2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

水彩絵具による色塗りのコツと科学2

12 :32 ◆PO2PR774kU :2007/10/08(月) 22:39:25
12色入りの缶には耐光性の顔料を使ってありますから、変色、褪色の心配がありません。って書いてあるけど、
実際のところ、紫・緑・黄緑・橙・ピンクは耐光性に難があるので、保存性を重視するなら気をつけて。
赤と黄色も少し不安、黒、茶色、青、水色、白は安全。
あの色鉛筆は製図・デザインなんかに使うことを想定しているみたいだから、
マーカーやカラーインク、水性ペン等の染料インクに比べれば耐光性は良好って事なんだろうね。
まぁピンクとか緑はあんまり水彩と合わせる線に使うような色ではないから、そこまで気にしなくてもいいかも。
鉛筆のように使えるので、筆記用にもいいね

>11
定番だけどグラハムおじさんの風景画教室
ただ、著者はニュートンの絵の具を使ってるけど、
複数の顔料で作られた色は特にメーカーごとの差が大きいから、
他社の製品を使う場合は、同じ名前だから同じ色で同じ性質とは限らない。
ついでにマンガニーズブルーは現在日本で手に入るメーカーの製品は
いずれもフタロシアニン使った代替品に切り替わってるから、
色合いは近くても混色したとき早く沈む、定着しにくいとった性質は持ってないよ。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)