魔くん千年王国』 第六章 格差社会 1/4:2007/08/25(土) 23:01:45 ID:Y9jnE/Su
しばらく互いに無言のまま『アルヴィーズの食堂』に着いた。
主従二人が連れ立って豪華な食堂に入れば、多数の好奇の視線が向けられる。

 平民の子供? 東方の悪魔使い? そんなバカな、ゼロのルイズだぜ? くすくすくす… きもーい!

いろいろな囁きが聞こえるが、気にせずスルーする。この手の中傷には二人とも慣れているのだ。
ルイズは仏頂面全開で、そっとメイドを呼んで耳打ちする。

「ここでは、朝からこんなに豪勢な食事なのか?」
「日々の食事は、食卓での礼儀作法の勉強でもあるの。
この学院は魔法だけじゃなく、貴族たるべき教育全般をするのよ。
私だって公爵家のレディなんですからね」
テーブルの上には、最高級の西洋料理や高価な果物が所狭しと並べられている。食器だって金銀宝石作りだ。
流石はブルジョワ貴族様である。庶民の血税を無駄に食い散らかしているようだ。

「ああ、来た来た。でもあんたはこっちだから。はい、安心なさ〜い」
さっきのメイドが持ってきたのは、粗末なスープと固そうなパン。
しかもわざわざ床に置かれた。犬扱いか。
「当ったり前じゃない。あんたは貴族ではなくて『使い魔』なんだから。
本来はこの食堂の中にも入れないのよ? 感謝して頂くことね」
そう答えると、ルイズは始祖ブリミルにお祈りをした後で、優雅に食事をし始める。

(さっき馬鹿にしてくれたお返しよ。
 最低限の衣食住が保証されることの有難さを噛み締めなさい!)

なんたる差別! なんたる人権の冒涜! 蟹工船!
ああブルジョワジー!! ブルジョワーヌ!!
今すぐ闘争的人民裁判を起こして、徹底的に自己批判させてやろうか。
そのマイナス胸にプラカードをくくりつけて、腐った卵塗れにしてやろうか。
ご自慢のピンクの髪に、赤いペンキと鳥の羽根を浴びせて、半分にそり上げて、
裸馬に後ろ向きに乗せて街中を走らせてやろうか。
万国の平民よ、土人よ、使い魔よ、団結して決起せよ。一部特権階級の横暴を許すなかれ。
プロレタリア革命万歳!! 千年王国万歳!!


603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:02:51 ID:gE30Xheq
大支援大会

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:02:52 ID:f1Oy03fb
>>600
黄金の太陽と聞いたら4種のジンの力を借りて風火水地の灯台を灯すアレしか出てこない

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:03:27 ID:41d4Z2SU
魔少年支援

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:04:10 ID:trEVD7h9
そういやこのスレ最近きたんだが長門をタバサが召喚するネタとかあったことある?
ルイズでも構わんが

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:04:26 ID:B46DchYK
思考がかなり真っ赤だな悪魔くん支援

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:04:40 ID:qmXXfH8Z
ルイズ……その子供に貴族との格差を思い知らせると逆に決意を固めちゃうよ支援

609 :『使い魔くん千年王国』 第六章 格差社会 2/4:2007/08/25(土) 23:05:01 ID:Y9jnE/Su
――などという煽動文句が一瞬脳裏をよぎった気がしたが、別にそんなことはなかった。
味の薄いスープに固いパンを浸し、数分で食べ終わると、
ルイズに蔑みの一瞥をくれて、無言で食堂を去る松下であった。
彼は貧乏人を救いたいだけで、無用な争いはしないのだ。多分。

大体松下は、コーヒー一杯で何日間も行動できる燃費のよさを誇る。
多少食事を抜いたところでどうという事も無いが、
今後の事も考えると、あの囚人以下の食事ではさすがに体が持たない。
どうしたものか。待遇改善を求めて早めに労使交渉をしておくか…?

「あらマツシタさん、どうかされましたか?」
と、背中に声が掛けられる。
驚いて振り向けば、今朝方の黒髪メイド――シエスタが立っていた。
「あぁ、今朝の人か。なあに、主人に用意された食事が少なくてね」
「あの貴族様ですから…ねえ。そうだ、賄いでよろしければ如何ですか?」
「いや、ぼくは」
「まあまあ、たくさん食べないと大きくなれませんから」
「じゃあ朝は少しでいいよ。どうせ三食碌なものを寄こさないだろうし、
 きみ達の食事を分けてくれればそれでいい」
「分かりました」

やはり平民の方が、妙な貴族の面子などなくて、付き合いやすいし扱いやすい。
例外はいるだろうが、ぼくのような異邦人にも親切だ。
(彼女や厨房の人たちには、何か恩返しでもしてやらねばな)
無論、革命的な意味で。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:05:56 ID:6JYRFPkx
>>596
ヨシフおじさん支援。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:06:05 ID:gE30Xheq
うむ情けは人の為ならずだシエスタ

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:06:54 ID:4tpYkiAd
しかし言動がアレすぎて同情する気にならんな松下www支援

613 :『使い魔くん千年王国』 第六章 格差社会 3/4:2007/08/25(土) 23:08:42 ID:Y9jnE/Su
朝食が終わると、午前中の授業が始まる。
教室に入り、中を見回す。大体の生徒が騒ぎながらも揃っていた。
今朝出会ったキュルケもおり、手を挙げて挨拶した。
フレイムは椅子の下で昼寝を決め込んでいたが、
その他にもフクロウやモグラ、大蛇、猫やカラスや蛙など、生徒の使い魔たちがぞろぞろといる。
見るからに幻獣らしいのも結構いるが、人間の使い魔はやはり松下だけだ。

松下はとりあえず、ルイズのそばの床に腰を下ろした。
とはいえ、シエスタにメモ用の羊皮紙とペンを調達してもらっており、
この世界の魔法の授業を受ける気は満々であった…。

「皆さん、進級おめでとう。春の使い魔召喚は大成功のようですわね。
このシュヴルーズは、こうやって新学期に、様々な使い魔達を見るのが楽しみなのですよ!」
教室に入ってきた女教師は微笑みながら口を開くが、ふと、床に座っている子供に気付いた。
「おやおや、変わった使い魔を召喚したものですね? ミス・ヴァリエール」
すると教室中が笑いに包まれた。

「『ゼロ』のルイズ! 召喚に失敗したからといって、そのへんの平民の子供なんか連れてくるなよ!」
「あーら、あんたの貧相なフクロウより、私の使い魔のほうがずっと上よ。
 『風邪っぴき』のマルコシアスさん?」
ルイズがそうせせら笑うと、野次っていた太っちょの少年は
激昂して立ち上がる。
「誰だよそれは!? 僕は『風上』の『マリコルヌ』だ! 風邪なんて引いてないぞ、『ゼロ』のルイズ!」
「ゼロゼロうるさいピザ野郎!! あんたのそのガラガラ声は、まるで風邪引いたみたいなのよ!
 このマルファス! マルコメ味噌! 丸子彦兵衛! マリみて!」


614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:08:56 ID:yiBndj6B
シエスタが総括の地獄から救われたかも支援

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:09:41 ID:qmXXfH8Z
>>604

やった事ないけど面白いのかあれ
悪魔支援

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:10:50 ID:B46DchYK
シグルイで残酷無残なマリコルヌ想像した支援

617 :『使い魔くん千年王国』 第六章 格差社会 4/4:2007/08/25(土) 23:11:35 ID:Y9jnE/Su
醜く言い争う二人に、呆れたシュヴルーズが手にした小ぶりの杖を振る。
するとルイズとマリコルヌは突然すとん、と席に座る。いや、座らされる。

「ミス・ヴァリエールもミスタ・グランドプレも、幼稚な口論はおやめなさい。
 お友達を『ゼロ』だの『風邪っぴき』だの『資本主義の豚』だのと呼んではいけません。
 分かりましたか? 二人とも」
「ミセス・シュヴルーズ……僕の『風邪っぴき』は中傷ですけど、ルイズの『ゼロ』は事実です!
 あとなんですか『資本主義の豚』って!」

教室のあちこちから、今度はくすくすと笑い声が漏れる。
シュヴルーズはため息を吐くと、また杖を振るう。
すると笑い声を漏らしている生徒たちの口に、『赤土の粘土』が押し付けられた。
「あなたたちは、その格好で授業を受けなさい」
そうシュヴルーズが言い放つと、教室の笑い声はぴたりと止んだ。
一方マリコルヌは、口と鼻に『赤土』が詰められて、真赤になってもがき苦しんでいた…。

(ここは小学校だったか?)
松下は教師の魔法には驚いたものの、生徒の程度の低さに早くも軽く失望していた…。
おまえも小学生のはずだろ、年齢的には。

(つづく)


618 :『使い魔くん千年王国』:2007/08/25(土) 23:15:17 ID:Y9jnE/Su
トウカしゅーりょー。
私は思想犯ではありません同志。
ちょっとやりすぎたが、フランス革命の頃なんかは
共産主義や社会主義が華やかでもあったんだよなあ。

しかしなんか水木成分が抜けてきた…
決闘編あたりで水木エネルギーを追加せねば。


619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:16:32 ID:IZnW7aMt
>>618
乙ー。
まあ、フランス革命もやったらやったで結局独裁になったわけだしな。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:16:52 ID:6JYRFPkx
乙。

「赤いなァ」
「ホントだこりゃ赤い」
「赤い」
「赤さはどうでもいいーっ!?(ガビーン)」

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:17:07 ID:WvzrUv9v
共産成分がきっついなw

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:17:59 ID:d9wxNKQi
GJ
松下がハルケギニアにどんな影響を与えるのか期待が膨らむな

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:19:13 ID:CHH4mgNY
革命と言えば・・・
 ___,,,_      彡ミ  ミミヾ ヽ Y i r/ 彡,,,三 ミ ミミ,
  /_ |  _     ,彡ミ  ミ;'" "" "'''''"    :::. "'ミ ミ
 /ヽ/ |/     ,彡彡,,;'":: ..............::::::::......:::::.... :.  ヾ ミ,
 _/ |__,,l   彡彡;'"..::  _  :::::::  ..:::__ :::.. ヾミミ
        彡三ミミ, ..::.../;;;,,,"ヽ:::::l  l./;;;;,,"ヽ::..ミ彡三ミミ;,
       彡;;;;;;;;;;;;;Yミ/"l;;;;;;;",,;;;;;;l===l;;;;;;;,,,,, ;;;;l‐-ミY;;;;;;;;;;;;ミ
        ミ;;;;;;;;;;;;;彡/"ヽ;;;;;;;;;;;_/ ::l   ヽ;;;;;;;;;;_/'ーミミ;;;;;;;;;;;彡
 ___    ヾミミミ彡;      ̄ ̄:: ..:l  ::   ̄ ̄   ミミミミ彡
 _|_|_ l |  l l ヽ;;;l::.     r'"..::..::.."ヽ    .::l  ,/,l'
  |  | | |  l l ∂ l::::...   ..::`ーニ ニ−'::..  ..::: l∂/ ,;l
 /  | . 、|   ヽ、ヽ....:::l :::...    ____    ..::: l' ::.....,/
           \__,,:l   : .;:rT_|__|__|_Tヽ, .:::: l、._/
           r-―/:ヽ   ''" ̄.............. ̄"'' ::: / ̄r^ヽ
          /∧ii, :l、ヽヽ   ..::::   ::::   //:://"ヘ
.         /,i'iiii, ii, l \ \  ::::::::..     /::/ .::l liiiiii;,ヽ
        /,i'iiiiiiii, ii, l  "'ヽ\ :::::::..............//'"  .:l liiiiiiiii;,ヽ
       /,i' iiiiiiiiiii iii, l   "i "''ー――'" /   ..::l liiiiiiiiiiii;, \
      /,i',;iiiiiiiiiiiiii ,iii l.    l:::::::::::;;;;;;;;;::::/   ...:::l liiiiiiiiiiiiiiii;,ヽ\
    //,iiiiiiiiiiiiiiiiii ii l:::....  l,,,...:::::;;;;;::::/  ...::::::l liiiiiiiiiiiiiiiiii;,,ヽ ヽー-、
  ‐''"''l l l l lii;,;; ;iiil _ii l_,,,..-―lー-;_,..,,_/-―-,,__ :l liiiii'"// //"''ー--,,
  _,,-'"l l, l l _l_l__/i, l"      :l :. i l     ヽ_;;;"''-,/,,_// // //


624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:19:14 ID:yiBndj6B
持たざるときは共産主義が心地よく
持ったときはうとまましい。

とりあえず、人魚の子供を売りさばきにいく鬼太郎的なマインドを補充だ!

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:20:06 ID:Cc7k0c5B
>>623
史上最強の童貞乙

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:21:53 ID:sy9om1Y7
赤いなぁ。
共産主義は、無制限の資源化、拡張政策を続けていかない限り成り立たないと思うんだけどねぇ。
魔法をうまく使えば、あるいは成り立つのだろうか?

そういう俺はマクルス原理主義者。 十分に成長した資本主義経済という土台がないと、共産主義はなりたたねーのです。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:24:14 ID:08JtpAVQ
共産主義も資本主義も手段が違うだけで最終的に目指すものは一緒だから共産主義自体が悪いとは思わんな
現実の共産主義国家では共産主義の意味が変質してしまってボロ糞になったが
資本主義国家が共産主義=危険思想みたいな洗脳政策推し進めたのも印象悪化に一役買った
まぁ国家が自国の政策を褒めてそれに反する他国の政策を貶すのはいつどこでもやってる当たり前の政策だけどさ

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:27:37 ID:hEsaXJJf
>>626-627
マルチ並みのメイドロボの量産化と無料配布が可能になりさえすれば共産趣味は人類を幸せにする

間違いない

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:28:47 ID:Fc027vs6
.   ,ィ =个=、
   〈_/´ ̄ `ヽ
    { {_jイ」/j」j〉
    ヽl|゚ ヮ゚ノj|      < わたしのおっぱいがどうかしましたか?
   ⊂j{不}lつ
   く7 {_}ハ>
    ‘ーrtァー’

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:29:10 ID:f1Oy03fb
>>628
>共産趣味

なんかうまいこと言った

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:30:39 ID:90JmXbj0
あーかーい、マジ赤いー

赤と戦隊の流れで思いついたんだが、マジレンジャー召喚とかどうよ

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:32:16 ID:B+anYzoU
>>628
共産主義ではなく共産趣味な辺りにメイドロボのぬくもり的な幸福を感じる。

そしてコガラシばりのメイドガイが一家に一人配置されれば何はともあれみんな幸せになれる。
フブキさんもセット的な意味で。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:34:08 ID:gE30Xheq
ダイレンジャーとかどうよ?
あれなら気伝獣だったかでメンテ不要の生きてるロボットだし、レッドのは人型と龍型とれるし。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:36:56 ID:Bx7BflIP
たまには俺TUEEEな人たちじゃなくって、
普通の魔物とか召喚するのはどうでしょうか?
アリオッホとかギリメカラとか

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:38:02 ID:LNPLzpvt
DQのスライム召喚なんてどうだ?

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:38:57 ID:F2AWZ6yk
ギリメカラはらめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:39:37 ID:gE30Xheq
龍皇鬼を召喚とか?
単にかわいい小動物と見せ掛けて実は宇宙船。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:40:21 ID:W2OnHyul
>>634
今必死に悪魔召喚もの書いてるんだぜ、俺!
最初は俺TUEEEEになりかねんが。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:40:28 ID:0NCNI5YI
普通の使い魔だと、今度は逆に呼ばれたほうが影が薄くなってしまうんだよなあ
プロット考えてたらそうなったのだが…自分だけかな?

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:40:35 ID:qmXXfH8Z
最強のモンスターズ召喚だ
いや厳密には人間だけどさあの三人

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:41:00 ID:DUaIn+bf
ギリメカラはキュルケ終了のお知らせ

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:42:26 ID:qmXXfH8Z
メガテンから悪魔呼ぶと成長出来ないってのが引っ掛かるな
真3準拠なら成長出来るけどそれもそれで俺Tueeeなりかねん
むずかしいね

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:42:53 ID:30KyhZuE
最近探し始めたんだが意外と東方とのクロスないな
スイカとのクロスはおもしろかった

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:43:06 ID:QbqdlNaw
>>639
それでいいんじゃね?
ゼロ魔の影薄くさせてばっかりの作品が多すぎるし

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:43:13 ID:6JYRFPkx
>>635
主人公と一緒に海千山千の冒険を潜り抜けてきた奴なら、色々と面白いことになりそうな予感。
余談ですが、小説版の口が悪くて面倒見の良いスラリンは実にナイスガイでした。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:43:34 ID:Tr9U1j/v
>>634
ギリメカラ災いと病振り撒く傍迷惑な邪眼持ちなのに
ついでにご立派様の乗り物でもあったり

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:43:50 ID:Gpa2yxFQ
>>635
それぞれの使い魔をDQのモンスターに変えた場合を考えてみたんだが
キュルケ→DQ3のサラマンダーだと凶悪なのでドラゴンキッズくらい?
ギーシュ→あくぎどりゅう
きゅいきゅいに代わるモンスターっているか?上位のドラゴン系で、飛べそうで風が使える奴。
アンドレアルならDQMでバギ使えるけど、あいつ冷気に弱くてタバサと相性最悪なんだよな

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:44:01 ID:gE30Xheq
バスタードのラーズを召喚。

見た目は幼竜でタバサに負けてるが。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:45:38 ID:F2AWZ6yk
でも元はガネーシャ様なんだよな
以前フロスト5召喚があったけど、反射持ちの悪魔は小ネタにしかならないよなぁ

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:45:39 ID:DMOjRQs/
初代悪魔くんは容赦ないからルイズ調子に乗ってるとやばいことになりそうw
まぁ頭がいいから自分の身の回りを固めるため、いきなり問題は起こさないだろうけど

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:46:49 ID:DRPOr5B1
普通に使い魔を召喚するタイプか
遊戯王のモンスターとかデジモンとかいろいろあるな


652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:47:04 ID:B46DchYK
>>631
コンプレックスにさいなまれるってレベルじゃないな
あの兄弟普段の生活でも普通に使ってるし

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:48:18 ID:Tr9U1j/v
>>647
ホークブリザードとか・・・鳥だけど

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:48:59 ID:2E1sUoM8
戦隊ものならマジの冥府神様方希望
マルコメと意気投合するトードとか
サラマンダー扱いされるドレイクとか
タバサと二人で黙々と本読んでるスフィンクスとか
握手したら友達キスしたら主従だと
勘違いして納得してるアフロくんとか
モンモンと一緒にギーシュ〆るゴーゴンとか
名前的に問題のあるワイバーンとか見てみたい

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:49:48 ID:7daCdrxU
なんかアルベド召喚って電波を受信…w

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:51:04 ID:qGTbEXRm
>>650
これでもかってくらいに信頼してからドーンされるのと、どっちが幸せだろうか

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:51:05 ID:IQu1HaQc
スライムでしゃくねつとかマダンテとか

アダムスファミリーのハンド君とかどうよ?

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:51:25 ID:Hvqs5P6z
>>654
ダゴン大塚はジョゼフに召喚されて悪巧み。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:52:08 ID:90JmXbj0
>>652
アニキならツンデレと付き合ってるからルイズの扱いもなんとかなると

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:54:07 ID:LNPLzpvt
シルフィードはマスタードラゴンか龍神王で



ちゃんと人間に変身できるし

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:56:30 ID:XW8Vwx9g
>>647
マスドラ、りゅうおう、龍神王
え?強過ぎ?
Vにスノードラゴンって日本龍タイプのモンスターがいたような

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:57:24 ID:uJxEyf3O
ツンデレやら我侭に慣れてるキャラを召喚

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:57:43 ID:qF5MCbiR
避難所にしもべ氏確認!

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:58:31 ID:jKEggMmv
デュランをよぶんだ!!

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:58:34 ID:qmXXfH8Z
ここでモンスターズ+版2勇者召喚
理由が旅の扉だと思って入りこんだで済むからドラクエは呼ぶだけならさほど違和感ないな
どうやって契約するかとか色々問題あるけど

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:59:37 ID:6JYRFPkx
ダークドレアム……

ハルキゲニアが丸ごと滅ぶな。

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:00:28 ID:XqaDiiFy
もうギーグ召喚でいいじゃないか!

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:01:07 ID:OzEDXOcU
>>662
スクラップドプリンセスのシャノン・カスール(姉・天然、義妹・ツンデレ?相棒・冷淡→デレ)
とか
舞HIMe漫画版の盾
とかか?

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:01:48 ID:ueqVh4Bv
>>662
漫画版楯かな
奴隷呼ばわりされる主人公

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:01:59 ID:LNPLzpvt
いっそのこと魔王全員呼んでしまえ

りゅうおう、ハーゴン、シドー、ゾーマ、しんりゅう、デスピサロ、エビルプリースト、ミルドラース、エスターク、デスタムーア、ダークドレアム、オルゴ・デミーラ、かみさま、ラプソーン、りゅうじんおうetc

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:02:57 ID:2z+EKaex
今思ったがドラクエって漢字の名前ってないんだったな

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:03:12 ID:PQHEiGn9
むしろ逆にルイズを従えるキャラとか。
今までいたっけ?

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:04:20 ID:WmsF8nfo
>>666
ハル”ケギ”ニア、なw

ハル”キゲ”ニアだとカンブリア紀の怪生物になっちゃうんだぜ↓
ttp://www.nrc.gamagori.aichi.jp/w_muse/enjoy/cambrian/haluki/chapter01.html

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:04:35 ID:AhCTVqhm
コントラクトサーバントが呪いと判断されてルイズにルーンが浮かぶ魔物とかいないかなぁ。
ダメージをそのまま反射するタイプになりそうだから俺TUEEEEEになってしまう?

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:04:43 ID:lZhq3qun
>>662
風の聖痕のカズマとか?
本人の戦闘力が半端じゃないが

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:05:37 ID:LNPLzpvt
そういえばハルキゲニア召喚されてないな

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:06:17 ID:YyyBAVQp
>>674
その程度ならハルケギニアのエルフが普通にやってくるから、俺TUEEEEにはならない>反射

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:06:39 ID:kVeCpQbP
>>669
それは毒ガス積んだイージス艦の方の?

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:07:53 ID:fucLoYtA
シュリズベリィ教授を呼んで、「私は帰って来たぞ、レコンキスタ!!」

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:08:26 ID:PQHEiGn9
>>676
よんでもすぐ死にそう

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:08:37 ID:yFmDomV+
スライム召喚なら弱いノーマルスライムの方がいい
TUEEEするんならスライム出すなよって思うし。
本当に弱い使い魔もルイズが成長したりして面白いんじゃないかな

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:08:41 ID:ueqVh4Bv
>>678
>>668と同じ漫画版舞ーHiMEの方の

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:08:49 ID:nPSG77pD
>>675
精霊居なきゃ使えないんじゃなかったっけ

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:10:22 ID:jxY0aZKF
バギorかまいたちを使えるドラクエ竜はDQMシリーズではこれぐらいだ
アンドレアル、パピラス、プテラノドン、リザードフライ

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:11:20 ID:PQHEiGn9
>>683
先住魔法は自然界に存在する精霊の力を借りて世の理に沿った効果を
発揮する魔法、とあるので一応ゼロ魔の世界にも精霊はいるんだぜ。


686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:11:43 ID:YyyBAVQp
>>683
先住魔法は精霊魔法そのものだよ

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:12:34 ID:2z+EKaex
>>678
楯違いw
しかもアレはミニ・イージス艦だ。イージス艦じゃないよ。

楯からならヨン様でも召喚したらどうか?

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:13:05 ID:AKLXmJSJ
>>662
ハイ!タケコプター!

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:13:26 ID:8mSzpY5+
>>681
バイキルト、スクルト、ピオリム、ボミオス、メダパニ、マホカンタ、ベホマズン、光の波動、闇の波動、凍てつく波動

これなら俺tueeeeee!にはならないサ!

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:13:27 ID:Bu3Ce0mY
>>686
風のステイグマの精霊魔法は精霊を用いたハッキングなので
先住魔法とはえらい違う。

風で光を切るよーなチート魔法だし。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:14:11 ID:tmOcOBb2
深緑の知将グリニデ様を召喚
見た目も人外だし高い知性の持ち主でルイズウハウハ

でも一度怒らせると学園が更地に…
ギーシュとマルコメ味噌を退避させるんだ!

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:15:06 ID:PQHEiGn9
>>684
というかモンスターズシリーズだと配合で生まれた奴なら親から受け継いで
色んなの覚えてるからその辺自由だな。

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:15:36 ID:RV/7pp62
>>677
そういえばそうでしたね。
先住の"反射"って術者の契約してる精霊の力の総量を上回る力を加えれば貫通できる、
と思ってたんだけどヨルムンガンドの事を考えると違うのかしらん?

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:17:01 ID:BrRKkcZC
スライムは何時も間に弱い怪物になってしまったのか、粘液状生物の元祖はショゴスだってのに・・・

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:17:17 ID:ECXdBtJK
>>691
うわ、めっちゃ見たい(w`

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:17:20 ID:8mSzpY5+
メゾラゴン、バイバーハ、イオナロス、オクルーラ、マヒャロス

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:17:59 ID:qh1wmDCY
海江田四郎を召喚

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:18:07 ID:GZEh90e0
FFTで呼び出されたら面白そうなのを考えてみた
ラムザ=王道。もしかしたら貴族社会変革のために動くかもしれない(性根は限りなく平民よりだし
アグリアス=アンリエッタにオヴェリアの思い出してアンリエッタに尽力しそうな騎士
ムスタディオ=順応してコルベールと一緒に機械文明の第一歩でも創造しそう
オルランドゥ=1対7万相手でも余裕で蹴散らしそうな御爺さん。デルフ&エクスカリバーはガチ


699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:18:53 ID:8mSzpY5+
そういえば本家DQからは何も召喚されてないのか?

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:19:31 ID:AAI7ZDN7
>>699
大魔王さまがいらしてます。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:19:39 ID:yFmDomV+
>691
「あんたは私の使い魔なのよ」
「”あんた”だとォーーーーッ!!」

使い魔召喚の儀で魔法学院が壊滅しそうな気がする

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:19:53 ID:3Xtxd6tI
>>693
タバサがビダーシャル(ビターシャルだっけ?)と対峙したときは、強い魔法は跳ね返されたけど、弱い魔法は逸らされていたようだ。
ヨルムンガンドは鎧に反射がかけられていたようで、鎧の中身をルイズのエクスプロージョンで直接爆破させられて倒されてる。
盾のように使うこともできるし、特定の空間を安全圏にすることもできるんじゃなかろうか

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:20:31 ID:SxC51D/W
前々から思ってたが
モンスターズ系統ならモンスターよりモンスターマスター呼ぶほうが大変なことになりそうだな
特に+のテリー
普通に魔王が配下に

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:20:34 ID:RV/7pp62
本家DQ、を見て少し前に幼女竜王で盛り上がってたのを思い出した

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:20:36 ID:Mv7Onl4i
スラリン、スラきち

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:21:26 ID:oDCgTMbT
DQの流れをぶった切るが
風来のシレンとのクロスがひじょーに読みたいざんす

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:21:50 ID:ueqVh4Bv
>>699
5主人公の小ネタならあった

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:21:57 ID:JTzHjxHc
>>699
スミス考えてたけど、一発ネタになりそうだったんで挫折した
ゾーマ様と某サイトにDQ5主人公がいたな

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:22:07 ID:8mSzpY5+
>>706
アスカでいいなら全力で資料探す

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:22:35 ID:Ie0XNGRS
DMCのダンテorバージル召喚というのはどうだろうか?
装備やキャラ性能、特にデビルトリガーが反則過ぎるからダメかな・・・

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:22:40 ID:OzEDXOcU
今更だが
>>654
ウルザード召喚とか…

あと別作品だけどガオシルバー(一人でハンター召喚出きるしガオゴッドが出てくる時もあるし何よりアレ等は精霊)

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:24:14 ID:1oP3hU2G
雑談がカオスと化してまいりました。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:24:40 ID:Mv7Onl4i
DQ5は夜狐の所だっけ?

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:25:26 ID:5/RtYVwu
>>698に便乗してみる。

アルガス=「家畜に神はいない!」でルイズはおろかギーシュまでドン引き。
ミルウーダ=屈辱的待遇でルイズに恨み渾々。フーケに協力を求めて殺そうとするかも?
ウィーグラフ=ルイズを良い方向に導く可能性も、なくもない。主人公のような働きができるかも。
労働八号=ルイズ「ギーシュをやっつけろ♪」

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:25:31 ID:5EDXWo1e
ガオレンジャーならヤバイバだろ

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:25:37 ID:8mSzpY5+
夢の国の鼠は召喚されてるが
花札屋の電気鼠は召喚されてないんだな

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:26:54 ID:Fzoo+SoX
FFTからならキャラ設定だけならレーゼとかよさそうだけどいかんせんセリフが少なすぎてオリキャラ化する

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:27:00 ID:XBUY+xIs
>>710
あのレベルの連中も何人か書かれてるから要は見せ方次第でしょ。
特にダンテは時期次第だけど結構享楽的で稚気に溢れるし。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:29:17 ID:lZhq3qun
>>683
元の世界では最強と謳われてブイブイ言わせてた奴らが、
ルールの違う世界に来てレベル0に戻されるのって面白そうだが。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:29:35 ID:sbI84q4d
FFTで魔物系を呼ぶと気がついたらギャオスを書いてる人やBALLSの分を書いている
人みたいにどんどん増殖w

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:31:00 ID:dKcFmS8A
魔王と言われて思い出したのが
マイナーなガンガンパワードで連載されてるシュピーアリアの魔王シーラ

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:31:07 ID:nPSG77pD
>>719
ラハール様がそんなことになってた覚えがある

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:33:18 ID:2z+EKaex
タバサの飼ってるギャオスの繁殖力は異常

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:35:24 ID:OzEDXOcU
>>721
俺は逆襲の魔王のラジャス(膨大な魔力を勇者の少女に吸われ人間以下になるも鍛え捲って再戦)
シャイナ・ダルクのエクソダ(眠ってる間に姦淫伝説とか色々捏造されて悲惨な目に逢ってる小市民な魔王)
とかを思い出した

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:38:01 ID:Jh55W2Zo
>>720
チョコボがどんどん卵を産む。
一匹だけなのに産みまくる。
ルイズ、軍馬に替わる赤、黒、ノーマルチョコボ牧場を経営し歴史に名を残す
まったくメテオは地獄だぜ!

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:39:47 ID:JTzHjxHc
こうなったら一匹でもどんどん増えるやつを投下するぜ

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:40:45 ID:J83OMjhg
>>725
馬より踏破性は高いけど、2足だから乗り心地は悪いだろうな

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:40:54 ID:3RRMDUtr
少し前言われていたがルカヴィは駄目なのかっ
エルフと人間と虚無の戦争の裏で蠢く聖石を巡る争いが・・・あ、難易度高いか

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:41:30 ID:8mSzpY5+
>>726
つ ギャオス、グランパ

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:41:44 ID:RV/7pp62
>>727
実は羽毛でふかふかだと思うんだ!

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:41:51 ID:lZhq3qun
>>726
ガッちゃんだな。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:42:03 ID:UVz3Xo6d
ここは一つ食い込み天使のアルテマさんを

733 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 00:42:02 ID:JTzHjxHc

逃亡成功
さて、九死に一生を得て沸き返るニューカッスル城。
正直言ってこれからの戦いは王子たちにとって辛く、長いものになるだろう。
アンリエッタ姫はゲルマニア皇帝と結婚してしまうだろうから、あのニューカッスルで死んでたほうが辛いものを見ることもなかったかもしれない。
王子は気丈にもそんな苦悩を見せず、アルビオン奪還の折には、必ず私たちに礼をすると約束してくださった。
勲章とシュバリエをくれるそうだ。アルビオン貴族になるなら子爵位くらい用意するそうだ。太っ腹だ。
グランパが使い魔でももらえる勲章を作るように頼んでいた。グランパとモグラ分だ。了承する王子。
そっか、そういやアンタ私の使い魔だったのよね。玉に忘れがちになる。BALLSなだ(ry


シエスタはしばらくここでニューカッスル城の操縦しつつ、操縦も教えるらしい。
今のニューカッスル城はタキガワ一族以外には操縦できそうもない作りをしているので、
ある程度自動化して最低でも落ちない仕組みにしないといけないらしい。
城なんて航空力学も重量バランスも取れてないですからね、とのこと。
しばらく操縦していればデータがたまってBALLSも学習し、オートマティック化の足がかりが出来てくるだろう。

そういいながらも手や足でレバーやペダルをがっちゃがっちゃ微調整するメイド。
スイッチを切り替えながら頻繁にエンジンやパイプの不具合を報告している。安定しないようだ。

給料は奮発して普通のメイドの10倍出してもらえるらしい。下級貴族の2倍だ。専門職は強いな。
高給にビビッて手足が止まるメイド。たちまち大きく揺れて傾くニューカッスル。
エンジン圧力上昇の報告が飛び、慌ててレバーを回しスイッチを連射するシエスタ。
自動化が必要で、安定しない作りと言うのはマジなようだ。

数年後、資本主義が崩壊することを、私たちはまだ知らなかった。


ポ〜〜ン
          シエスタがニューカッスル城に出張しました。


BALLSに頼んで、たとえ残飯であってもご飯にしてくれる調理機械を設置してあげた。
廃棄食材を放り込むことによってでてくる死神定食。
腐ったようなにおいと味の死神定食。
食料の補給を怠ると、餓死を防ぐためにこれを食べることになるので、補給がんばってくださいね。と激励した。
私たちは補給を怠ったので、これを食べつつアルビオンに来ました、と言った。

ボッピキで盛り下がった。


さて、そろそろおいとましよう。
ヴァリエール1号はニューカッスル城から離れていく。
貴族たちが大勢集まり、一斉に敬礼しながら見送ってくれた。
ちょっと胸が熱くなる。答礼。
そうか、ゼロの私でも誰かのためになれたのだ……………。



帰り道、食料を補給することを怠って死神定食が出てきた。


734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:42:25 ID:kVeCpQbP
>>729
つレギオン

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:43:52 ID:8mSzpY5+
唐突にktkr支援

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:43:50 ID:28IQn+OE
>>615
黄金の太陽、俺は結構面白いと思う。今なら中古で安く買えるし、個人的には結構お勧め。
マップ上で魔法(エナジー)使って障害物を動かしたり、植物を成長させて梯子代わりにしたりと、謎解き的な要素が良い。

……ただ、クラスチェンジが面倒でなぁ。ジンを考え無しに使ってたら、ボス戦で回復使える奴が居なくなったりしてた。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:43:52 ID:5Bgx5eWO
>>698
家畜に神はいない的意味でアルガスを呼ぶんだ

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:44:38 ID:J83OMjhg
>>730
上下に滅茶苦茶揺れるから無意味

739 :734:2007/08/26(日) 00:44:50 ID:kVeCpQbP
遮って申し訳ないorz支援

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:45:26 ID:lZhq3qun
>>730
アクエリアスのCMで駝鳥に乗るのに四苦八苦してたなあ

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:46:21 ID:hK9NREIy
FFT―――
ラファ&マラークとか。

うん、使えないな。

742 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 00:47:00 ID:JTzHjxHc

凱旋帰還
町から見えない場所にヴァリエール1号を置くと、私たちは城へ向かった。
任務は無事完了した。
手紙は取り返し、ウェールズ王子も無事落ち延びることに成功した。
姫様は王子が亡命しなかったことに不満そうだが、今は埋伏してアルビオン奪還を狙っていると聞くと少しだけ微笑った。悲しい笑いだった。
褒美として水のルビーを賜った。なんだか気力に満ちてきたような気がする。

次に、トリステインの状況はというと、ラ・ロシェーヌの港の大木は倒れずにすんだそうだ。
なんでも速攻で駆けつけたワルド様が遍在を使って複数個所の固定や保持を指揮するという獅子奮迅の働きをしたという。
近隣にいる傭兵たちを自費で雇って、人足がわりにこき使うことまでされたそうだ。
そして、ニューカッスル城浮上の報告を聞き、ぐったりがっくりしながら王城へ帰ってきたそうだ。
大活躍ではないか、さすがはワルド様。

ところで、それだけの貴族っぷりなのに、どうしてワルド様は部屋の隅で小さくなっているんだろう?
姫様の視線もワルド様にはかなり冷たい。何したんだろう?



学園から少しはなれたところにヴァリエール1号を着陸させ、ギーシュだけ先に帰らせた。
一緒に帰ると何かと勘ぐられることになるだろうから。
後、念入りに今回の件を口止めをしておいた。うかつに口を滑らせると同盟破棄につながりかねないからね。

さて、邪魔者が去ったところでアレをするとしますか。

着替えを用意して、お湯を入れて、服を脱ぎ捨てる。
私は甲板の露天風呂に入って疲れを癒した。
道中はとてもじゃないが、風呂に入れる状況ではなかった。行きは飛んでて寒いし、城では常に人の目があった。
このヴァリエール1号は不具合の修正と破損箇所の修理を兼ねて改装されるらしい。
アルビオンでの脱出行で散々見られているので、普通の軍艦に見えるように外見だけをいじるらしい。
そうなると、この甲板風呂も使えなくなる。つまりはそういうことだ。
名前もヴァリエール壱号に変わるそうだ。
トリステイン人にはあまり変わったようには聞こえない。

くつろぎついでにグランパになんでここまでしてくれるのか聞いてみた。
私も馬鹿じゃない。グランパが、BALLSたちがここまでして尽くしてくれる理由を知りたかった。

それが我々の生まれた理由だから。全ての知類を愛している。
我々が何をしたいのかはキミが理解ってくれるまで待つとのこと。

やたらと難しい言葉を使っていて私には何のことやらわからなかった。
コイツゴーレムなのにすごい詩人だ。
ただ、グランパが人を愛してくれていることはわかった。
私のことはどう思う?とは恥ずかしくて聞けなかった。


743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:48:40 ID:da50kJuv
なんか心の震える台詞だグランパ支援

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:48:40 ID:MuGwp7l4
なんかちょっといい話だ支援

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:48:50 ID:mgxw/BlR
DQからリップス召喚

あのクチビルにキスするのはいやぁ と言って逃げ出すルイズを考えたことがある

746 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 00:49:06 ID:JTzHjxHc

一っ風呂浴びて学園に帰ってくると、なぜかモンモランシーの視線と態度が痛かった。
ギーシュと1週間ほど二人旅していたことで仲を疑われているらしい。風呂上りみたいな感じなのと、ギーシュと別々に帰ってきたことも怪しいと疑われた。
しまった、キュルケやタバサぐらい連れて行くべきだったか?
それにしてもあんたたち別れたんじゃなかったの?

そのキュルケとタバサは、レズと見まがうぐらい仲良しこよしになっていたし、なぜかコルベール先生が靴下に愛を囁いていた。
私たちがいない間に何があったのだろう?

BALLSが私たちがいない間の記録を見ますか?と聞いてきたのだが、

『トリステインレズビアン地獄〜微熱と雪風の媚薬〜』
『同時上映 ソックスハンター異世界伝〜ハルケギニア炎蛇の変〜』
『同時上映 マチルダちゃんラ・ロシェーヌほうちプレイ』

という題名からして私のSAN値を減らしそうな気がしたので丁重にお断りした。


747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:49:23 ID:lZhq3qun
>>745
クチビルゲとどっちがマシだ?

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:49:55 ID:Jh55W2Zo
>>737
アルガスが泣きながらあのセリフを自分に言うことになるのか

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:50:22 ID:nPSG77pD
ソックスハンターwwwwwwwww支援

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:50:40 ID:Lk3FW6GY
兵糧は戦において欠かすことできぬのよ

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:50:47 ID:8mSzpY5+
>>746
一番上のをzipでうpってくれ

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:51:28 ID:Oqb+AGYK
>>746
一番上と下のをうpキボンヌ

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:52:28 ID:3RRMDUtr
OVERS!一体ハルケギニアにどんな介入をしたんだ!?ww

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:52:29 ID:FPepPR7K
>『同時上映 マチルダちゃんラ・ロシェーヌほうちプレイ』
素で忘れてたwww

755 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 00:53:24 ID:JTzHjxHc

次の日
料理長のマルトーさんにシエスタは専門技術を請われて、ちょっと私の領地に出張していると説明しておいた。
マルトーさんは、友達が死ぬのがこんなにうれしいかったことはない、と言って泣かれた。ヤバイ、何故かバレテル。コイツも詩人だ。熱血漢だ。

キュルケの夜這い組みの男たちが敗北と感動の涙を流しながら退却していくのは、ちょっと近所迷惑だ。
モンモランシーが目の下にクマを作りながら薬品臭くなっていく。いったいどうしたんだろう?
コルベール先生も靴下臭くなっていく。こっち見んな。靴下見んな。



……………どうすればいいんだろう?


次の日
キュルケとタバサが百合っぽくなくなっていた。倦怠期だろうか?
そしてモンモランシーが二人に平謝りしていた。三角関係だったのだろうか?
ギーシュが私たちの留守中の記録ディスクをうっかり落として、3人からボコボコにされていた。やっぱりギーシュはギーシュだ。



洗濯して干してた靴下が無くなっていた。
部屋の隅においていたアタッシュケースもいつの間にか無くなっていた。
コルベール先生にシエスタの行方を頻繁に聞かれた。私は口を濁した。ニューカッスルのことは秘密だ。
すると、シエスタの靴下と竜の血の交換を持ちかけられた。いえ、靴下なんて持ってませんよ。先生はがっかりして去っていった。
その後、グランパがパリーの靴下と竜の血を交換しているのを見かけてしまった。




……………本当にどうすればいいんだろう?

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:53:40 ID:MuGwp7l4
へっぽこでもスルーされてたが、こっちに至ってはラ・ロシェーヌに寄ってすらいないからな(笑

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:53:46 ID:5Bgx5eWO
上と下は流れとして納得するが
真ん中はなにがどうなってwwww

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:55:02 ID:5Bgx5eWO
> マルトーさんは、友達が死ぬのがこんなにうれしいかったことはない
補足頼む

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:57:02 ID:da50kJuv
>>758
友が己の戦場に誇りを取り戻しに行くみたいな意……だと思う

760 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 00:57:16 ID:JTzHjxHc

次の日
あ〜〜気持ちいい。
何もする気が起こらない〜〜〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


はっ
コレはヤバイ。マジでヤバイ。ヤバすぎたので投げ捨てる。
何もしたくない気がおきる機械はいらんわ。
努力することを忘れたルイズはゼロ以下だ。マイナスだ。
そんなわけでグランパにはこの耳かきをしてくれるBALLSをレコン・キスタにはやらせるように命令した。


結婚前夜
姫様はゲルマニア皇帝と結婚なさるそうだ。
あまりめでたくない。だが、同盟のため仕方がない。
本当に同盟が必要なのだろうか?という気がしないでもない。BALLSの物量と技術は強い。
私は結婚式の巫女として、始祖の祈祷書と詔を読み上げないといけないらしい。詩心の無い私には正直向いてない。

グランパが4属性の感謝に対する例文をざっと40枚ぐらい印刷してくれた。
あと、タバサが何故か協力して、いい文を厳選してくれた。何か狙っているらしい。
これらを組み合わせとけば良いだろう。
それにしてもこの『いちたろう』というのはスゴイ。文章の訂正や添削が非常に楽だ。



761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:58:54 ID:fydFrTHM
魔法より機械が便利になって来てないかw支援

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:59:03 ID:nPSG77pD
すでにPC実装済みかよwwww支援

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 00:59:34 ID:hK9NREIy
まぁ、罠というものは本来引っかかってくれないことのほうが多いものだからな。
相手が迂回する可能性は十分あるだろうから、フーケもわかっているだろ。
一応いわれた場所で待機したんだから、文句を言われるいわれはないし、
楽な仕事だったと考えればいいんじゃないか?

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:00:09 ID:J83OMjhg
順応性高いな

765 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 01:00:33 ID:JTzHjxHc
ここで投下一区切りで、



結婚式当日
アルビオン軍が攻めてきた!
しかも不可侵条約を汚い謀略で破って!
突然の奇襲によりトリステインの艦隊は壊滅したそうだ。

しかし、アルビオンの侵略を予想していたBALLSはアルビオンに対抗すべく、ひそかに空中戦艦を建造していたりした。1日で。

  B A L L S が 一 晩 で や っ て く れ ま し た 。

ナニモノですかコイツラは。おでれーた。
私の船はヴァリエール壱号から108号まで作られた。名前がぞんざいなのはそれらが1日で作られてしまったからに他ならない。
私は1日でトリステイン1の船持ちになってしまった。
アルビオンの宣戦布告から知らせが学園に届くまで1日しかなかったので、107隻しか作れなかったそうだ。どんだけ〜〜〜
しかし大砲は火薬が用意できなかったので積んでいないので、1号以外はほとんど空飛ぶカカシにしかならないそうだ。
ナニソレ?片手落ちどころか両手落ちじゃない!?


ので、大砲がないので体当たりを唯一の武器にするそうです。正気デスカ?


大砲を撃たれながら、船尾のブースターからぷらずま火を吹き出させて突っ込んでいくヴァリエール艦隊。
乗員はいないので、操縦はほとんどBALLSまかせです。
アルビオン軍は一斉に砲撃を仕掛け撃ち落そうとする。その中にはいつか見たミサイルも含まれていた。
何隻かは届かずに蜂の巣になって墜落していくが、それでも数はこちらの方が倍以上多い。

私のヴァリエール艦隊は108隻まであるぞ。

アルビオンの軍艦に突き刺さる急造の新品の戦艦。
そして溢れ出すヴァリエール戦艦の中身、速乾性のコンクリートとか接着剤でどろどろのヤツだ。アルビオンの戦艦に汚らしく張り付く。
大きく破壊された挙句、自重が倍以上になってバランスを崩して落ちていく戦艦。
戦艦からぽろぽろ落ちるように脱出していく豆粒のようなBALLSたち。
アルビオンの不可侵条約破りもアレだが、そのことがマトモに思えるぐらいのかなりアレな狂気の沙汰だった。
アルビオンの貴族たちは不満たらたら脱出している。
虚無も伝説もクソもない、力押しの物量作戦の勝利だった。

始祖の祈祷書と水のルビーからわかった爆破の呪文。私の属性は虚無だった。
いっちょ使おうと思ったけど、目の前にはもう敵艦がいなかった。
地上では浮き足立つどころか恐慌状態のアルビオンに、トリステイン軍が突撃をかけている真っ最中だった。あそこには撃てないわよね………。
なんだろうかこのむなしさは。戦争っていつもむなしいものよね。

後日、魔法学園の裏山が1日で丸ごと消えたと騒ぎになっていた。
ひょっとしてヴァリエール艦隊の原材料は・・・・・・


766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:00:38 ID:PQHEiGn9
>>719
レクスとラハールがそうなってる。
レクスは召喚剣極めたのに呼び出されたせいで普通の召喚もままならなくなったし
ラハールは超魔王の称号が・・・
普通に考えれば恨まれるな

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:00:37 ID:YogyMg23
もはやハルケギニアの面影ナッシング

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:03:03 ID:3RRMDUtr
108式まであるのかい!www

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:03:46 ID:Lk3FW6GY
なんという環境破壊

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:03:48 ID:fydFrTHM
>力押しの物量
BALLSの本領発揮w

771 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 01:03:48 ID:JTzHjxHc

1週間後
戦争勝利!!
姫様は王女から女王へと昇進された。
あと、その大戦果を理由にゲルマニア皇帝との結婚も取り消しになった。
ゲルマニカの皇帝は何故か前よりも乗り気で婚姻を進めたがっていたらしいが。何故だろう?皇帝も嫁がほしいのだろうか?

姫様もとい女王陛下は私を大公やシュバリエに叙したかったらしいのだが、戦争に乱入した時の私は軍属じゃなく学生だったのでお流れになるらしい。
あの船を弾丸がわりにしてバキバキ叩きつける戦法は、トリステイン貴族の船乗りからも不評だったらしいし。
空に対する敬意も、船に対する愛情もないからとのこと。そりゃそーだ私は飛んだことないし、船は乗るものでなく逃げ込む所だったし。
お父様も娘を甘やかさないでくださいと、言っておられたそうだ。後が怖いな。

代わりに何か要求はありますか、と聞かれたのでまず始祖の祈祷書の件を頼んだ。なんか読めたのでもうちょっと貸してほしい。
そう言うとなぜか女王直属の女官に任命され、直筆の書状を頂いた。
あと、ヴァリエール艦隊の残りを30隻ほど引き取ってもらった。
学園の私の部屋はもう物でいっぱいで船なんて入らないし、急造だからトイレも武器もないし、接着剤臭い。
乗り込む水兵もあてがないし、捨てるのはゴミ分別が難しいので、ある程度改造させて軍艦にするから有効に使ってほしい、と。
姫様は引きつった顔をしていた。なんで?
それと裏山がなくなったことの学園長の処分をちょっとだけ待ってくれるように頼んだ。すぐに裏山を作らせますから。
更に引きつる姫様。

ルイズは本当〜に昔から変わった子だったわね、とのお褒めの言葉を頂いた。褒められていないような気がする。



BALLSなら………BALLSならやってくれるっ!



772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:03:58 ID:0CXb3Tj+
笑い死にさせる気か

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:04:48 ID:XBUY+xIs
粘着剤満載の非武装無人戦艦で特攻とか嫌すぎる絵面ww

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:05:12 ID:fydFrTHM
BALLSは魔法のランプ

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:05:43 ID:MuGwp7l4
ルイズ慣れすぎだ(笑
常に予想の斜め上を行くBALLSに乾杯。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:06:00 ID:3RRMDUtr
笑いすぎて今の今まで支援を忘れていたぜ支援

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:06:12 ID:hK9NREIy
いかなBALLSでも、無から有は作れんと思うでよ。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:06:32 ID:YogyMg23
もはやどんな魔法よりも真の魔法だな>BALLS

779 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 01:06:46 ID:JTzHjxHc

3日後
魔法学園の裏山が3日で再生した。おでれーた。
できるんじゃないかと思っていたが、マジですごいよBALLS。
見る見るうちに土を盛られて山ができて、もりもり木が植えられていくのは、スゴイを通り越してアホな光景だった。
ニューカッスルの時は地面の底の作業だったから良く見えなかったが、見ていると正直スゴイ。
山の一面に張り付いて蟻みたいにうごめいてるのは全部BALLSなんだろう。
生えている木は『ばいおてくろのじー』で培養した『養殖もの』らしい。
原生林と比べると質は落ちるものの、地面の保水力はなかなかの物であるらしい。
ただ、見栄えだけで元の生態系ではないので、度々手を入れ管理する必要がある庭みたいなものなので、多様はオススメできないとのこと。

オスマン曰く、直せばいいというもんじゃなかろう、とのこと。ごもっとも。
コルベール曰く、イィ!スバラシイィ!!とのこと。最近研究で倒れすぎて壊れてる。そのクネクネしたポージングをやめても当分嫁は来そうに無い。
グランパ曰く、旧式のOVERS−SYSTEMか………どこの誰が介入を、とのこと。また出たその名前。ソレってナニサマ?
一応お咎めはなし。

ところで山の頂上におまけで立てられた天文台はいったいなんなんだろう?


780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:06:48 ID:da50kJuv
感覚狂いまくりのルイズGJ!

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:07:04 ID:RV/7pp62
>>777
つまりトリステイン以外の何処かから山盗ってくるのか!

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:07:05 ID:5Bgx5eWO
>>777
適当にガリアあたりの山をもってくればいいじゃない

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:07:26 ID:SxC51D/W
満載の接着剤が大質量と共に降り注ぐとか
圧死か窒息死か逃げるかの三択じゃねえかwww
支援

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:07:27 ID:X1HtiqSb
BALLS達が戦場の真理“戦争は数だよ兄貴ッ!”を広めているだけじゃね?支援

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:08:23 ID:Oqb+AGYK
コルベールがイワッチに介入されてる!? 支援

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:08:39 ID:MuGwp7l4
イワタマン自重支援

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:08:58 ID:ihlt5Z8x
ああ、とうとうコルベール先生のCVが結城比呂に変わってしまった支援

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:10:58 ID:6973QNgD
裏山を作らせますの時点で素敵に価値観狂ってるなw
もう虚無とか魔法とかゼロとかどうでもいいだろお前w

789 :超1級歴史資料〜ルイズの日記〜:2007/08/26(日) 01:11:02 ID:JTzHjxHc
補足:題名の由来は、

絢爛舞踏祭で夜明けの船クルー、ミズキミズヤの書いていた日記が、後世において超一級の歴史資料となってしまったことにあやかってきています。


以上、投下終了
ガンプ・シオネ・ガンプ・オーマ

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:11:54 ID:YyhpAClt
ジャック・ライアンを召喚。
気がついたら王座に座ってたちしそうだが。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:12:00 ID:MuGwp7l4
乙、そしてGJ。
爆笑させていただきました。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:12:10 ID:hK9NREIy
閃いた。
墜落したヴァリエール艦隊と、アルビオンの艦隊を回収して使えばいいんだ。

一応、墜落しようと格ざし用途、アルビオンの軍艦はアルビオンのものだろうけど、
そこはトリステインが戦利品として接収したことにすれば。
落ちた艦隊は邪魔だろうし、一石二鳥!!

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:14:37 ID:Hhar54t3
BALLSにとってリサイクルは当たり前です

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:16:35 ID:zkjeyKow
あれ?もの凄くハッピーエンドに向かってる?

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:16:46 ID:tmOcOBb2
なんというBALLS
仕事は総てこんなこともあろうかと&一晩でやってくれました状態w
GJ!
そして裏山は張りぼてに土を盛っただけなんだろうなww

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:19:29 ID:fydFrTHM
裏山が割れて中から巨大ロボが出てきても驚かないw

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:20:22 ID:pE10mnVP
マジハルケギニア大発展中wwwwww

798 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:21:03 ID:FYL9oKbo
空気を読まずに投下しようと思いますが、予約はありますかね?

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:21:45 ID:VooB9Wdi
投下!投下!
かまわねから全部落っことしてくれ!!!

800 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:22:25 ID:FYL9oKbo
五分後に投下しまふ

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:22:42 ID:SxC51D/W
支援
それは支援

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:23:04 ID:3RRMDUtr
意識をOVERSから再生の卵へ移す支援

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:24:53 ID:PLzyGEfU
漫画版ブレイブストーリーのチャン召喚とか想像したけど
どう考えても俺tueeeeeeeeeにしかならないな

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:26:51 ID:iJ28B3oe
何故ガフガリオンの名が出ないンだろう?

805 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:27:35 ID:FYL9oKbo
そろそろ行きます。

 翌朝の事。シエスタの実家にて寝泊りをした一行が、階下に降りて真っ先に目にしたものは、疲れ果てた顔をしながら居間で茶を啜る、コルベールの姿だった。

「やあ、君達……随分遅いお目覚めだね」
「「…………」」

 かけられた声にどう反応していいか分からず、呆然と立ち尽くしていたのだが、丁度朝食の準備が出来たらしいシエスタが、鍋を手に、一番近くにいたキュルケに耳打ちをした。

「偶然ですよ。ミスタ・コルベールもタルブ村の秘宝『竜の羽衣』の見聞に来たのだとか。うちが所有権を持っている事を知ったので、いらっしゃったのですよ」
「休暇が溜まっていたのでね。随分前から興味はあったんだよ。ついでに、学校をサボりまくった君等に、ちょっとしたお灸を据えねばとも思ったしね」

 どうやら耳打ちが聞こえていたらしく、コルベールは人の良さそうな顔でシニカルな発言をした。今更ながら、授業をサボっていた事実とそこから生まれるであろう罰に、キュルケは顔を青ざめさせた。
 タバサは無表情ながらも、若干眉が寄っているかな? と判別は出来た。誰とて罰は受けたくないものだ。

「後、彼女にはこのまま休暇を取って貰う旨も伝えたかったのだよ。伝書フクロウを使っても良かったのだが、まぁ、物はついでだ」

 確か、アンリエッタ姫殿下の結婚式に伴い、いかばかりかの休暇を申し付けられる者がいたな、とキュルケは頷く。
 めいめいがテーブルに着く中、窓の外からはアンヘルの声が響いてくる。

「ええい、止さんか馬鹿者共! 我を拝んでどうしようと言うのだ! 散れ!」

 伝説の韻竜ともあるだけに、村人に神聖視でもされているのだろう。見ずともアンヘルの困った様な素振りが容易に想像できた。
 各自に暖かいスープの入った皿を配りながら、シエスタが苦笑いを漏らしている。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:28:05 ID:4z1DkcGO
ドラクエから呼ぶんならDQM+のメガンテで散った3匹を何とか救済してやってほしいなあ…

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:29:21 ID:4z1DkcGO
おっと投下中だったか。失礼。

支援

808 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:29:52 ID:FYL9oKbo
「ははは……アンヘルさんも大変みたいで……」
「ある意味無理も無い話なんだけどねぇ」

 軽く肩を竦めたキュルケの隣で、カイムはアンヘルの声を背に受けながらプッと吹き出していた。今にして思えば、昔から随分アンヘルも苦労性ではあったが、あの様な状態を晒す事は決して無かった。
 意外な一面をここに来てからは良く見れる。何気なくそんな事が嬉しかったのだ。
 最近になって特に感情を外に表すようになったカイムの姿は、キュルケにとって好ましい事だった。何気なく隣に座る彼の手に、そっと手を重ねてみる。
 返って来たのは、ふ、と涼やかな微笑みであった。

「君らは竜があっていいなぁ。私などはほら、陸路で来た物だから随分時間がかかってねぇ」

 コルベールはそんな空気を知らず、「やー、疲れた」等と言って、シエスタに頼んで入れてもらったグラス一杯の冷や水をぐっと煽った。
 どうやら話を聞くに、昨日の仕事明けから夜を徹してここまで訪れたらしい。
 重要な研究資料足りえるか、溢れる好奇心によって一睡も出来なかったというのがコルベールの言である。
 そう言えば、エンジンを開発したりしてたしなぁ、と、ポンと手を打ってサイトは納得をしていた。

「君等への説教もいいが、とりあえずは朝食が終わったら、いの一番に『竜の羽衣』を見に行きたいのだが、案内してくれるかね?」

 台所で慌しく朝食の準備を進める両親を手伝うシエスタの背中に、コルベールが声をかける。
 返事を返そうとしたシエスタを遮る様にして言葉を挟んだのは、サイトであった。

「それだったら、俺が案内しますよ。昨日見て来たもんで」
「おお? 確か君は……サイトくんと言ったね? それはありがたい。では頼むよ」

 嬉々としてサイトの手を取りながら喜びを表すコルベールに、サイトは思わず苦笑いを浮かべた。
 シエスタの休暇の事を鑑み、どうせなら厄介仕事は自分が引き受けようとしたのだが、どうやら間違いだったか? 苦笑いの裏で彼はそんな事を考えていた。
 残るキュルケとタバサは、待ち受ける説教地獄が先延ばしになった事に、安堵の溜息を吐いた。キュルケは身体を大きく上下させ、タバサは小さく、下手をすれば誰にも気付かれぬ程にだ。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:30:00 ID:UhelCkjt
アンヘル可愛いよアンヘル支援

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:31:37 ID:1oP3hU2G
アンヘル様ありがたや、ありがたや
支援

811 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:31:54 ID:FYL9oKbo
 未だかつてない人数の貴族を相手にすると言う事で、緊張に身をガチガチに固まらせたシエスタの家族達であるが、出された料理は昨日の物同様、非常に美味であり、一行の舌を唸らせた。
 朝食を終えた後は、宣言通りコルベールはサイトを引き連れて『竜の羽衣』の見聞に赴き、残された一行は彼らが帰ってくるまで、村でのんびりと過ごす事と相成った。

「はぁー。憂鬱だわ。帰ったらどんな罰が待ってるのやら。自主的な課外実習って事にならないかしらねぇ」
「たわけ。その様な理屈が通るものか」
「諦めるのね。泰然自若としたお姉さまを見習うといいわよ! きゅい」

 村の広場でだらりとしながらアンヘルに持たれかかるキュルケは、双方向からの竜の言葉を浴びて、少々げんなりとした顔を見せた。
 横を見ればいつもの様に茫洋とした様子で読書に勤しむタバサと、自身の隣にいるカイムが、村の穏やかな空気に目を細めている姿がある。

「この陰鬱とした気分を何とかしてよカイム!」
「…………っ」
「よさんか馬鹿者。往来で何をしておるか」

 人々の目がある中で、堂々とカイムに抱き付こうとするキュルケにアンヘルがいつもの如く嗜める様な口調で言った。
 それに対し、頬を膨らましぶーぶーと文句を言うキュルケと、苦笑いを浮かべるカイム。そして、傍らでけたけたと笑い声を上げるシルフィード。
 竜の喋る姿には昨日の内に慣れてしまったのか、村人も早々驚いたりはしない様だ。だが、視線だけは一斉に集められる。
 そんな中、普段と変わらぬやり取りを繰り広げる者達であった。最早シルフィードが喋る事に、あまり突っ込みを入れなくなったタバサであるが、それはより目立つアンヘルの存在が理由と言えよう。
 タルブの村は概ね平和だった。この様な時間も、いずれはかけがえの無い思い出の一ページになるであろう。そう思い、青空に浮かぶ太陽を、手をかざして仰ぎ見たキュルケは声に出さず、何気なく胸の内でこう呟いた。

 ――――今日もいい天気ねぇ。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:32:58 ID:0d5+ka9R
支援

>>806
ターミネーターみたいに思いで消されるかと思うとむしろ使者に鞭打ってるように思えるよそれ

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:33:00 ID:UhelCkjt
最近タルブの村での暮らしが平穏であればあるほど不安に思うマゾな自分が居ることに気づいた支援

814 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:33:50 ID:FYL9oKbo
 朽ち果てたニューカッスル戦場跡に、丸い球帽を被り、緑色のローブとマントを身に付けた一人の男が佇んでいた。
 その傍らには、顔全体に包帯を巻いた珍妙な出で立ちの男が立っている。羽帽子を被った男の、包帯の隙間から覗く瞳には、どこか妖しい光が灯っている。
 ローブの男の正体は、アルビオン帝国初代皇帝、オリヴァー・クロムウェルであった。一国の皇帝ともあろう者が、打ち捨てられた様なこの場所に、護衛一人でやって来ているのである。
 勿論それには理由があった。
 既に粗方の物はレコン・キスタの兵達によって略奪された後にも関わらず、首を盛んに動かして辺りを見回すクロムウェル。

「報告が曖昧でいかんな。この辺りと言う話だったのだが……」

 クロムウェルはざっくざっくと瓦礫を踏みながら、心持ち浮かれた足取りで歩む。
 それに付き従う包帯の男は、ただ無言で彼の後ろを歩く。
 捜し求めているのは、この数日の間に発見、報告されたと言う、世にも珍しい発掘物とも言うべきものである。
 暇をもてあました兵達の好奇心からもたらされた結果の事だ。王城の地下には何か秘密がないか、と。
 深く掘り起こされた後が、目印との話であった。
 十分程かけ、ようやく探し当てた穴に入っていた物を目にし、クロムウェルはその顔を大いに綻ばせた。

「素晴らしい! 見よ! この様な見事な竜が他に存在し得ると思うかね?」

 掘り起こされた穴の中にあったのは、ハルケギニアでは見られる事の無い種類の、巨大な黒竜の遺体であった。
 その体色と恐ろしい顔つきは、死して尚見る者に畏敬と恐怖を抱かせる禍々しさがある。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:34:25 ID:SxC51D/W
タルブ村みたいな村なら理想的な暮らしができそうだ支援


816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:35:19 ID:pE10mnVP
>>813
ドMだなwww

817 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:35:57 ID:FYL9oKbo
「…………」

 やや興奮した面持ちのクロムウェルに対し、小さな頷きを持って返す包帯の男だが、彼自身はその地中に埋められていた一匹の竜に比肩し得るものを知っていた。無論、敢えて今この場で口にしようとは思わなかったが。
 うずうずしながら杖を引き抜いたクロムウェルは、横にいる男に言葉をかける。

「どうかね? この竜に跨る気はあるかね?」
「……それは、これが目を覚ましてから決めるとしましょう」
「おお、おお。まずはそうであったな。では、早速」

 そう言って、クロムウェルは低く小さな詠唱をする。男はかつて聞いたその呪文を耳にし、ふっと唇を歪めた。
 その詠唱が完成すると、クロムウェルの杖が、やさしく黒竜の遺体に振り下ろされた。
 そうする事により、黒竜の身体に一つ脈が打たれた。見る見る内に、遺体である筈のその姿に、生気が戻っていく。
 そして、その瞳がパチリと開かれた。深淵の如く暗い瞳である。思わず吸い込まれそうでもあった。
 緩やかに首を振った黒竜は、蘇った自身の身体を見回した後、傍らに立っていたクロムウェルに訝しげな視線を送る。
 対する二人は、その視線に射竦められ、咄嗟に動きをとる事が出来なかった。竜とは言えど、この威圧感は何たる事。
 たっぷり十秒程の間クロムウェルとその隣の男に目をやった黒竜は、その口をゆっくりと開いた。

「……儂に偽りの命を与えたのはお前か」

 よもや発掘された遺体が韻竜のものであったとは夢にも思わなかった。
 クロムウェルは喝采を上げ、単純に喜んでいるが、それに対しほの暗い静かな感情のまま、包帯の男は唇の端をにぃっと歪めた。

 ――――これであの二人に復讐が出来る……。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:36:07 ID:0CXb3Tj+
ワルド生きてたwwww

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:37:15 ID:UhelCkjt
いやあああああ黒竜ってまさかあいつですか支援。悪夢がやってくる

820 :DOD&M:2007/08/26(日) 01:38:17 ID:FYL9oKbo
拙き業前ゆえ、スレ汚し、お許しあれ……。ここまでにござる。
ゾンビワルドとゾンビブラックドラゴンでした。

あじゃじゃしたー。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:39:41 ID:3RRMDUtr
レグナ!?支援

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:39:50 ID:4eR5tBP4
おじゅじゅしたー。
ハードな展開に期待の支援

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:41:23 ID:zkjeyKow
ワルドがイウヴァルトみたいに「ルイルイルイルイルイルイルイルイ」とか言うのか?

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:45:19 ID:SxC51D/W
影響されてDOD買った
砂漠で詰まってフリーミッションでひたすら惨殺してレベルアップ中。
しかしなんというかよくこんな真っ黒なゲームが通ったよなーと思いながら今日もオープニングで放置してデモムービーをみる俺。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:55:22 ID:xWf5Dmyv
真面目で正直で、結婚したら尻に敷けそうで
冷たいご飯を出しても黙って食べる
服を衝動買いされても何も言わないような主人公ってどうだろう?
ちなみにボクと魔王のルカ。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:55:40 ID:FIKpngfT
レグナーー!?
乙でした。
これも神もどきによる時間影響の一つなんでしょか?

827 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 01:56:04 ID:OtZ6YaF8
ところで、予約とかあるのかしらー

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 01:59:26 ID:lcOGS4hr
>>825
エヴァのシンジとか。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:01:59 ID:5EDXWo1e
>>825
スタンとセットかどうかでえらい違うな

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:02:06 ID:AAI7ZDN7
>B A L L S が 一 晩 で や っ て く れ ま し た
>私のヴァリエール艦隊は108隻まであるぞ

ああもうwwwwwwwwww

831 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 02:03:07 ID:OtZ6YaF8
予約無い様なので、五分後から投下しますー

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:03:47 ID:cvZFaF7Y
おーるはんでっととぅがんぱれーどなのよー支援!

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:06:41 ID:2O5zrfjO
>>803
そりゃモデルがケンシロウだしw

支援

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:07:38 ID:Hhar54t3
曲砲支援

835 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/08/26(日) 02:08:20 ID:F10z9weG

 ガンパレードマーチ!ガンパレードマーチ!
 どこかにいる誰かのため支援

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:08:52 ID:XTI6453C
航空支援

837 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 02:08:58 ID:OtZ6YaF8

「やめて、ルイズ!
 ここには枢機卿も、母上も、あの友達面をして寄ってくる欲の皮を突っ張った宮廷貴族たちもいないのですよ! 
 ああ、もう、わたくしには心を許せるおともだちはいないのかしら。
 昔馴染みの懐かしいルイズ・フランソワーズ、
 あなたにまで、よそよそしい態度を取られたら、わたくし死んでしまうわ!」

眼前に展開する寸劇を見ながら、ブータは横で同じようにそれを見守るギーシュに問いかけた。

「ギーシュよ、なんとも芝居がかって仕方がないように見えるのは、これはわしが老いた所為かね?」
「違いますよ、ブータニアス卿。これがトリステイン流なのです」

声を潜めた師の言葉に、弟子は苦笑しつつもそれに答えた。
聞こえてくる会話から察するに、ルイズと王女は昔馴染みのようではあるが、
それでも警戒するに越したことはない。
猫神ブータの存在を極力秘密にすることはオスマンやコルベールの厳命であるし、
そもそもブータ自身がそれに賛成しているのだ。
ギーシュがそれを守らぬ法はない。

「……なるほどな」

弟子とその手に持った薔薇の造花を見やるとブータは器用にも肩を竦めた。
こやつと言いルイズと言い、どうも自分の世界に没頭する癖があると思ってはおったが、
それが国風だと言うのなら仕方がないのだろう。
なにしろ貴族の頂点に立つ筈の王族にしてからが未だにブータとギーシュの存在に気がつかないのだから。
正体を隠している身としては、アンリエッタがいる間は講義も出来ない。
仕方ないのでブータは開き直って寸劇を鑑賞することにした。

「思い出したわ! わたくしたちがほら、アミアンの包囲戦と呼んでいるあの一戦よ!」

ブータは眠そうな目であくびをして答えた。
韻が踏まれていない。20点。

「姫様の寝室で、ドレスを奪い合った時のことですね」

ブータは腹を見せて転がった。
二人しかいないのに包囲戦か? 15点。

「その調子よ、ルイズ! ああいやだ、懐かしくて涙が出そうだわ!」

ブータは丸い瞳をあっちこっちにやった。
うむ。だが心だけはこもっていよう。31点だ。

「……あ、あら嫌だ。ごめんなさい、ルイズ。もしかしてお邪魔だったのかしら?」

気づくのが遅い。落第点だ。


838 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/08/26(日) 02:11:55 ID:F10z9weG

 ぬこ支援ぬこ支援

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:12:28 ID:0CXb3Tj+
ボロクソだなwwwww支援

840 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 02:13:05 ID:OtZ6YaF8
「そこの彼、あなたの恋人なのでしょう? いやだわ、わたくしったら。懐かしさにかまけて、とんだ粗相をしてしまったみたいね」

その言葉にルイズの顔が見事なまでに紅潮した。
そんなことは今まで欠片も考えてはいなかったのだろう。
その見事なまでの顔色の変わりっぷりに、ブータは満点を与えることにした。

「残念ですが、姫殿下。僕とルイズはいまだ友人の間柄ですよ」

にこやかに笑ってギーシュが言った。
さりげなく薔薇を握った手をアンリエッタの目に入るように動かしている。

「“いまだ”なのですか? まぁまぁ! では、わたくしはあなたの求愛を邪魔したのかしら?」
「とんでもない。いまだこの未熟なこの身としては、ルイズ姫の寵愛を受けるには役者不足もいいところです故。
 今は雌伏の時期と心得、じっと華が咲くのを待ちわびているのです」

いけしゃあしゃあと心にもないことを述べるギーシュに、何か悪いものでも食ったかとルイズが白い目を向けた。
ギーシュにしても実に不思議だった。
少し前までの自分であったならば、王女殿下の前に出ただけで緊張のあまり倒れてもおかしくはなかった筈なのに。
何故だろうと心の隅で考え、あっさりと結論を出す。
平民だろうと貴族だろうと平等に接する小さな少女に感化されただけだろう。
常に自然体のルイズの姿勢は、相手が王女殿下だろうが変わらないのだから。
つまりは自分はルイズ症候群に感染してしまったということなのだろう。

「あら嫌だ、わたくしったら、まだあなたのお名前すら伺っては降りませんわ!
 初めましてかしら? トリステイン王国第一王女アンリエッタですわ。
 お名前をお聞かせ願えないかしら? ご立派な殿方」
「グラモン家四男、ギーシュ・ド・グラモンと申します。お見知りおきを」
「まぁ。グラモン元帥の! わたくし、元帥やその息子様方の武勇伝はよく女官たちから聞いておりますわ!
 戦場のものは勿論、それ以外のものまで!」

王女はそう言いながら昔馴染みの少女を横目で見る。
生暖かい、隅に置けないわねというような言葉を言わずとも伝えるその視線に、
少女はたまらず口を開いた。

「姫さま、姫さま! 何か誤解なさってらっしゃいませんか!?」
「ああ、いいのよルイズ。あなたは既に婚約者のいる身であることはわたくしも知っていてよ。
 けれど、いえ、それ故に燃え盛る想いもあることもわたくしは知っているのですから。
 わたくしはいつだってあなたの味方でしてよ?」

言い募ろうとしたルイズが、何かに気がついたかの様に口をつぐんだ。
その言い方では、アンリエッタにも誰か意中の相手がいると言う風に取れるではないか。
ちなみに、ギーシュとブータは別の事で固まっていた。
ルイズに婚約者が既にいると言う件でである。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:16:30 ID:XTI6453C
正直、許婚でもなく(ないよな?)ルイズが小さい頃に婚約者になった
ワルドは周りから白い目で見られたと思うんだ支援

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:17:07 ID:kRxZVWEW
アンリビッチ過ぎ支援

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:17:20 ID:0ioEbkFQ
BALLSの世界観破壊は異常wもっとやれw


844 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 02:17:25 ID:OtZ6YaF8
「お待たせ、って、なによこの空気」

ノックもせずにキュルケが顔を出したのはそんな時だった。
室内の妙な沈黙に首を傾げる。
その後ろにはデルフリンガーを背中に担いだタバサの姿も見えた。
夕飯後の日課である素振りを終え、軽く風呂で汗を流してきたのだろう、
いつもは真白い雪のような頬が紅潮し、なんとも言えぬ色気を出している。
相方のキュルケはといえばこれはいつもどおりで、その豊かな胸を強調するような服装に、
おそらくはモンモラシー製であろう香水で大人びた魅力を演出していた。

「ちょっと、キュルケ! ノックくらいしなさいよ!」
「なによ今日に限ってうるさいわね。わたしたちの仲じゃないの」

このようにタバサとキュルケがルイズの部屋を訪れるのはほぼ毎晩のことである。
大体はギーシュが先に来ていて、その後にタバサが合流してブータの講義を聞いているのだ。
ノックについては、講義が始まった晩に主張したルイズが、
「ノックしないと困るようなことをギーシュとするつもり?」
と猫のように笑って言ったキュルケに撃沈されてから有名無実のものと化したという背景がある。
だが、今の部屋にはそれらのことをまったく知らない人間が一人いたのだった。

「まぁまぁ! 何でギーシュ殿が否定されるのかと思ったら、
 ルイズ、あなたまさか女性との趣味がおありなの!?」
「ありません!」

どうでもいいがこの姫さま、ノリノリである。

「喧嘩するほど仲が良い。間違ってはいない」
「大間違いよ。……ねぇ、ギーシュ、誰よこれ。王女さまに見えるけど、もしかしてマリコルヌの親戚?」
「彼も出世したものだねぇ。きっとそう言ってあげると喜ぶと思うよ」

憮然としたキュルケと、爆笑一歩寸前に追い込まれたギーシュ。
そして我関せずと超然としたままのタバサをみた王女の目が再びの驚きに見開かれた。

「それに、それに首輪だなんて! 
 女同士で、その上、首輪だなんて!
 ああ、始祖ブリミルよ、お許しください!」

――――それこそ、もう勘弁してやってはくれまいか。





845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:17:47 ID:Mv7Onl4i
支援



そして、たんぽぽか山の上の天文台ってたんぽぽのことか

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:18:27 ID:tmOcOBb2
>>841
貴族社会ではよくあること
ぶっちゃけ幼女趣味が肯定されてて、批判したら暗殺されたりするという事例があったりするとか…
支援

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:19:21 ID:AAI7ZDN7
姫様もちけつwwwwwwwww
支援。

848 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 02:20:06 ID:OtZ6YaF8
/*/



一向に収まらぬ騒動を見ながら、ブータは懐かしげに髯を揺らした。
今も目を閉じれば鮮やかに思い出せる。
火の国、火の山の麓に築かれた正義最後の砦を。
袴姿の少女が暴走し不潔です不潔ですと刀を振りかざす。
これはたまらんと伊達男がぽややんの手を取って逃げ出し、
電子の巫女姫が真っ赤になってそれを追いかける。
自らの背に乗った幼女がめーなのめーなのと宥め、
道化師を筆頭とした狩人たちが月の下で珍妙な寸劇を演じていた。
輝いていた過去を想い、大猫は静かに胸を叩いた。
それは既に失われ、記憶の片隅にしか残っていなかったが、
しかし彼はそれが未だ自分と共にあるのを感じていた。
そう、それはどこにでもあるのだ。
例え世界が変わり、時代が流れようとも、
自分と仲間たちが守ったモノは、守ろうとしたモノは何時だって
子供たちの笑顔と共にあるのだから。



/*/


しばしの後。
室内は沈黙に包まれていた。
原因となったのはまたしてもアンリエッタ王女の発言である。
と言っても今回のそれは先ほどのような暴走故のものではない。

「つまり、アルビオンに赴き、その手紙を受け取ってくれればいいのですね?」

総括していったルイズの言葉に、アンリエッタは小さく首を振ることで肯定した。
真面目な話をする内に先ほどの暴走が恥ずかしくなったのか、少し頬を染めている。
その姿を見ながら少女は誰にも聞かれぬよう舌打ちをした。
“ルイズのお友達なら大丈夫でしょう”などと言う王女の言葉など聞かず、
無理にでもキュルケたちを部屋の外に出すべきであったか。
これはトリステインを揺るがす一大事だ。
ギーシュはともかくも、キュルケやタバサまでも巻き込むべきではなかった。
“白の国”“浮遊大陸”アルビオン。
そこを支配する王家に関して、ルイズは複雑な想いを抱いている。
言うまでもなく、ミス・ロングビルに聞かされた過去の一件である。
それを考えれば王家に好感など持てよう筈もない。
だが、とルイズは思考を切り替えた。
ロングビルが知らぬだけで、あの件には他に何か理由があったかもしれない。
その一件のみで王家を悪と謗るのは不用意に過ぎるだろう。
ウェールズ王太子に会えれば、その件について詳しく知っている人も傍にいるかもしれない。
それに……

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:21:15 ID:kRxZVWEW
>>841
貴族同士ならあの程度の年の差普通にありえるでしょ
「ルイズとワルド」より「公爵家と子爵家」の方が比重としては随分大きいかと

850 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 02:22:19 ID:OtZ6YaF8

「ルイズ。ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」

考えに沈む少女に声をかけたのはキュルケだった。

「あなたが何を考えているか知らないけれどね。この話、あたしも乗らせてもらうわ。
 皇帝陛下の婚儀が、トリステインとゲルマニアの同盟がかかっているなんて聞いたら尚更よ」

そして赤毛の少女は、ギーシュの言葉を借りればルイズ症候群の感染患者であるキュルケは胸を張って言い募った。

「トリステインが堕ちれば次はゲルマニア。そしてあたしの実家の領地はトリステインとの国境よ。
 そこが最前線になるなんて耐えられないわ」
「よろしいのですか、キュルケ様。わたくしはゲルマニア皇帝を裏切っているのに……」
「無論ですわ、姫殿下。これはルイズの受け売りですが、
“その力を万民のために、名も顔も知らぬ領民のためにどこかの誰かの笑顔のために使える者こそが貴族”だそうです。
 そしてこのキュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーは、
 自らが貴族であることを常々誇りに思っているのですから」

その言葉を聞き、ルイズはそっと目を伏せて自らを恥じた。
その通り、貴族の力は自らのためではなく、名も顔も知らぬ誰かの笑顔のために奮われるべき力なのだ。
悩むことなどなにもなかったのだと。
ルイズは胸を張り、キュルケに堂々と相対した。
胸の大きさでは比べるまでもなく負けていたが、その中にあるものの大きさでは負けぬと態度で示したのだ。

「わたしの言葉を勝手に使うとはね、使用料を取るわよ、キュルケ」
「あら、世界の真理をお金に換算しようなんて、ルイズも随分ゲルマニア流に染まったようね?」

いつものようにいがみあう二人に肩を竦め、
ギーシュは首元に嵌められた猫の首輪の位置を直すタバサと目を合わせると、
仕方ないなと言う風に笑みを浮かべた。
ルイズ症候群、順調に進行中。
致死率は十割、けれど笑って死ねることだけは確実だ。

「では、僕も一枚かましてもらおう。ゲルマニア人のキュルケ嬢が参加すると言うのに、
 トリステイン人の僕が静観などできないからね」
「手伝う。鍛錬の成果も確認したいし」
「にゃー」

口々に言う生徒たちを見ながら、ブータは満足げに頬を緩ませ、自らも参加すると前脚を上げた。
そしてルイズ症候群の重体患者である三人と、むしろ病原菌に近い大猫は感染源の少女に視線を移す。
うん、と頷いた少女は満足げに微笑み、主君にして幼馴染である王女に深々と礼をした。

「――――我ら四名、およびその使い魔一同、その儀、謹んでお受けいたします」




851 :ゼロのガンパレード:2007/08/26(日) 02:25:49 ID:OtZ6YaF8
投下終了でございます。
あじゅじゅしたー

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:26:28 ID:FYL9oKbo
あじゃじゃしたー。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:26:34 ID:0CXb3Tj+
あじゅじゅしたー

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:26:58 ID:XTI6453C
>>846>>849
マジか。
・・・ああでも、日本も昔は十代半ばで結婚っぽかったし・・・
現代の一般常識で考えちゃだめか。

>>851
あじゅ2したー。
ブータが姫の前で喋る日は来るのだろうか。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:27:06 ID:yFmDomV+
GJ!
いつも通り面白った

856 :名無しさん@お腹いっぱい:2007/08/26(日) 02:27:25 ID:F10z9weG

 乙ですたー。
 

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:28:18 ID:Mv7Onl4i

あじゅあじゅ

858 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:29:07 ID:FirC6c59
851 >>乙&GJです。
便乗投下予告しますです。
5分後、いいですか?

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:29:21 ID:MqfVMcBV
DODの人、ガンパレの人乙でしたー
>>824
俺が居る
まだ届いてないけどね

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:31:02 ID:FIKpngfT
乙でございましたー。
それにしてもアルファ世界観はいちいちカッコウよすぎてまいってしまう
ルイズ症候群に感染しなければワルドはノット貴族ということですね

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:31:30 ID:vxwfqYvl
>>854
わが国には偉大なる先達「光源氏」殿がおられるではないか。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:32:31 ID:Mv7Onl4i
支援

だが、活動限界がきたのでお先に逝ってm(zzz

863 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:34:45 ID:FirC6c59
感謝です。では逝きます。



小鳥の囀りとともに床から目覚めるミカヤ。
朝日が窓から入り、すぐに意識が立ち上がる。
右隣の布団を被るルイズはまだ夢の中。
しかし、学生である以上、自分と違い、学業もある。
そろそろ起こそうと思い、ミカヤは一度背伸びをし、
ベッドから出る。
優しく右頬を撫でつつ、ルイズの目覚めを促す。

「ルイズ、ルイズ。朝よ。そろそろ起きて。」
「ん・・・、うう〜ん。」

身をよじり、ゆっくりと意識が覚醒してゆくルイズ。
目を開ければ、そこには『女神』。

「あ、えと、あ・・・。」

今まで朝は自分だけだったためか、動揺するが、
昨日のことを思い出し、一人頷く。
そう、彼女は女神。『ゼロ』と呼ばれ続けた
自身が、この世界へと招いた自分だけの女神が
そこにいる。
ならば、朝目覚め、なすべきことは―――

「おはようございます、ミカヤお姉さま。」

朝の挨拶からである。

「おはよう、ルイズ。」

陽光のような笑みで、ミカヤは応えた。





864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:35:01 ID:3RRMDUtr
同じく支援だZzz

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:35:22 ID:tmOcOBb2
乙じゅしたー

江戸末期には年齢一桁で結婚させられた将軍様が居るんだぜ?
お相手の確か年齢一桁だったはず

そして支援

866 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:35:49 ID:FirC6c59


ファイアーエムブレム外伝 〜双月の女神〜

第一部 『ゼロの夜明け』

第三章 『紅蓮の悪友』





扉を開け、身支度を終えた二人は寮の廊下に出る。
ミカヤは聖杖『マトローナ』を右手に持ち、腰に
下げている左右のホルダーは光の魔導書を全て
収めている。
それぞれのホルダーの頭には杖が一対ずつ。

「ミス・ミカヤ、何も完全装備でなくても。
魔法学院は安全なのよ?」

外では話を聞かれる可能性があるため、努めて
『ミス・ミカヤ』と呼んでいる。
魔導書は武器であることはミカヤにすでに教えて
もらったため、いぶかしげに訊ねるルイズ。

「ハルケギニアにはテリウスの精霊魔法が存在しないから、
この魔導書は今の所複製できないわ。
それに複製もできない上位魔法もあるから、盗人が
入り込んだりして盗まれるわけにはいかないの。」

特に上位魔法や最高位の光の精霊との契約を要する
最上位魔法の魔導書も手元にあるため、これを盗まれれば
一巻の終わりである。

「それに、使い魔の役割は、主の護衛でしょう?
なら、何時でもルイズを守れるようにしておかないとね。」
「う、うん・・・。」

そう返したミカヤに、思わず赤面しつつ頷くルイズ。


867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:37:13 ID:XTI6453C
>>861>>865
あー、なるほど。
・・・つまり日本人は先天的にロリコンの素質がある、と。

868 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:37:30 ID:FirC6c59
使い魔の役割としてあげられるものの一つに、召喚者との
感覚の共有があげられる。
視覚、聴覚を共有することで、使い魔を偵察、潜入をさせた
際に、見ているもの、聞いているものを召喚者も把握できる
というもの。
しかし、人間を召喚したためか、あるいは別の要因があるのか、
ルイズはミカヤと感覚を共有できていない。
二つ目は、召喚者の望む物の収集。
秘薬の原料になる薬草や鉱石等をその使い魔の知識、嗅覚で発見、
召喚者に提供する。
これも異世界から召喚されたミカヤの知識に該当するものがある
可能性は極めて低いため、これも除外。
最後に、最も重要な役割、それは召喚者の護衛。
これはミカヤの持つ魔法と、治療や様々な補助を可能にする
杖の力ならば、十分に果たすことが出来る。

(それに、昨日から杖や魔導書に触れていると、使い方から精製
に至るまでの必要な知識までもが手に取るように分かる・・・。)

恐らくこれは自身に刻まれたルーンの影響と推察する。
だが、このことはまだルイズには話すべきではないと考えた
ミカヤは、それ以上の思考を棄却した。
ちょうどその時、一人の女学生が別の部屋から出てくる。
紅蓮の炎を思わせるウェーブがかった髪と、艶のある
褐色の肌の、成熟した女性と言っても遜色ない少女。
そのプロポーションはあまねく、同年齢の少女には理想
ともいえるものだった。
ルイズの同期の学生―――『微熱』の二つ名を持つキュルケ・
アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーは
こちらを見やると、一度驚いた表情を浮かべるものの、人の悪い笑みを
浮かべ、挨拶をする。

「おはよう、ルイズ。」

たちまちに不機嫌な表情になるルイズ。

「おはよう、キュルケ。」

挨拶を返すが、如何にも嫌そうにする。


869 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:39:04 ID:FirC6c59
「貴女も恐れ多いことをしたわね。『サモン・サーヴァント』で
『女神様』を呼んで、使い魔にするなんて。」
「うるさいわね。むしろあんたのほうがミス・ミカヤに対して
無礼じゃない。」

使い魔は召喚者と一心同体。自分への侮辱はすなわちミカヤへの
無礼と同義と考えているルイズは、キュルケを睨みつつ言った。
しかし、ミカヤはキュルケの心を読み、悪意はないことが分かる。
いつも心の中でルイズを気にかけている、素直になれない友人。
そう、苦笑を浮かべつつ納得する。
本人達に告げれば声を合わせて否定されることであろうとも。

「ミス・ミカヤ!貴女までもこの女は侮辱しているのよ!
笑い事じゃないわ!!」

それを見咎めたルイズは顔を真っ赤にし、抗議する。

「ごめんなさい、ルイズ。でも、彼女の言葉からは悪意を感じないわ。
ただ、二人の掛け合いが面白かったから、つい。」
「ミカヤお姉さま!!・・・・あ。」

ミカヤが苦笑混じりに漏らした本音に怒りの臨界点を突破し、
テンションが高くなったルイズはつい、『ミカヤお姉さま』と言って
しまい、気がついて顔をうつむかせた。
選りにも選って一番聞かれたくない相手に聞かれてしまったからだ。

「あっはははははっ!『お姉さま』、て何よ?
もしかしてそういう趣味なわけ?貞操観念も『ゼロ』だなんてねぇ?」

案の定、言葉尻を取り、からかうキュルケ。

「ツェルプストーッ!!違うわよ!」
「ルイズ、そのぐらいにしておきなさい。からかいを助長するだけよ。」

顔から蒸気が出かねない勢いで怒りをぶつけるルイズをたしなめる
ミカヤ。
うう、とうなりつつも、矛を下げる。

「ふふ、そうしていると出来の悪い妹の面倒を見る姉ですわね。」

あくまでからかうようにしつつも、その光景を微笑ましく感じた
キュルケ。
ミカヤに諭された手前、怒鳴りはしないものの、睨みつけるルイズ。


870 :867:2007/08/26(日) 02:39:32 ID:XTI6453C
支援忘れてた支援orz

871 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:40:08 ID:FirC6c59
「さて、そろそろ自己紹介をしなければ本当に無礼になりますわね。
私はキュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・
ツェルプストー。
そちらのミス・ヴァリエールと同期にあたります。
キュルケと呼び捨てで構いませんわ。」
「分かりました。ではキュルケと呼ばせてもらいます。
私はミカヤ。ミス・ヴァリエールの使い魔になります。」

互いに笑顔で自己紹介を済ませると、どちらからともなく握手を
求めた。

「では、ミス・ミカヤと。
私の使い魔もお目にかけますわ。フレイム、いらっしゃい。」

キュルケに促され、後ろから紅い鱗に覆われた人よりやや大きな
巨躯の、尻尾に炎を宿した、竜と見紛う立派なトカゲが姿を現す。
ミカヤを見ると、知力が高いのか、フレイムと呼ばれた大トカゲは
恭しく一礼。

「フレイム、あなたにも分かるのね?ミス・ミカヤが敬意を払う
べき存在ということ。」
「それってサラマンダー?」

フレイムの頭を撫でるキュルケに、面白くなさそうに質問する
ルイズ。

「そうよ、この鮮やかで大きい炎の尻尾の火トカゲは間違いなく、
火竜山脈のサラマンダー。
素敵でしょ?私の属性にぴったり。」
「あんた、火属性だもんね。」

後にミカヤも知るが、ハルケギニアでもこれだけ立派なサラマンダーは
非常に稀で、召喚者のキュルケの実力が相当のものであることを証明
していた。
それが分かるため、ミカヤの召喚者とはいえ、面白くないルイズは
キュルケをふん、と睨む。

「ええ。私の二つ名は『微熱』のキュルケ。ささやかに燃える情熱は
微熱。でも、男の子はそれだけでイチコロなのですわ。」

そう言って区切ると、ミカヤとルイズを見比べて一つ。

「最も、ミス・ミカヤの神聖な魅力には劣るかも知れませんが。
ホント、『ゼロ』のルイズには勿体無いくらい。」

ルイズへの皮肉を挟みつつ、心からそう謙遜しているキュルケに
苦笑するミカヤ。
ルイズはその皮肉に怒りが沸騰寸前にまであがり、顔が赤くなっていた。

「ミス・ミカヤ、少し、よろしいですか?」
「何でしょう?」

耳打ちするような姿勢でたずねて来たため、ミカヤは顔を
キュルケに近づける。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:41:21 ID:tmOcOBb2
>>867
そんなこと邪馬台国の卑弥呼の後継者問題で分かりきった話じゃないか
弟が王になったら国が乱れて、幼い巫女さんを王にしたら国が纏まったんだぜ?

支援

873 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:42:41 ID:FirC6c59
「・・・・・ミス・ミカヤを召喚できたことは、きっと
あの子の心の支えになります。
ルイズのこと、どうかよろしくお願いいたしますわ。」

ルイズには聞かせられない、「悪友」を自認する本音を
聞き取られないように言うキュルケ。

「・・・・・分かりました。」

それに微笑をもって応えるミカヤ。
それを確認し、満足の笑みを浮かべるのは一瞬。すぐさま意地の
悪い笑みに切り変わり、ミカヤから離れる。

「じゃ、お先に失礼。お・ね・え・さ・ま。」

ルイズとミカヤに皮肉たっぷりに言ってみせ、フレイムを伴い、
その場を後にした。

「きぃぃぃぃっ!!なんなのあの女!
火竜山脈のサラマンダー引き当てたからって、偉そうにッ!」

完全に姿が見えなくなると、とたんに怒りを爆発させ、
金切り声を上げるルイズ。

「あら、ルイズは私じゃあ不満なの?」
「ち、ちがうの、ミカヤお姉さまッ!
私はただ、あのツェルプストーが・・・!」

しかし、苦笑しながらのミカヤの切り返しに動揺し、
わたわたとしてしまう。


874 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:44:24 ID:FirC6c59
「ルイズ、貴女が邪険にするほど、彼女は悪人ではないわ。
恐らく私の目が確かならば、彼女は得がたい友人に
なるはずよ。」
「・・・・・でも、ツェルプストーは私達ヴァリエール家にとって
天敵以外の何者でもないわ。」

ルイズとキュルケは先祖代々からのいさかいを受け継いでしまっている。
その血筋故か、ルイズのヴァリエール一族は、隣国ゲルマニア
の貴族であるキュルケのツェルプストー一族に妻、ないし夫を寝取られ、
その度に血で血を洗う争いを繰り広げてきた。
ミカヤが言うほどにルイズは割り切れるものではなかった。
それでも、ミカヤは彼女に優しく助言する。

「でも、心には留めておきなさい。
からかいつつも彼女は常に、友人を思いやることが出来ている。
彼女のことをもっと大事にしなさい。」

そうして、桃色のブロンドをすくようにやさしく撫でる。

「・・・・最も、お互い面と向かっては素直にはなれない
でしょうけどね。」

そんな言葉を聞き、ルイズは頬を赤くしつつ、そっぽを向く。

「・・・・・それでも、キュルケは私の敵ですわ。」

あえて敬語を使い、拗ねて見せると、歩き出した。

「食堂へ案内します。ついて来て下さい。」
「・・・・・本当に、素直になれないのね。」

後ろを振り返らずに呼ぶルイズに、思わず微笑ましく感じた
ミカヤは溜め息混じりにそっとつぶやき、彼女の後に続いた。

875 :双月の女神:2007/08/26(日) 02:45:44 ID:FirC6c59
以上です。会話一つ一つが長くなって、亀です(汗)。
では失礼をば。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:52:49 ID:cvZFaF7Y
乙でしたー。
ますますマリ見てチックに!?
サイトの出番までまだ先は長そうですね

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 02:56:23 ID:XTI6453C
>>875
乙したー。
直接的な描画はないのに百合の香りが漂う・・・。

>>872
「幼い巫女さん」
ってなんか卑猥だー、と思うがそれは置いといて。
そんなに古くからロリコンなんだなー、日本人。

・・・いや俺はロリコンじゃないよ?

878 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 02:58:50 ID:El7LDFSO
夜中だけど俺も投下させてもらうんだぜ!
ちょっと鬱&死亡ネタ注意。

ゼロの全員まとめてクライマックス外伝 〜未来より永遠に〜 中篇

879 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:00:27 ID:El7LDFSO
 イザベラの部屋に訪問者があったのは、あの茶会から三日後の事である。
 天蓋つきの豪奢な寝台に寝そべっているイザベラは、ドアを無遠慮に叩くノックの音の強さから、あの
ごくつぶしのお出ましだと悟り、杖を一振りして『ロック』の魔法をかけた。これでドアを開ける事は出来
なくなった。イザベラが『ロック』を解除するまでドアは閉ざされたままだ。
 が、その数秒後、ドアの錠の開く音がしたかと思うと、イザベラがこの世で二番目に大嫌いな『兄弟』
が部屋に足を踏み入れた。

「入るぞ、我が姉妹よ」

 ずかずかと部屋に侵入してくるジークに、イザベラはいっぺんに機嫌を悪くして刺々しい声で言う。

「『ロック』をかけたはずなのに、どうして入ってくるのよ」
「『アンロック』を使って開錠したに決まっているだろう。あの程度の魔法、この私に使えぬ道理はない。
 まあ、教養の差だ」

 最後の最後に、余計な事をジークは言った。
 自分に魔法の才能がない事を侮辱されたと解釈したイザベラは、ジークに枕を投げつけた。ジークは
それを、後ろで手を組んだままひょいとかわす。次に時計、花瓶、陶製の鳥の置物と、次々と部屋の中
にある調度品を投げつけるが、やはりその悉くを避けるジークであった。
 投げるものがなくなってきた辺りでイザベラは何か途方も無い徒労感に見舞われ、馬鹿馬鹿しくなって
寝台に手足を投げ出して寝転がった。
 ジークはどうやら貴族か王族か、とにかく高貴な生まれであるらしく、礼儀作法も一通り修めていたし
簡単なコモン・マジックなら使えるようだった。しかも周囲に蝶よ花よと甘やかされて育ってきたと見え、
この世界の森羅万象何もかもが自分に味方するものと本気で信じている。その上周囲の人間の悪意に
これでもかというほど鈍感なのだ。
 そんなジークの相手をしてやったところで疲れるだけである事を、イザベラは嫌と言うほど思い知らされ
てきた。こういう手合いは可能な限り無視するのが、最も賢明な対応だろう。
 だが、えてしてこういう手合いは、自分の事を無視されるのを極端に嫌うのである。
 一度徹底的に無視してやった事があるが、無礼だぞ、この兄に反抗するつもりか、私の前では礼節を
弁えろと、一日中付きまとわれて口やかましく怒鳴られ続けた。正直うざったい事この上ない。
 だからジークの方から話しかけてきた時は、最低限は応対してやる必要があるのだった。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:00:58 ID:0ioEbkFQ
DODすら耐え切ったから問題ない
支援する

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:00:59 ID:+iW8/ZBo
支援

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:01:40 ID:Q9uLOcwx
女神の人乙!キュルケはやっぱりいいお姉さんだな。
そしてもう百合臭いぜ兄貴!
続けて支援!

883 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:01:51 ID:El7LDFSO
「我が姉妹よ。実は、大事な話がある」
「何? どうせあんたの事だから、下らない話でしょ」
「我らが従妹、シャルロットの事だ」

 不愉快の津波が再びイザベラの感情の防波堤を打つ。イザベラは不機嫌を隠そうともせずに、嫌味っ
たらしい口調で言った。

「へぇ……あんたがさっさと始末しないばっかりに、のうのうと生き延びている私の従妹の話ねぇ?」
「何を言う。従妹が健在である事は、喜ばしい事ではないか」
「私があんたと契約した時、私は何を願ったっけ? 言ってごらんよ!」

 イザベラが激昂して叫ぶが、当然ジークには何の痛痒を与えた様子もない。ジークは寝台に腰掛け、
優雅に足を組んで話し始めた。

「そなたは私に対して、シャルロットの抹殺を願った。そうだったな?」
「そうね、だから?」
「前々から気になっていたのだ。どうしてそなたは、従妹であるシャルロットを――」

 ジークのイザベラに問おうとしたその瞬間、『アンロック』によって開錠されそのまま放置されていた扉
が勢いよく開いた為、ジークは『大事な話』の中断を余儀なくされた。
 イザベラの部屋に転がり込むように入ってきたのは、侍女の一人だった。息を切らし、顔色は真っ青で
今にも泣き出してしまいそうな表情をしていた。自分の話を中断させた彼女に対して、ジークは不愉快を
禁じ得ず、大声で侍女を怒鳴りつけた。

「お手伝いその8! 主の部屋に断りも無く入るとは何事だ!」
「も、申し訳ありません、ジークさま、イザベラさま……し、しかし、大変な事が……」
「大変な事?」

 蒼白な顔、震える声で言う侍女に、ジークはただならぬものを感じた。イザベラもまた、その尋常ならざ
る雰囲気に違和感を感じていた。どうやら、主に対する非礼も承知で、急いで知らせようとするほどの事
らしい。国家転覆を図る叛徒どものアジトでも見つかったのだろうか?

「何があったと言うのだ。申してみよ」

 ジークが促すと、侍女は全身を震わせながら頷き、数秒の後に自身の伝えるべき言葉を絞り出した。

「シャルロットさまが……戦死なされました」

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:03:43 ID:sBMSfLj0
DOD買って全部のEND見たぜ!!

・・・うん、AEND以外はかなり鬱でした。
AENDは感動だった俺は異端??

885 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:04:02 ID:El7LDFSO
 イザベラとジークは、タバサの遺体が保管されている部屋に案内された。
 部屋と言っても、最低限の家具の他には何もない部屋だ。よく言えば小ざっぱりした、悪く言えば殺風
景なその部屋の中央に、タバサの遺体が収められた棺が置かれていた。棺の周りには侍女達が控え、
皆一様に沈痛な面持ちで頭を垂れている。
 その様を見たイザベラは、しかし何一つ不快な感情を喚起させられなかった。侍女達の反応を許して
いるわけではない。ただどうでもよかっただけだ。すすり泣く侍女達も、目を伏せて体を震わせるジーク
も、周囲のもの全ての存在が急速に遠ざかり、気づけば自身と、その従妹の遺体の収められた棺しか
認識出来なくなっていた。
 何か言おうと口を開くが、口の中が乾ききっている。老婆のようなかすれた声で、イザベラは言った。

「は、は……まあ、今回は相手が悪かったからねぇ……」

 漸く搾り出した声は、自身の発したものと思えなかった。小さく、弱々しい響き。
 何故だろう。
 自分は、シャルロットの死ぬこの瞬間を待ち望んでいたのではなかったか。シャルロットが憎い、そう
思えばこそ、それを望んでいたのではなかったか。シャルロットが息絶えたその時、自分は人生最大の
至福、絶頂の時を迎えるものとばかり思っていたのに。
 イザベラの胸中に静かに満ちていくのは、愉悦でも充足感でもなく、何か取り戻し得ない大切なものを
失ってしまったかのような虚無と絶望であった。
 自身の心に芽吹いた感情を否定しようと、イザベラは乾いた声で笑う。

「ほほほ、ほほ……そう、あの人形、死んだんだね……」

 今ここにあるべきはずの歓喜と愉悦が、しかし今は一欠けらも存在しない。
 イザベラは、ふらふらと覚束ない足取りで棺の傍まで歩き、棺の蓋に手をかけた。
 あいつの顔を見れば、少しは落ち着くかも知れない。あいつの死化粧を笑ってやれば、少しは気が晴
れるかも知れない。人の形を残していなければ、それもまたいい。
 死化粧は、それを専門とする水系統のメイジによって行われる。傷を消し、肌に張りを持たせ、不快感
を喚起する臭いを消し、体の内外を清めるのだ。
 だが、魔法はそれを使えぬ平民の考えるほど万能ではない。死者が蘇る事はないし、肉塊を人間の
形に戻す事は不可能だ。水のスクウェアメイジであってもそれは同様であり、言ってみれば死化粧とは
生者の感傷に過ぎない。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:04:43 ID:sBMSfLj0
割り込みすまん、支援してなかった。

支援

887 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:05:19 ID:El7LDFSO
 だから――人の形を残していないくらいに壊れていれば、それが別人のものであるかも知れないし、
シャルロット派の連中が用意した替え玉かも知れないという希望が出てくる。
 何のために希望を求めるのか、自分でもわからない。だが、そうであって欲しい。
 半ば救いを求めるような心持ちで、イザベラは棺の蓋をゆっくりとずらしていく。
 果たして、そこに収められていたのは。

「……――ッ」

 ――結局、タバサは最後の最後まで、イザベラの意に反し続けたのだった。
 タバサの亡骸は、思わず息を呑むほどに、生前の形を保っていた。生前の二つ名のように繊細で透き
通った柔肌は、死という段階を経ることで生を超越した何かを抱き、不可思議な妖しさすら感じられた。
そして、閉じられた双眸は眠っているかのように自然で安らかであった。
 完全に蓋を取り除き、死に装束を纏って棺の中に横たわるタバサを注視する。死に装束を肌蹴させ、
その内側を見ると、慎ましやかな、それでいてしっかりと美を主張する丘陵、その左側に大きな刺し傷
が認められた。槍や矢ではない。恐らくは剣で刺し貫かれた傷だ。
 タバサ……シャルロットともあろう者が、魔法ではなく剣によって命を奪われたのだ。彼女の父も狩り
の最中に矢で射抜かれて殺されたが、奇しくも父子揃って高貴なる者にあるまじき屈辱的な方法によっ
て死んだのである。
 こんなはずではなかった。
 タバサはいつでも、どんな無理難題を押し付けられたとしても、その任務を遂行し生きて戻ってきた。
それならば、今回もそうあるべきではなかったのか。いや、そうなのだ。いつものように平然として、何を
考えているかわからない無表情のまま、再び私の前に現れるべきだったのだ。
 それなのに、どうしてお前は死んだ? お前は生きて戻ってくるべきだったのに。
 私は国境に出没する竜人を『倒してこい』と言ったのだ。『殺されてこい』などと命じた覚えはない。
 勝手に死ぬ事など許されない。勝手に殺される事など、許されないのに。
 イザベラの中で、抑えようのない激情が渦巻いた。いつしか棺の傍に跪いて、死して尚美しいタバサを
見つめていたイザベラは、おもむろに立ち上がると、死に装束の襟を掴んで引き起こした。

「……いよ…………」

 衝動のまま、絶叫する。

「……起きなさいよ……起きろぉっ!! シャルロットぉぉぉぉぉぉっ!!!」

888 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:08:02 ID:El7LDFSO
 力の限り、タバサの亡骸を揺さぶった。タバサの体はイザベラの細腕で以って尚軽く、イザベラの腕の
動くままに揺さぶられ、翻弄された。
 イザベラは、起きろ、起きろ、起きろ、と、呪詛を呟くように、何度も何度も叫んだ。
 見かねたジークが、半狂乱になって叫び続けるイザベラの肩を掴んでなだめた。

「よせ、イザベラ!」
「放せ! 放せぇっ!」
「シャルロットは死んだのだ! この上は安らかに眠らせて……」
「誰が死んでこいと言った! 誰が殺されてこいと言った! あんたに勝手に死ぬ権利なんかない!!
 あんたは私の……私の……ッ!!」

 イザベラの目には、今までジークが見た事がないような光があった。ジークは思わず息を呑む。そして
数瞬迷った後、決断した。
 ジークの純白の体が消え、瞬時に黄金色燦然たる光の球体と化した。黄金色の羽根を撒き散らしな
がら、光球はイザベラと同化した。糸が切れたマリオネットのように、イザベラの体から力が抜けて崩れ
落ち、タバサの亡骸も棺の中に倒れこんだ。
 突然の出来事に侍女達は硬直するが、やがてイザベラが起き上がってきたのを見て胸を撫で下ろす。

「イ、イザベラさま……?」
「大事無い。心配するな……」
「で、ですが……」

 起き上がったイザベラの瞳を見て、侍女達は言葉を飲み込んだ。王家に連なる者の証である鮮烈な
青を湛えた瞳が、白く染まっていたのである。それだけではなく、瞳と同じ色の絹糸のような髪も、一房
白のメッシュが入っていた。加えて、首元には純白のフェザーを装っている。
 ジークは契約者であるイザベラにその契約で出来た『繋がり』を伝って憑依したのだ。イザベラの嵐の
海のように荒れ狂う心を彼女の奥底に追いやり、肉体を乗っ取ったのである。
 ジークは既に契約を交わして実体を得ていたから、イザベラに憑依する事はないと思っていたが、この
ような形で憑く事になろうとは……
 イザベラの姿をしたジークはタバサの亡骸を棺の中に寝かせ直し、そっと頬を撫でた。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:08:12 ID:Q9uLOcwx
イザベラはハイレベルなツンデレだったのか。
>>884
俺と同じ考えだw
Eはねえよ…
支援

890 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:09:14 ID:El7LDFSO
「我が、従妹よ……」

 ふとジークは、自身の双眸から温かな滴が零れ落ちるのを感じた。それはイザベラの涙だった。
 心を自らの奥底に追いやられながらも、その肉体は従妹を喪った悲しみに震え、涙を流しているのだ。

(我が姉妹は、何故、こんなにも悲しむのだ。私にシャルロットの抹殺を願っておきながら……)

 止め処なく流れ出る滂沱の涙を拭おうともせず、ジークはそのまま棺の蓋を閉め、踵を返して部屋を辞
した。ジークはあの部屋にあれ以上いたくなかった。悲しみや苛立ちや絶望感が自分を押し潰してしま
いそうに思えたからである。そしてイザベラもまた、自分と同様であると思えたのだ。
 早足で廊下を歩いていると、ジークは窓の外の空に一匹の竜が舞っているのを見つけた。タバサの使
い魔の、風竜の幼生の、確かシルフィードといったか。
 ジークは窓を開け放ち、空の上で悲しげに啼いているシルフィードに向けて手を伸ばした。ジークの姿
を認めたシルフィードはそれがイザベラの姿である事から一瞬躊躇ったが、すぐに下へ降りてきた。
 あの地域は竜人が出没する危険地帯だった。この健気な使い魔は、そんな場所にも主人を乗せて飛
んで行き、そして命を落とした主人を連れてここまで帰ってきたのだろう。

「シルフィードよ、ご苦労であった。そなたがいなければ、我が従妹は永遠に一人ぼっちになってしまう
 ところであった……礼を言う」

 きゅいきゅい、と啼く風竜の鼻先を撫で、ジークは複雑な思いを胸に、伝える。

「契約の主である我が従妹は死んだ。そなたは自由だ。どこへなりと行くがいい」

 こんな事を言ってもこの風竜はタバサの下を離れたがらないだろう。だがそう言わずにはいられない。
今のジークに出来る、精一杯の労いの言葉であった。
 悲しげな瞳でこちらを見返す風竜に背を向け、ジークはイザベラの部屋に向かって再び歩き出した。

891 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:11:00 ID:El7LDFSO
後編は解決編です。
イザベラはデレるのが遅すぎたツンデレ……なのかも知れません。確かに。
というか親兄弟がアカンかったルイズというべきか。

タバサファンを軒並み敵に回す展開ですが、もうちょっと耐えて下さい。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:11:01 ID:3RRMDUtr
AとCは別れに涙しながらも希望を持てた。後は絶望だけ・・・支援

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:12:54 ID:4bocr5n4
引き続き2をやるんだ支援

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:13:08 ID:Q9uLOcwx
乙&GJ!
タバサは大好きだけどこんな展開もいいね。
もうちょっと耐えるぜ。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:19:23 ID:tmOcOBb2
乙にしてGJ!
バッドエンドスキーなオレにはこの展開は実にご褒美

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:20:58 ID:da50kJuv
ジークって誰だろう乙

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:21:02 ID:cvZFaF7Y
後半に期待&乙でした
ルイズも一歩間違えば第二のイザベラになったかもしれないと思うのは俺だけかな?
使い魔が魔法使えたりしちゃったらコンプレックスが爆発してしまうのではとか

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:21:20 ID:8mSzpY5+
http://wikiwiki.jp/zero/?16-745

あれ?

899 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:23:43 ID:El7LDFSO
>>888
すまん、かなり参考にさせてもらったと言うかぶっちゃけ展開パクッた
でも出来るだけハッピーエンドに近づけるつもりだから許してくれ

900 :未来より永遠に:2007/08/26(日) 03:25:19 ID:El7LDFSO
>>898だったorz

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:29:47 ID:fucLoYtA
満を持して………乙

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 03:57:22 ID:d7AUgcxm
>>899
それでもパクるのはいけない。人の作品を踏みにじる事だから。
難産だとは思うが、頑張って自分なりに勝負すべきだったんじゃないだろうか。
なので乙とはいえない。すまん。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 04:28:16 ID:aUkwXflu
>>899
罵るのは止めておく。
でも、幾ら先に歩いていた者が高い壁であったとしても、自分の力で勝負して欲しかったよ。
残念だ。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 04:43:46 ID:jyH6kslN
ちょっとこれはwikiに登録するのはまずいだろうな……

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 04:43:59 ID:CwXRYfA8
いいわけをする必要なし。
ただ、二度と表に出てくんな。
これ当然のこと。

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 04:47:11 ID:vlOn/2V4
同じような展開になろうが自分で書かなきゃ意味がないだろうに乙

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 04:52:52 ID:fucLoYtA
知らずに乙と言ってしまったな
ジークが泣いているぞ作者

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:10:01 ID:AKLXmJSJ
ゼロの使い魔パクリまくっといて今更・・・爆笑

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:16:18 ID:m9AV+ywY
ジークの存在とかシルフィード生存とかの相違点があるし、もう少しがんばれば似た展開ですんだんじゃないかと思うんだが…

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:24:37 ID:de9Rwq8C
今更感があるけど、ジークの元ネタってなんだ?

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:31:47 ID:9ELb/v5X
>>910
日曜朝8時にやってる「仮面ライダー電王」のゲストキャラ、ジークイマジン。
劇場版用のキャラクターで本編には2話程しか出てない。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:32:09 ID:bi01/23r
>>910
おめーは電王を見ろ

とりあえずこれwikiはまずかろう
自分の文章で書き直すことをお勧めする
展開自体は悪くなかったんで至極残念

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:43:30 ID:ueqVh4Bv
パワプロ君召喚はまだかね

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:44:09 ID:Q9uLOcwx
パワプロ君は亜人なのか?w

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:45:46 ID:de9Rwq8C
>>911-912
サンクス!
ジーク以外に検索できそうな特徴ある単語がなかったので助かった

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 05:49:16 ID:ueqVh4Bv
>>914
サイボーグだったり、未来人だったり、ヒーローと戦う人だったり、勇者だったりはする

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 06:17:44 ID:3RRMDUtr
>>916
それはパワポケだけの話だwww

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 06:28:02 ID:Q9uLOcwx
なんでもありだなパワプロ君w

ギーシュの決闘もパラメーター上げるためのトレーニングかw

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 06:37:51 ID:ueqVh4Bv
でも何故か対決方法は野球
おかしいよね、平気で巨大ロボ戦とかやっちゃうのに

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 06:41:27 ID:y1RC12HE
ダイジョーブ博士に改造されたルイズが

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 06:49:29 ID:JmtuDUxi
一級資料のキュルケとタバサが一時期ユリになってたのは
モンモンの惚れ薬か…w

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 07:06:29 ID:0ioEbkFQ
>>919
よくあることw
気にしてはいけない
カードゲームで世界級決戦やる遊戯王とかもあるしな

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 07:17:03 ID:ueqVh4Bv
>>918
ギーシュに勝った

筋力ポイントが30上がった
技術ポイントが30上がった
敏捷ポイントが30上がった
ルイズの評価が上がった
キュルケの評価が上がった
タバサの評価が上がった
ギーシュの評価が上がった
チャンスに強くなった


こんなか

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:15:21 ID:CFwgcua9
今予約とかないっすよねー?
5分くらいしたらワイルドアームズクロスで投下します

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:19:35 ID:QyDqDUUs
ごーごー!

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:20:21 ID:52RWlI+w
行ってこい

927 :戴天神城アースガルズッ!:2007/08/26(日) 08:20:52 ID:CFwgcua9
    熱くなれ! 夢見た明日を 必ずいつか捉まえる
    走り出せ! 振り向くことなく 冷たい夜を突き抜けろ

    何かが胸で叫んでるのに 気付かぬ振りで過ごしてた
    激しい雨と風に打たれて 鼓動が俺を呼び覚ます

    そうだ忘れられない ガムシャラ過ぎる生き方
    血潮が燃えるなら ただそれだけで何もいらない

    熱くなれ! 夢見る身体へ 焼け付くほどに手を伸ばせ
    駆け上がれ! 瞳を逸らさず 生きている事を確かめろ

    熱くなれ! 高鳴る憧れ 炎のように燃え上がれ
    動き出せ! 戸惑うことなく 世界を変える風になれ

 ■□■□■□

 貴族でありながら、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールには魔法が使えない。
 使えない、というよりも全ての魔法が『爆発』に変換されてしまうという言葉が正しいかもしれない。フライだろうがレビテーションであろうが結果は全て同じ。例外なく待ち受けているのは爆風と失敗に対する嘲笑。
 おかしいじゃないの。彼女は思う。おかしい、絶対におかしい。炎の魔法に失敗して爆発するのはまあ、理解できる。納得はしてやらないが。だけど、風も土も、水でさえも爆発になってしまうのはどう考えてもおかしい。
 今まで出会ったどの高名な学者も、この魔法学院のどの教師も、彼女の疑問に満足な答えを出せるものは誰もいなかった。気難しげな顔付きであれやこれや言葉を並べ立てて、最後には決まってこう言うのだ。
 お嬢さん、つまりはまあ、結局あんたの失敗なんですよ、と。
 その度に彼女は大きな憤りと更に大きな失望に包まれた。それでも持ち前の負けん気で魔法の習得に励んだのは彼女の貴ぶべき強さと言っていいだろう。事実、実践の伴わない座学における魔法の理論や構成について、彼女に追随できる者は誰もいないのである。
 それでいて――――それ故に、彼女に向けられる侮蔑と哀れみは強かった。座学の秀才。実践の劣等性。これほどまでにアンバランスな存在は、まだ若い学院生たちの格好の攻撃の対象になった。
 彼女の家名の巨大さと、誇りを重んじる貴族達であるがゆえに陰湿な扱いではなかったが、それは何の救いにもならない。囃し立てられるたびに、彼女は呪うべきなにかも定まらないまま唇を噛み締めるのだった。

 そんな彼女が臨んだのは二学年に進級するための試験。使い魔の召喚であった。どちらか片方が果てるまで続く盟約を結ぶ神聖な儀式であり、けして失敗は許されない。
 メイジにとって使い魔とは一心同体の存在である。メイジの力量を知りたければその使い魔を見よ、という言葉があるほどだった。
 一度目は失敗した。笑われた。哀しいことにもう慣れていた。
 二度目も失敗した。笑われた。ますます笑いは大きくなった。
 三度目も失敗した。笑われた。どこか気まずげな笑いになった。
 四度目も失敗した。もう笑われなかった。だれもが無言で眼を逸らした。
 五度目も失敗した。もう笑われなかった。教師であるコルベールからはもうよせと言われた。
 そして六回目。最後の最後、泣きの一回というやつである。
 振り下ろした杖の先に生まれたのはやはり爆発。
 だが、今回はその桁が違った。今までのどの失敗魔法よりも勢いよく吹き荒れる爆炎。そして豪風。

「――――――――あ」

 ルイズは風に細めていた眼を見開いた。炎と砂塵の向こうに、巨大な影が映っていたのだった。
 うそ、と呟き呆然とする。
 爆炎が晴れた時、彼女とその周囲の人間にの目の前に現れたのは巨人だった。
 太く、無骨なライン。稼動限界にまで幾層にも重ねられた装甲。見る者の言葉を消し飛ばす剛毅たる力強さ。
 光を失ったその双眼は眠っているようでもあり、祈るために瞑目しているようでもあった。
 胸の中央にひとつ、手の甲と呼ぶには巨大すぎる部分に一つずつ、水晶のように透き通った材質の球体があった。
 何もかもが巨大に備え付けられたパーツ。自身が敵対者にとって絶望的なまでに強大であることを知らしめる威圧感。
 赤茶けた錆にまみれた、ゴーレムであった。
 ――――でも、優しそうだな。とルイズは何故かそう思った。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:24:11 ID:jyH6kslN
支援

929 :戴天神城アースガルズッ!:2007/08/26(日) 08:25:12 ID:CFwgcua9
 ■□■□■□

「…………なんだよ、成功したと思ったら壊れたゴーレムかよ」

 どこかほっとしたように誰かがそう言った。その言葉に動かされたように、ルイズのクラスメイトがまた彼女をはやし立てた。流石はゼロのルイズだ。びっくりした、ホントに成功したかと思った。そんな言葉が続く。
 彼らとしてもルイズの落第を心底から願っていたわけではない。彼らに在るのは異端を爪弾きにするほどには悪質な無神経さであり、慰めのない不幸を嫌うほどには善良な無神経さなのだった。
 巨大すぎるために、レビテーションを唱えたコルベールに抱えられてゴーレムの顔の前にまでルイズはたどり着いた。胸の装甲の上に立ち、巨人の顔をゆっくりと撫でる。
 ガラクタを召喚した悔しさはなかった。むしろ理由の知れない満足感すらあった。
 ドラゴンを召喚すればもっと激しい喜びがあっただろう。グリフォンであれば飛び上がってはしゃいだかもしれない。
 しかし、ほかのどんな使い魔を召喚してもこんな気持ちにはならないだろうという確信があった。

「…………ミス・ヴァリエール。『コントラクト・サーヴァント』を」
「はい」

 傍らに立つコルベールに促されて、ルイズは頷いた。もう一度だけ巨人の頬を撫で、彼女は眼を閉じた。

「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我の使い魔となせ」

 彼女は背伸びして巨人の額に杖を指し示すと、ゆっくりと跪いた。
 ルイズの小さく瑞々しい唇と、ゴーレムの巨大すぎる錆びた唇が合わさった。
 おぉん、と巨人が唸る。振動に各部位から錆がぼろぼろと零れた。彼の体格からは小さすぎる輝きが、左腕の中央、水晶のような球体の中央に赤く焼け付く。
 唇を合わせたまま、ルイズがびくりと身を強張らせた。
 たくさんの人間と、たくさんの亜人がこの巨人を作るために集まっている光景が見えた気がした。敵対するおぞましい存在の技術を使用することに対して苦渋に満ちた表情ばかりであった。忌み子、と誰かの呟きが聞こえる。
 猛烈に腹が立った。おそらく自分がその場にいれば怒鳴り散らしているだろうとルイズは思った。愛さないのならば何故産み出すのだと思った。
 最後に、一瞬だけ耳を掠める言葉。その建造されていくゴーレムの名であった。鉄壁にして絶対不落。その開発基項に沿うその名。
 天を戴く神の城。神々の砦。
 ――――――――――――戴天神城《アースガルズ》
 ルイズは眼を開いた。全てが幻であった。
 彼女は微笑んだ。自分が涙を流していることを自然に受け止めた。
 ゴーレムの目尻から砕けた破片がさらさらと零れた。涙のようにも見えた。

「いまのは、ほんとう?」

 訊ねたルイズに向けて、応えるようにゴーレムはちかりと一瞬だけ瞳を光らせた。
 再びルイズを抱えて地面に降り立った後、コルベールは左腕部のルーンを確認してにこりとした。誰よりも正しい貴族たらんとした彼女の、唯一にして最大の欠格はこれで消えたのだ。彼女は魔法に成功したのだから。
 手のかかるほど子ほど可愛いというのは、どこの世界でも通じる言葉だろう。

「珍しいルーンだが……うむ。きちんとできているよ、ミス・ヴァリエール」

 ぼうっとしたままルイズは頷き、その場に腰を下ろした。コルベールに促された他の生徒が、教室へ帰るために傍らを過ぎていく。
 最後に、コルベールが軽く彼女の肩を叩いて顔をこちらに向けさせた。

「ミス・ヴァリエール、君もそろそろ教室へ帰るといい。授業があるんだから」
「…………今日はもう早退します」

 呆けた表情とは裏腹にしっかりとした声だった。
 困惑気味に自分の禿頭をつるり撫で、コルベールは難しげな顔付きを作る。

「しかしだね、次の授業は使い魔の」
「教科書の『使い魔』の項は暗唱できるくらいは憶えました。図書室の禁制が掛かっていない書物は全て読みました」
「…………ああ、うむ」

 もう一度己の頭を撫でてから、コルベールは僅かに苦笑した。こうなるのも無理はなかろうと思っている。誰もが諦めかけていた儀式。最後まで諦めなかった者に対する報酬が、半日の休養だけでは少ないかもしれないとすら思っていた。

「では、夜までには自室に戻るように」
「はい」

 緩慢な動きで立ち上がり、自らが召喚した壊れかけのゴーレムの足に背を預けてもう一度座り込むルイズを確認した後、コルベールもまた学院へと戻った。

930 :戴天神城アースガルズッ!:2007/08/26(日) 08:29:02 ID:CFwgcua9
 ■□■□■□

 夜。
 ルイズは未だに学院に戻っていない。
 夜空に浮かぶ二つの月を眺めながら、ただ座っている。

「――――ねえ」

 視線は月から外さずに、ルイズは使い魔に声を掛ける。昼間に座り込んでから、始めて出した声だった。

「まだ、お礼を言ってなかったわね。私はルイズ、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。私の声に応えてくれてありがとう」

 錆びた巨人は黙したまま。ただその身を震わせた。

「私はね、ゼロって呼ばれてるの。魔法の成功率ゼロ。だから、嬉しかった」

 錆びた巨人は黙したまま。ただその身を唸らせた。

「――――アースガルズっていうんでしょう? いい名前じゃない」

 ルイズは恥ずかしげに笑った。ただこの一言を言うためだけに半日かけた自分をおかしく思った。だが、この一言で言いたいことの全てが伝わればいいと思った。
 戦ったのだろう、このゴーレムは。戦い、闘い、そして、《砦》の名の通り守り抜いたのだろう。忌み子と呼ばれながら。
 彼女にはそれが何故だか少しだけ哀しかった。
 私のような失敗ばかりの女の子の召喚に応えるような優しい存在が、戦いを好むわけがないじゃない。
 ルイズは使い魔から背を離して立ち上がって少しだけ歩いた。そうしなければ彼の顔まで首を向けることが出来ないのだった。
 振り返り、呼びかける。

「うん。じゃあ帰りましょうか、アースガルズ。どう、歩ける?」

 錆びた巨人は黙したまま。その身を軋ませながらルイズに手を伸ばした。
 ぼろぼろと錆がルイズに降りかかる。

「うっぷ。こら、急に動くんじゃないわよ。指が落ちちゃっても知らないわよ!」

 一度動きを停止させた巨人は、今度はおそるおそるといった調子でルイズに手を近づける。彼の手は小さくて柔らかいものを扱うことに向いていないのだった。
 巨人は身を屈めてルイズの目の前に己の掌を置いた。きしきしと音を立てながら指が閉じては開いた。

「…………乗れって言うの?」

 ちかりと眼が光る。
 ルイズはにこりとした。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:29:18 ID:jyH6kslN
好みの文章だ支援

932 :戴天神城アースガルズッ!:2007/08/26(日) 08:30:56 ID:CFwgcua9
 ■□■□■□

 ルイズの隣の部屋に住むキュルケ・アウグスタ・フレデリカ・フォン・アンハルツ・ツェルプストーは顔をしかめて眼を覚ました。窓から差し込む光は未だ仄暗く、夜が明けきっていない事実を教えていた。
 寝起きのよく廻らない頭を手で押さえて、キュルケはぽつりと呟いた。

「…………地震?」

 いや、と思い直す。こんなに規則的な揺れの地震などない。ずしん、ずしん、と何かが大地を踏みしめる音。しかも近付いている。
 ふいに何かが朝焼けを遮り、部屋が暗くなる。嫌な予感を憶えながら首だけを動かして窓の外に眼を向けた。

「…………ッッ!」

 そして悲鳴を慌てて飲み込んだ。悲鳴をあげる前に、昨日の儀式でルイズが呼び出した錆だらけのゴーレムのことを思い出したのだった。
 キュルケの隣の部屋――つまりルイズの部屋――の窓の前に立ち、ゴーレムは歩みを止めていた。至高の宝玉でも扱うような恭しさでその胸の前で両手を重ねていた。
 その大きな掌の中に小さな少女がいた。彼の掌に乗った瞬間に、錆臭いわッ! と心の底から嬉しそうに文句を言い、そしてあっという間に寝入ってしまったルイズであった。
 ルイズを確認したあと、キュルケは溜息を吐いてもう一度シーツを頭から被った。その溜息はどこか優しく暖かかった。
 彼女は自分から認めようとはしないだろうが、ルイズとその使い魔がよい関係を持てた事が嬉しかったのかもしれない。

「――――――――――――」

 神々の砦たるゴーレムは、今や一人の少女の為だけの絶対守護者であるゴーレムは、黙したままルイズの部屋の前に立ち続けた。
 ぶっちゃけ困っていた。
 主人はすやすやと安らかに寝ている。このままでは風邪をひいてしまうかもしれない。ベッドに寝かせようにも窓を開けるという器用な真似が彼に出来よう筈がなかった。
 内蔵するジェニミ回路(サーキット)からの回答――――器物破損率98.67%。

「――――――――――――ッ!」

 ようやく昇りきった太陽がルイズの顔を照らし、彼女が起き出すまで、アースガルズは微動だにしなかった。
 すべてのはじまりの朝であった。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:33:54 ID:52RWlI+w
支援

934 :戴天神城アースガルズッ!:2007/08/26(日) 08:34:02 ID:CFwgcua9
今回はここまでで。
アースガルズがなんだか鬼魂号っぽいのはガンパレードの人のせいなんだぜ?
あとシルフィのロンバルディアおじさまきゅいきゅいを期待してくれていた人すまん。
どーしても序盤で詰まってしまった。
外伝とかで書きたいとこだけ抜き出して書こうかなあと思ってます。

では、わっせろーい。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:35:54 ID:jyH6kslN
乙。
戴天神城ってことはFの方か。
俺、無印しかやってないんだよな。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:39:23 ID:LRBzDMln
乙ッ!
おじさまきゅいきゅいがないのは残念だがアースガルズも好きなんでどっちでも美味しくいただきます。

>>935
変わんねってw

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:48:54 ID:duhPzIvr
舞-HiME 運命の系統樹 修羅の静留が召喚されるってプロット考えてるんだが、エレメントをアニメ版の薙刀に変えるのはマズイかな?
ゲーム版のムチだとギーシュ戦が組み立てづらい・・・orz

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 08:58:01 ID:YcG9yPvR
普通にムチの一撃で青銅のゴーレムぶち壊せそうな気がするがあの人。

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:03:13 ID:BfznFuBU
エレメントの鞭って確かすっげぇ高威力だった記憶が

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:12:25 ID:Sjq3g2ll
薙鉈で良いと思うよ
てか、シズルは薙鉈の方が似合ってると思う

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:15:09 ID:qbPuOaIV
薙刀で充分だと思いますよ。問題はルイズの貞操だけです。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:22:10 ID:7cI/Y2MS
金色のガッシュのデュフォー召還ものでプロットを考えてるんだが、想像以上にアントカの扱いが難しい……
デルフの存在意義が身体能力アップと魔力吸収のみになるのはいいとして、
ルイズTueeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!になりそうというか下手したら仲間全員Tueeeeeeeeeeeeeeeeeee!!
になりかねない……

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:24:41 ID:duhPzIvr
>>941
>問題はルイズの貞操
守るの無理(笑)
つか、なつき以外で据え膳前にして我慢できるイメージがないw

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:27:18 ID:de9Rwq8C
>>942
それならそれでいいんじゃないか
大事なのは話の中で整合性がとれているかどうかだし
でもこのスレにいるとデュフォーぐらいでそんなに影響があるとも思えないw

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:27:34 ID:SxC51D/W
ちょっとした疑問なんだが
ドラクエやメガテンなんかの勇者とかヒーローとか名前のないやつを使う場合って公式の小説とかから名前引っ張って来るのが正しいのか?

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:29:47 ID:YcG9yPvR
>>944
だったらルイズが静留を召喚したのに合わせてギーシュがなつきを召喚・・・

したらじきにギーシュ殺されるな、うんw

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:29:50 ID:LRZXkcBA
何という真アースガルズ。

自分もはよゼロの侵略者書かなくては……

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:30:02 ID:q//25X/+
そこは作者のさじ加減で決まる
その主人公の名前がゲレゲレでも文句言うなよ?

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:30:56 ID:nsteOlwh
ガッシュならきっと股間の紳士にルーンが浮かぶだろうあいつだ

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:33:18 ID:0ioEbkFQ
>>945
別にいいんじゃないの?
本名わからなくても呼び名はあるキャラはそっちでもいいかもしれないけど
たとえば、人修羅とか

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:34:41 ID:mOG0C0X0
ここはあえて このドMが とか

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:37:18 ID:de9Rwq8C
>>945
読者に馴染みのある名前の方が受け入られやすいのは確かだろうね
あと名付ける必要がある場合、厨臭い名前は避けるのが無難だね

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:38:57 ID:Q9uLOcwx
>>950
次スレ頼むぜ。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:44:16 ID:arK9twr/
>>945
とりあえずオリ名前は勘弁な

WAのアースガルズ召喚で3の人間サイズかと思ったら初代の方か
ED後っぽいなやたらめったらにボロボロだし

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:48:01 ID:SxC51D/W
いや人修羅とか面白そうだなーとか思ったが一応本名らしきものを用意する必要とかあるんだろうかと思って。
まあどうこう言う前にゼロ魔を三巻から十二巻読まないといけないんだけどね

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:50:44 ID:0ioEbkFQ
あれ?はじかれた
960あたり頼む

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:51:38 ID:rJuVJ1WL
>>955
未読野郎は帰れ

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:52:44 ID:TY9adCv+
>>957
なにこいつキモ

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:54:23 ID:LRZXkcBA
昨日も騒いでた方だろうから気にしない

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:55:39 ID:ueqVh4Bv
DQ5主人公だけはリュカであってほしい
ちょっとした我が儘

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 09:57:02 ID:QyDqDUUs
>>960
超同意
DQ5はリュケイロム・エル・ケル・グランバニアでないと。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:00:09 ID:HInA2K6K
リュカだけなら気にしなかったんだが
リュケイロムとかエル・ケルとかなんだかどこかのカエルの名前を連想した

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:01:37 ID:Q9uLOcwx
>>960
今度こそ頼むぜ

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:01:42 ID:ZalDGdyD
やっぱり小説版のDQ5読んだ人結構いるのね
あれはマジで面白かった
私も同意

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:04:09 ID:0ioEbkFQ
>>955
別にいらないんじゃねえの?
本名にそこまで意味があるわけでもないし
高位の悪魔とかダンテは本名を知ってたけど
だいたい少年か人修羅で済ますしな

ペルソナ3は個人的には墓場鬼太郎の印象しかないけれど
一応あるんだよな、あれ

966 :960:2007/08/26(日) 10:04:45 ID:ueqVh4Bv
スマン、弾かれた
↓頼む

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:08:49 ID:Q9uLOcwx
じゃあ俺が行くぜ。

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:13:15 ID:Q9uLOcwx
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1188090671/
立てたぜ。でもちょっとミスって前スレのアドレス名指しになってしまったorz
ごめん。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:15:33 ID:jyH6kslN
>>960
「エニクス」でも許せる俺は、同人作家ZINZINのファン。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:17:30 ID:SxC51D/W
>>968



人修羅は書いてみたいがまず原作三巻から十二巻に外伝を読んで真3ももう一度プレイしてついでに小説版とか探してってなるから先に書きたい人いたらどうぞ。
……しかし困った。近所にマニアクス売ってねーぜ

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:18:37 ID:Q9uLOcwx
マニアクスダンテが出てるやつ今スゴイ高いよね。
売らないでよかった。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:19:41 ID:QyDqDUUs
マニアクスは一度だけ再販されてたな
自分が持ってるのはソレだが…再販されてもなお数が少ないから高くなるという

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:19:47 ID:qbPuOaIV
>>968
乙です。

今かーなり古いネタで書いてますが、誰も知らなかったらどうしよう…。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:21:01 ID:JonB4jdY
DQ5はサトチーだったぜ
マニアクスは買いそびれたorz

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:21:02 ID:SxC51D/W
>>971

普通の真3が980
マニアクスが14800
並んでた時は吹いた
今思えば無理してでも買えば良かったな……

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:21:40 ID:ueqVh4Bv
>>964
俺はCDシアターで、DQ5主人公=リュカ=堀川りょう声のイメージが脳にこびりついてるぜ
エレオノール姉さまと、フローラが、一緒の声優ってのがビックリ

>>968


977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:23:40 ID:4+de8gmJ
マニアクスは高いねえ。
俺はビデオレンタル&ゲーム販売な店で、1年ぐらい前に見つけて買ったよ。
5000円だったし、運さえ良ければ何とか。

>>968
乙乙。

978 :蒼い鬼火の使い魔:2007/08/26(日) 10:25:47 ID:o3A6oGj2
予約どうなってますか?

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:26:27 ID:Q9uLOcwx
投下するなら次スレがいいかと。
予約はないです

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:26:59 ID:BrRKkcZC
沖縄でならマニアクス7800くらいで売ってたな、
それでも高いが

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:27:52 ID:SxC51D/W
今のとこ予約なし
こっちでもいいけど支援入れたらギリギリ無理だろうから次スレ推奨

982 :蒼い鬼火の使い魔:2007/08/26(日) 10:28:35 ID:o3A6oGj2
>>979

了解です。
じゃあ、あっちに行って来ます。

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:29:04 ID:SxC51D/W
>>980

な ん だ と

十分安いよ
俺一万円超えたのしか見たことないよ

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:29:59 ID:0ioEbkFQ
マニアクスは初期版を買ったけど
神速ロードと魔人、アマラ深界が加わったことで調整された絶妙な難易度で面白かったな

マニアクスだといろいろ追加要素及び追加ストーリーあったな
プレイ動画どっかにあったかな?
ニコニコにあったけどアレはネタ動画中心だったな

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:30:51 ID:QyDqDUUs
蒼炎の人、次スレでがんば〜

とりあえずマニアクスのヒロインはピクシーで大決定
反論は聞くけど棄却します

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:32:27 ID:QyDqDUUs
て、蒼炎でなくて鬼火の人でした。
間違えてすみません

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:32:39 ID:mOG0C0X0
そろそろ埋め

>>1000なら精神感応物質 ヒロニウム のペンダントよびだして
ピンクのオーラでヒーローの力に目覚める


988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:34:21 ID:7/XvLSrA
埋め
>>1000ならルイズがクイーン・オブ・ハート


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:34:25 ID:SxC51D/W
埋め埋め

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:34:45 ID:QyDqDUUs
星くず英雄伝か。
あのヒーローの力はかなり性質が悪いぞ。好きだけど。
続刊出ないかなぁ…。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:37:19 ID:7/XvLSrA
>>1000
なら無限紳士召喚

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:38:00 ID:aUkwXflu
>>990
諦めよう……あの頃の新木伸はもう居ないんだ……いま居るのはネ申だけなんだよ……

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:38:42 ID:TXvY9Uai
>>993
ならDMC1のアラストル召喚

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:39:31 ID:0CXb3Tj+
>>1000ならミカゼ召喚

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:39:54 ID:DpyQX0+J
>>988
何でホログラムでお茶を濁すんじゃーとわれらむっつりに
血涙を流させたあれ?

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:39:59 ID:JonB4jdY
1000ならハルケギニア受胎

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:40:11 ID:de9Rwq8C
ここで星くず英雄伝が見られるなら嬉しいが
10巻は何度夢に見たことか…

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:40:17 ID:FVCkTNBd
1000ならSaGaのかみ召喚

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:40:25 ID:mOG0C0X0
>>1000でS東高校理事長を呼び出す

ルイズ達が聖徒会執行部になり聖徒会バッチを集めるため七不思議を調査

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 10:40:23 ID:Q9uLOcwx
先週のことです。
私が止まると、突然三人組の男が現れました。

一人が優しく声をかけた後、二人がかりで私のボディーを撫で回してくるのです。
なすがままの私にもう一人の男が手に余る程の硬く反った一物を乾いたアソコに
生でゴリゴリと突っ込んできました!!もっと優しくして!!キズがついちゃう!!

何も出来ない私はただ終わるのを待ちました。
そして男は私の穴の中に、たっぷり注ぎ込み穴の周りを拭きながら言いました・・








   ||
   ||  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   || ( ´∀`)< ガソリン満タン入りました〜
    ⊂    )  \_____
   || | | |

つまり俺は1000取ったらアン様にガソリンを入れてもらう。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

318 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)